研究者
J-GLOBAL ID:200901038220219408   更新日: 2020年11月16日

宮本 敬久

ミヤモト タカヒサ | Miyamoto Takahisa
所属機関・部署:
職名: 教授
ホームページURL (1件): http://www.agr.kyushu-u.ac.jp/biosci-biotech/eisei/
研究分野 (1件): 食品科学
研究キーワード (4件): 食品保蔵学 ,  食品衛生化学 ,  Food preservation ,  Food Hygienic Chemistry
競争的資金等の研究課題 (140件):
  • 2020 - 2020 乳酸菌の機能性評価
  • 2020 - 2020 バクテリオファージによる食中毒細菌制御に関する研究
  • 2018 - 2019 乳酸菌の機能性評価
  • 2018 - 2019 「食品衛生微生物に対する効率的な制御」に関する共同研究
  • 2019 - 2019 卵由来成分および抗菌物質による耐性化サルモネラの制御
全件表示
論文 (153件):
  • Apisada Kitichalermkiat, Mao Katsuki, Jun Sato, Takumi Sonoda, Yoshimitsu Masuda, Ken-ichi Honjoh, Takahisa Miyamoto. Effect of epigallocatechin gallate on gene expression of Staphylococcus aureus. JOURNAL OF GLOBAL ANTIMICROBIAL RESISTANCE. 2020. 22. 854-859
  • Yoshimitsu Masuda, Erika Sakamoto, Ken-ichi Honjoh, Takahisa Miyamoto. Role of Toxin-Antitoxin-Regulated Persister Population and Indole in Bacterial Heat Tolerance. APPLIED AND ENVIRONMENTAL MICROBIOLOGY. 2020. 86. 16
  • Hoang Minh Duc, Hoang Minh Son, Pham Hong Ngan, Jun Sato, Yoshimitsu Masuda, Ken-ichi Honjoh, Takahisa Miyamoto. Isolation and application of bacteriophages alone or in combination with nisin against planktonic and biofilm cells of Staphylococcus aureus. APPLIED MICROBIOLOGY AND BIOTECHNOLOGY. 2020. 104. 11. 5145-5158
  • Cunkuan Shen, Md Tariqul Islam, Yoshimitsu Masuda, Ken-ichi Honjoh, Takahisa Miyamoto. Transcriptional changes involved in inhibition of biofilm formation by epsilon-polylysine in Salmonella Typhimurium. APPLIED MICROBIOLOGY AND BIOTECHNOLOGY. 2020. 104. 12. 5427-5436
  • Hoang Minh Duc, Hoang Minh Son, Hazel Pang Shu Yi, Jun Sato, Pham Hong Ngan, Yoshimitsu Masuda, Ken-ichi Honjoh, Takahisa Miyamoto. Isolation, characterization and application of a polyvalent phage capable of controlling Salmonella and Escherichia coli O157:H7 in different food matrices. FOOD RESEARCH INTERNATIONAL. 2020. 131
もっと見る
MISC (61件):
  • 宮本 敬久. サルモネラの加熱損傷·修復の特性とメカニズム. 日本食品科学工学会誌. 2018. 65. 2. 80-86
  • 宮本 敬久. カテキン類の抗菌作用機構. 2015
  • 宮本 敬久. 食品の微生物変敗防止技術と制御(7)無菌充填食品の微生物変敗と制御. 日本防菌防黴学会誌 = Journal of Antibacterial and Antifungal Agents. 2014. 42. 7. 381-389
  • 宮本 敬久. "食品事業者のための"生食用野菜の衛生管理 (特集 平成26年度 講演会 抄録集). 食の安全と微生物検査. 2014. 4. 1. 4-18
  • 宮本 敬久, 大曽根 誠, 五十君 靜信. 定期通信第22号 平成26年度講演会 食品事業者が知っておくべき"野菜の衛生管理と漬物衛生規範"の改訂 聴講記録. 食の安全と微生物検査. 2014. 4. 2. 93-97
もっと見る
書籍 (22件):
  • 食品製造・検査における芽胞・損傷菌とその検出・制御技術 第2章 無芽胞菌とその損傷菌 2.サルモネラ
    シーエムシー出版 2020
  • 茶ポリフェノールの生理機能と応用展開 4.3腸管出血性大腸菌の病原性低減効果
    シーエムシー出版 2019
  • 天然系抗菌・抗かび剤の開発と応用
    シーエムシー出版 2019
  • 新スタンダード栄養・食物シリーズ8・「食品衛生学」 第2版 一色賢司編
    東京化学同人,東京 2019
  • 食と微生物の事典
    朝倉書店 2017
もっと見る
講演・口頭発表等 (395件):
  • 市販鶏肉類からの Campylobacter coli 特異的溶菌ファージの分離
    (第40回日本食品微生物学会学術総会 2019)
  • MALDI-TOF-MS による浅漬け保存中の菌叢変化解析
    (第40回日本食品微生物学会学術総会 2019)
  • ガラクチノール合成酵素遺伝子高発現によるレタスの凍結耐性向上に関する研究
    (日本農芸化学会2019年度西日本・中四国支部合同沖縄大会 2019)
  • 大腸菌におけるバクテリオファージ耐性化機構の解明
    (日本農芸化学会2019年度西日本・中四国支部合同沖縄大会 2019)
  • Microbiological assessment of Pangasianodon hypophthalmus fish during processing chain in Mekong Delta, Vietnam
    (AFELiSA 2019 International Symposium on Agricultural, Food, Environmental and Life Sciences in Asia, 2019 (The 16th International Joint Symposium between Korea and Japan) 2019)
もっと見る
Works (4件):
  • 2-メチルイソボルネオールの検出方法(特願平9-160727)
    1997 -
  • サルモネラ属細菌検出用抗血清又はモノクローナル抗体、それらを用いるサルモネラ属細菌の迅速検出法・特願平3-339044
    1991 -
  • サルモネラ属細菌の迅速検出方法
    1990 -
  • ビブリオ属細菌の迅速検出方法・特願昭63-123998
    1988 -
学歴 (4件):
  • - 1986 九州大学 食糧化学工学
  • - 1986 九州大学
  • - 1981 九州大学 食糧化学工学
  • - 1981 九州大学
学位 (2件):
  • 農学博士
  • 農学修士
経歴 (3件):
  • 1995 - 2005 九州大学大学院農学研究院 助教授
  • 2005 - - 九州大学大学院農学研究院 教授
  • 1986 - 1995 九州大学農学部 助手
委員歴 (46件):
  • 2020/01 - 2022/12 日本食品微生物学会 理事
  • 2020/03 - 2021/02 日本食品科学工学会 理事
  • 2019/04 - 2020/03 九州大学 食料化学工学教育コース長
  • 2017/01 - 2019/12 日本食品微生物学会 理事長
  • 2013/04 - 2019/03 九州大学 研究院長補佐
全件表示
受賞 (5件):
  • 2020/08 - 日本食品科学工学会 日本食品科学工学会学会賞
  • 2017/09 - 公益社団法人 日本缶詰びん詰レトルト食品協会 平成29年度 逸見賞
  • 2016/02 - 公益社団法人 日本農芸化学会 2015年 B.B.B.論文賞
  • 2000/10 - 日本食品微生物学会 日本食品微生物学会平成11年度研究奨励賞
  • 2000 - 日本食品微生物学会研究奨励賞
所属学会 (7件):
日本食品保蔵科学会 ,  日本防菌防黴学会 ,  日本食品科学工学会 ,  日本細菌学会 ,  日本食品微生物学会 ,  日本食品衛生学会 ,  日本農芸化学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る