研究者
J-GLOBAL ID:200901041383303288   更新日: 2020年08月30日

酒井 弘

サカイ ヒロム | Sakai Hiromu
所属機関・部署:
研究分野 (2件): 言語学 ,  科学教育
競争的資金等の研究課題 (19件):
  • 2018 - 2021 なぜ言語には文法が必要なのか-脳磁図を用いた予測処理における神経律動の分析
  • 2015 - 2020 脳はどのように文法を生み出すのか-東アジア言語比較認知神経科学からの探求-
  • 2016 - 2019 語用論的推論に関する比較認知神経科学的研究
  • 2011 - 2014 言語の多様性と認知神経システムの可変性-東アジア言語の比較を通した解明-
  • 2008 - 2010 インプット・アウトプットの処理を通した言語学習の認知神経メカニズム
全件表示
論文 (74件):
  • Lai Y-Y, Makuuchi M, Pinango M, Sakai, H. Comprehension of underspecified iterative meaning in Japanese. IEICE Technical Report. 2019. 119. 151. 101-106
  • Oseki Y, Sudo Y, Sakai H, Marantz A. Inverting and modeling morphological inflection. Proceedings of the 16th Workshop on Computational Research in Phonetics, Phonology, and Morphology (SIGMORPHON). 2019. 170-177
  • Hara, Y, Orita, N, Sakai, H. Evidentials in causal premise semantics: Theoretical and experimental investigation, New Frontiers in Artificial Intelligence. JSAI-isAI 2017. 2018. 282-298
  • Zhao, Z A, Luo Y, Sakai H. The impact of argument-omitted sentence in learning of the Japanese direct object case-markers. In Proceedings of the 42th annual Boston University Conference on language development. 2018. 836-847
  • Rodrigo L, Igoa J M, Sakai H. The Interplay of Relational and Non-relational Processes in Sentence Production: The Case of Relative Clause Planning in Japanese and Spanish. Front. Psychol. 2018. 9. 1573
もっと見る
MISC (45件):
  • The role of light verb projection in transitivity alternation. English Linguistics. 2004. 21. 2. 348-375
  • Katsuo Tamaoka, Hyunjung Lim, Sakai Hiromu. Entropy and redundancy of Japanese lexical and syntactic compound verbs. Journal of Quantitative Linguistics. 2004. 11. 3. 233-250
  • 脳機能イメージングが明らかにする日本語動詞活用形の処理過程. 日本言語学会第127回大会予稿集. 2004. 281-286
  • 文処理における統語的プライミング効果. 信学技報. 2004. Vol.104. No. 170. 43-48
  • 生物言語学の探求-古典的類型論の再考を通して-. 広島大学日本語教育研究. 2004. 14. 17-24
もっと見る
書籍 (16件):
  • ここからはじめる言語学プラス統計分析
    共立出版 2016
  • 思春期学
    東京大学出版会 2015
  • 認知心理学事典
    有斐閣 2013
  • 日本語学
    日本語学,第29巻 第2号 2010
  • 心のなかの言葉-心内辞書への招待-
    培風館 2010
もっと見る
講演・口頭発表等 (80件):
  • Neural correlates of inferential reasoning in evidentiality and modality: An ERP study
    (Exploring Interface #1: Grammatical Theory and Neurolinguistics 2019)
  • Emergence of grammar in the human brain: An insight from EEG studies on Japanese classifier-noun combinations
    (2019)
  • A neurolinguistic investigation into semantic differences of evidentiality and modality
    (Sinn und Bedeutung 24 Special Session on neurolinguistics approaches to semantics and pragmatics 2019)
  • Prediction of orthographic information during listening comprehension,
    (Embodied and Situated Language Processing (ESLP) and The Attentive Listener in the Visual World (AttLis) 2019 2019)
  • Neurolinguistic differences between evidentiality and Modality
    (The eighth experimental pragmatics conference 2019)
もっと見る
学歴 (5件):
  • - 1996 University of California Irvine
  • 1990 - 1995 カリフォルニア大学大学院アーヴァイン校 言語学
  • 1984 - 1993 京都大学大学院 言語学専攻
  • 1980 - 1984 京都大学 文学科 言語学専攻
  • - 1984 京都大学
学位 (2件):
  • 文学修士 (京都大学)
  • Ph. D. (University of California, Irvine)
経歴 (8件):
  • 2015 - 現在 早稲田大学理工学術院 教授
  • 2010 - 2015 広島大学大学院教育学研究科 教授
  • 2008 - 2010 広島大学大学院教育学研究科 准教授
  • 2001 - 2008 - 広島大学大学院教育学研究科 助教授
  • 1995 - 2001 広島大学教育学部 講師
全件表示
委員歴 (13件):
  • 2007/04 - 現在 日本英語学会 日本英語学会評議員
  • 2003/04 - 現在 日本言語学会 日本言語学会評議員
  • 2013/08 - 2015/07 日本学術振興会 日本学術振興会特別研究員等審査会専門委員及び国際事業委員会書面審査委員
  • 2006/04 - 2013/11 Springer Journal of East Asian Linguistics Editorial Board
  • 2010/09 - 2013/08 日本言語学会 日本言語学会広報委員
全件表示
所属学会 (6件):
日本言語学会 ,  日本語文法学会 ,  日本心理学会 ,  日本語教育学会 ,  日本認知科学会 ,  日本英語学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る