研究者
J-GLOBAL ID:200901041966881379   更新日: 2020年09月01日

小川 俊夫

オガワ トシオ | Ogawa Toshio
研究分野 (3件): 高分子化学 ,  環境政策、環境配慮型社会 ,  環境影響評価
研究キーワード (4件): 環境影響評価 ,  高分子構造・物性 ,  Environmental Influence Assesment ,  Polymer Structure and Properties
競争的資金等の研究課題 (6件):
  • 1995 - 生分解性ポリマーに関する研究
  • 1995 - Study on Biodegradable Polymers
  • 1985 - 漆膜の材料工学的研究
  • 1985 - 高分子材料の表面処理と接着性の改良
  • 1985 - Study on Urushi film from the viewpoint of cultural materials
全件表示
MISC (333件):
特許 (4件):
  • 接着性に優れた超高分子量ポリエチレン繊維及びその製造法
  • 生分解性樹脂系エマルジョン型接着剤
  • 生分解期間が制御されたポリ乳酸系樹脂形体及びその製造方法
  • 芳香族ポリイミド用混合溶媒
書籍 (26件):
  • 接着・解体技術総覧-資源・環境・エネルギー-
    (有)エヌジーティー 2011 ISBN:9784990371333
  • プラスチックフィルムの表面処理・改質技術
    フィルムの機能性向上と成形加工・分析・評価技術、And Tech社 2010
  • 剥離対策と接着・密着性の向上
    サイエンス&テクノロジー 2010
  • 塗料・インクにおける溶液物性の基礎とその制御・評価
    情報機構 2009
  • 高分子材料化学
    共立出版 2009
もっと見る
講演・口頭発表等 (383件):
  • 紫外線照射によるウルシオールの硬化
    (高分子学会第20回ポリマー材料フォーラム 2011)
  • 漆と漆器の科学
    (第60回高分子学会北陸支部研究発表会講演要旨集 2011)
  • プラスチックフィルム等の表面処理の現状と問題点
    (高分子学会高分子表面研究会(部会) 2011)
  • 漆の実力を科学しよう
    (漆を科学する会 2011)
  • 漆関連化合物の着色現象について
    (マテリアルライフ学会第22回研究発表会・特別講演会 2011)
もっと見る
Works (6件):
  • Adhesive Properties of Coating Material on Steel Plate
    2003 -
  • 赤外分光分析法を利用した高分子材料の同定
  • 最適採用システムWGの活動報告
  • 産学協同及び Co-op 制度と進路指導
  • 第231回高分子分析研究懇談会
もっと見る
学歴 (4件):
  • - 1967 横浜国立大学
  • - 1967 横浜国立大学大学院 応用化学
  • - 1965 横浜国立大学
  • - 1965 横浜国立大学 応用化学
学位 (1件):
  • 工学博士 (京都大学)
経歴 (5件):
  • 1967 - 1985 Ube Inchoatives, Researcher
  • 1967 - 1985 宇部興産(株) 研究員
  • 1985 - - Kanazawa Inst. Tech. Professor
  • 1985 - - 金沢工業大学 教授
  • 金沢工業大学 産学連携室 教授
委員歴 (7件):
  • 2004 - 2005 日本分析化学会 中部支部副支部長(
  • - 2003 日本分析化学会 中部支部幹事
  • 1998 - 2001 材料技術協会 理事
  • 2000 - 日本包装学会 理事
  • マテリアルライフ学会 会長(2002-2006), 論文審査委員長(2006-)
全件表示
受賞 (7件):
  • 2007/09/20 - 高分子学会フェロー
  • 2007/06/28 - 功績賞
  • 私立学校教職員功労者知事表彰
  • ベーマイト処理アルミニウム箔を用いた発色機構の解析 (論文賞)
  • マテリアルライフ学会 論文賞
全件表示
所属学会 (6件):
日本包装学会 ,  材料技術協会 ,  マテリアルライフ学会 ,  日本接着学会 ,  日本分析化学会 ,  高分子学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る