研究者
J-GLOBAL ID:200901045896159714   更新日: 2024年07月17日

橋本 守

ハシモト マモル | Hashimoto Mamoru
所属機関・部署:
職名: 教授
ホームページURL (1件): https://www.ist.hokudai.ac.jp/labo/bmsys/index.html
研究分野 (4件): 光工学、光量子科学 ,  基礎物理化学 ,  生体材料学 ,  生体医工学
研究キーワード (5件): 非線形光学 ,  分光学 ,  応用光学 ,  Spectroscopy ,  Applied Optics
競争的資金等の研究課題 (42件):
  • 2023 - 2026 血中脂質成分常時モニタリングのための無侵襲光学計測技術の高度化
  • 2022 - 2025 トポロジカル超音波ビームで形成した生体内螺旋光導波路による近赤外光の生体深部伝送
  • 2021 - 2024 非線形ラマン散乱顕微内視鏡の開発と無染色その場診断への応用
  • 2020 - 2023 無侵襲血液成分モニタリングのための血中微粒子濃度の経皮光学計測技術の開発
  • 2020 - 2021 非線形ラマン散乱内視鏡実現のための4光波混合現象の削減法の開発
全件表示
論文 (117件):
  • Shukri Bin Korakkottil Kunhi Mohd, De Xing Lioe, Keita Yasutomi, Keiichiro Kagawa, Mamoru Hashimoto, Shoji Kawahito. A CMOS Double-Demodulation Lock-In Amplifier for Stimulated Raman Scattering Signal Detection. Electronics. 2022. 12. 1. 4-4
  • Naoki Yamato, Hirohiko Niioka, Jun Miyake, Mamoru Hashimoto. Near real-time nerve visualization using coherent Raman scattering rigid endoscope and deep learning-based image processing for nerve-sparing surgery. Biomedical Vibrational Spectroscopy 2022: Advances in Research and Industry. 2022
  • Naoki Yamato, Hirohiko Niioka, Jun Miyake, Mamoru Hashimoto. Author Correction: Improvement of nerve imaging speed with coherent anti-Stokes Raman scattering rigid endoscope using deep-learning noise reduction (Scientific Reports, (2020), 10, 1, (15212), 10.1038/s41598-020-72241-x). Scientific Reports. 2021. 11. 1
  • Shun Kizawa, Mamoru Hashimoto. Ultrahigh-speed multiplex coherent anti-Stokes Raman scattering microspectroscopy using scanning elliptical focal spot. The Journal of Chemical Physics. 2021. 155. 14. 144201-144201
  • Hiroki Ogawa, Mamoru Hashimoto. Avoidance of four-wave mixing in optical fiber bundle for coherent anti-Stokes Raman scattering endomicroscopy. Optics Letters. 2021. 46. 14. 3356-3356
もっと見る
MISC (13件):
  • Shoichiro Fukushima, Hirohiko Niioka, Masayoshi Ichimiya, Masayoshi Ichimiya, Jun Miyake, Masaaki Ashida, Tsutomu Araki, Mamoru Hashimoto. Tens nanometer scale cathodoluminescence bioimaging with rare-earth doped nanophosphors. JSAP-OSA Joint Symposia, JSAP 2014. 2014
  • Chikako Ninagawa, Hirohiko Niioka, Tsutomu Araki, Mamoru Hashimoto. Observation of anhydrated and hydrated DAST crystals using multiplex fourth order Raman microscope. JSAP-OSA Joint Symposia, JSAP 2014. 2014
  • 新岡 宏彦, 福島 昌一郎, 橋本 守, 荒木 勉, 小野島 大介, 湯川 博, 馬場 嘉信, 三宅 淳. 3P-247 再生医療応用を目指した近赤外光深部イメージング用蛍光体の開発(生体医用工学,人工臓器,一般講演). 日本生物工学会大会講演要旨集. 2014. 66. 256-256
  • Doan T. Kim Dung, Shoichiro Fukushima, Hirohiko Niioka, Masayoshi Ichimiya, Masayoshi Ichimiya, Masaaki Ashida, Tsutomu Araki, Mamoru Hashimoto, Jun Miyake. Multimodal bioimaging probes based on lanthanide doped Gd2O3 nanophosphors. JSAP-OSA Joint Symposia, JSAP 2014. 2014
  • 福島 昌一郎, 橋本 守. 生体相関イメージングを目指したCUPLナノ蛍光体の合成. ホソカワ粉体工学振興財団年報. 2014. 22. 117-120
もっと見る
特許 (7件):
もっと見る
書籍 (5件):
  • CARS Microscopy: Implementation of nonlinear vibrational spectroscopy for far-field and near-field imaging
    2012
  • 顕微分光法 ナノ・マイクロの世界を見る分光法
    講談社サイエンティフィク 2009
  • バイオイメージングがわかる
    2005
  • Biological Imaging and Sensing
    Springer 2004
  • Handbook of Vibrational Spectroscopy
    John Wiley & Sons, Ltd 2001
講演・口頭発表等 (143件):
  • CMOSイメージセンサーを用いたマルチプレックス誘導ラマン散乱分光法”, "新しいイメージングを実現する最先端CMOSイメージセンサ
    (Optics & Photonics Japan 2023 2023)
  • Development of Lissajous scanning fluorescence endomicroscope using polarization-maintaining fiber
    (OSJ-JSAP Joint Symposia on Optics, Optics & Photonics Japan 2023 2023)
  • Imaging of trans lipid-mobilization by coherent Raman microspectroscopy
    (OSJ-JSAP Joint Symposia on Optics, Optics & Photonics Japan 2023 2023)
  • Label-free imaging by coherent Raman scattering endoscopy
    (2023 International Workshop on the New Frontiers in Convergence Science and Technology of Hokkaido University - Seoul National Universty 26th Joint Symposium 2023)
  • 第二高調波発生関節鏡の開発とビーム走査手法の検討
    (第21回医用分光学研究会 2023)
もっと見る
学歴 (3件):
  • 1997 - 東京大学 大学院総合文化研究科 論文博士
  • 1989 - 1991 大阪大学 大学院工学研究科 応用物理学専攻
  • 1985 - 1989 大阪大学 工学部 応用物理学科
学位 (1件):
  • 博士(学術) (東京大学)
経歴 (9件):
  • 2019/04 - 現在 北海道大学 大学院情報科学研究院 生命人間情報科学部門 教授
  • 2016/10 - 2019/03 北海道大学 大学院情報科学研究科 生命人間情報科学専攻 教授
  • 2007/04 - 2016/09 大阪大学 大学院基礎工学研究科 機能創成専攻 生体工学領域 准教授
  • 2003/04 - 2007/03 大阪大学 大学院基礎工学研究科 機能創成専攻 生体工学領域 助教授
  • 2002/11 - 2003/03 大阪大学 大学院基礎工学研究科 システム人間系専攻 助教授
全件表示
委員歴 (6件):
  • 2020/01 - 現在 レーザ顕微鏡研究会 監査
  • 1998 - 現在 レーザ顕微鏡研究会 幹事
  • 2019/04 - 2021/03 日本分光学会 北海道支部 支部長
  • 2019/01 - 2020/12 日本光学会北海道支部 幹事
  • 2005 - 2016/09 日本分光学会 関西支部 幹事
全件表示
受賞 (6件):
  • 2014/07 - 国立大学法人 大阪大学 第3回 大阪大学総長顕彰 研究部門
  • 2010/02 - 財団法人 中谷医工計測技術財団 中谷賞 コヒーレントアンチスト-クスラマン散乱による生体分子の無染色な高解像・高速観測
  • 2009/08 - 高速電子処理応用技術学会 優秀発表賞 DSPを用いたピコ秒レーザーの高精度制御システムの開発
  • 2009/03 - 社団法人 日本機械学会 2008年度日本機械学会船井賞 テラヘルツ・カラースキャナーの開発
  • 2006/01 - 財団法人 コニカミノルタ画像科学振興財団 コニカミノルタ画像科学奨励賞 分子のベクトル場的分布画像を観測する光学顕微鏡システム
全件表示
所属学会 (5件):
レーザ顕微鏡研究会 ,  日本光学会 ,  日本分光学会 ,  日本応用物理学会 ,  日本機械学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る