研究者
J-GLOBAL ID:200901038220219408   更新日: 2022年08月04日

宮本 敬久

ミヤモト タカヒサ | Miyamoto Takahisa
所属機関・部署:
職名: 教授
ホームページURL (1件): http://www.agr.kyushu-u.ac.jp/lab/foodhygienicchemistry/
研究分野 (1件): 食品科学
研究キーワード (6件): バクテリオファージ ,  食品微生物 ,  食品保蔵学 ,  食品衛生化学 ,  Food preservation ,  Food Hygienic Chemistry
競争的資金等の研究課題 (141件):
  • 2019 - 2021 「ファージが守る食の安全」に寄与する学術基盤の構築
  • 2020 - 2020 乳酸菌の機能性評価
  • 2020 - 2020 バクテリオファージによる食中毒細菌制御に関する研究
  • 2018 - 2019 乳酸菌の機能性評価
  • 2018 - 2019 「食品衛生微生物に対する効率的な制御」に関する共同研究
全件表示
論文 (168件):
  • Tahir Noor Mohammadi, Cunkuan Shen, Yuncheng Li, Mahmoud Gamaleldin Zayda, Jun Sato, Yoshimitsu Masuda, Ken-ichi Honjoh, Takahisa Miyamoto. Characterization of Clostridium perfringens bacteriophages and their application in chicken meat and milk. INTERNATIONAL JOURNAL OF FOOD MICROBIOLOGY. 2022. 361
  • Yu Zhang, Hung-Hsin Huang, Hoang Minh Duc, Yoshimitsu Masuda, Ken-ichi Honjoh, Takahisa Miyamoto. Application of endolysin LysSTG2 as a potential biocontrol agent against planktonic and biofilm cells of Pseudomonas on various food and food contact surfaces. Food Control. 2022. 131. 108460
  • Yu Zhang, Hung-Hsin Huang, Hoang Minh Duc, Yoshimitsu Masuda, Ken-ichi Honjoh, Takahisa Miyamoto. Endolysin LysSTG2: Characterization and application to control Salmonella Typhimurium biofilm alone and in combination with slightly acidic hypochlorous water. Food Microbiology. 2021. 98
  • Yoshimitsu Masuda, Shun Kawabata, Tatsuya Uedoi, Ken-ichi Honjoh, Takahisa Miyamoto. Construction of Leaderless-Bacteriocin-Producing Bacteriophage Targeting E. coli and Neighboring Gram-Positive Pathogens. Microbiol Spectrum. 2021. 9. 1. e00141-21
  • Hung-Hsin Huang, Munenori Furuta, Takayuki Nasu, Miku Hirono, Jaroenkolkit Pruet, Hoang Minh Duc, Yu Zhang, Yoshimitsu Masuda, Ken-ichi Honjoh, Takahisa Miyamoto. Inhibition of phage-resistant bacterial pathogen re-growth with the combined use of bacteriophages and EDTA. Food Microbiology. 2021. 100. 103853
もっと見る
MISC (64件):
書籍 (22件):
  • 食品製造・検査における芽胞・損傷菌とその検出・制御技術 第2章 無芽胞菌とその損傷菌 2.サルモネラ
    シーエムシー出版 2020
  • 茶ポリフェノールの生理機能と応用展開 4.3腸管出血性大腸菌の病原性低減効果
    シーエムシー出版 2019
  • 天然系抗菌・抗かび剤の開発と応用
    シーエムシー出版 2019
  • 新スタンダード栄養・食物シリーズ8・「食品衛生学」 第2版 一色賢司編
    東京化学同人,東京 2019
  • 食と微生物の事典
    朝倉書店 2017
もっと見る
講演・口頭発表等 (449件):
  • LLB産生ファージを利用した食中毒細菌の制御
    (日本ファージセラピー研究会 第1回研究集会 2021)
  • 生鶏肉由来Pseudomonas溶菌ファージの特性
    (日本ファージセラピー研究会 第1回研究集会 2021)
  • リーダーレスバクテリオシン産生バクテリオファージの構築
    (九州微生物研究フォーラム 2021)
  • Application of the bacteriophage cocktails to control Clostridium perfringens in food
    ((公社)日本食品科学工学会第68回大会 2021)
  • Occurrence, antimicrobial resistance, genetic diversity of Listeria monocytogenes at fish-processing plants in Vietnam
    ((公社)日本食品科学工学会第68回大会 2021)
もっと見る
Works (4件):
  • 2-メチルイソボルネオールの検出方法(特願平9-160727)
    1997 -
  • サルモネラ属細菌検出用抗血清又はモノクローナル抗体、それらを用いるサルモネラ属細菌の迅速検出法・特願平3-339044
    1991 -
  • サルモネラ属細菌の迅速検出方法
    1990 -
  • ビブリオ属細菌の迅速検出方法・特願昭63-123998
    1988 -
学歴 (4件):
  • - 1986 九州大学 食糧化学工学
  • - 1986 九州大学
  • - 1981 九州大学 食糧化学工学
  • - 1981 九州大学
学位 (2件):
  • 農学博士
  • 農学修士
経歴 (3件):
  • 1995 - 2005 九州大学大学院農学研究院 助教授
  • 2005 - - 九州大学大学院農学研究院 教授
  • 1986 - 1995 九州大学農学部 助手
委員歴 (50件):
  • 2017/04 - 現在 福岡県 食品安全安心委員会 委員長
  • 2022/04 - 2023/03 九州大学 食糧化学工学分野分野長
  • 2021/04 - 2023/03 九州大学 副研究院長
  • 2021/04 - 2023/03 九州大学農学研究院 副研究院長
  • 2020/01 - 2022/12 日本食品微生物学会 理事
全件表示
受賞 (5件):
  • 2020/08 - 日本食品科学工学会 日本食品科学工学会学会賞
  • 2017/09 - 公益社団法人 日本缶詰びん詰レトルト食品協会 平成29年度 逸見賞
  • 2016/02 - 公益社団法人 日本農芸化学会 2015年 B.B.B.論文賞
  • 2000/10 - 日本食品微生物学会 日本食品微生物学会平成11年度研究奨励賞
  • 2000 - 日本食品微生物学会研究奨励賞
所属学会 (7件):
日本食品保蔵科学会 ,  日本防菌防黴学会 ,  日本食品科学工学会 ,  日本細菌学会 ,  日本食品微生物学会 ,  日本食品衛生学会 ,  日本農芸化学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る