研究者
J-GLOBAL ID:200901046197936965   更新日: 2020年09月01日

北川 敏一

キタガワ トシカズ | Kitagawa Toshikazu
所属機関・部署:
職名: 教授
ホームページURL (1件): http://www.ocm.chem.mie-u.ac.jp/web/index.html
研究分野 (5件): 薄膜、表面界面物性 ,  有機機能材料 ,  機能物性化学 ,  生物有機化学 ,  構造有機化学、物理有機化学
研究キーワード (18件): ラジカル ,  カルボアニオン ,  カルボカチオン ,  電子移動 ,  自己組織化単分子膜 ,  フラーレン ,  反応性中間体 ,  有機反応機構 ,  π共役系 ,  radical ,  carboanion ,  carbocation ,  electron transfer ,  self-assembled monolayer ,  fullerene ,  reactive intermediate ,  organic reaction mechanism ,  pi-conjugated system
競争的資金等の研究課題 (6件):
  • 不安定π共役系化合物の発生、観測、単離
  • 有機分子の自己組織化による機能性単分子膜の創製
  • フラーレンの化学変換
  • Generation, observation, and isolation of unstable pi-conjugated compounds
  • Development of functional monolayer based on self assembling of organic molecules
全件表示
論文 (43件):
  • Takao Okazaki, Takuya Matsunaga, Toshikazu Kitagawa. Charge Delocalization Mode and Change in Aromaticity of Protonated 7-Phenylbenzo[k]fluoranthenes Studied by Experimental Observation and DFT Calculations. J. Phys. Org. Chem. 2019. 32. 11. e3998/1-e3998/8
  • Shigeharu Wakabayashi, Natsu Sugiyama, Yasuhiro Ohki, Takahito Itoh, Toshikazu Kitagawa. 3-[4’-(Diethylboryl)phenyl]pyridine: Exclusive Crystallization of the Cyclic Tetramer. Chem. Asian J. 2019. 14. 4. 568-573
  • Kitagawa T, Kawano T, Hase T, Hayakawa I, Hirai K, Okazaki T. Electron-Transfer Properties of Phenyleneethynylene Linkers Bound to Gold via a Self-Assembled Monolayer of Molecular Tripod. Molecules (Basel, Switzerland). 2018. 23. 11
  • Takao Okazaki, Ryota Nakanishi, Toshikazu Kitagawa. Effect of Solvation of Ionic Liquid on Brønsted Acid-catalyzed Aldol Cyclotrimerization of Indanones and Related Cyclic Ketones. J. Phys. Org. Chem. 2018. 31. 12. e3887/1-e3887/8
  • Kitagawa Toshikazu, Nakanishi Shima, Mizuno Aya, Niwa Yohei, Tabata Hiroki, Hirai Katsuyuki, Okazaki Takao. Tuning the coverage of self-assembled monolayer by introducing bulky substituents onto rigid adamantane tripod. ARKIVOC. 2018. 131-144
もっと見る
MISC (128件):
書籍 (2件):
  • Ionic Dissociation of Carbon-Carbon σ Bonds in Hydrocarbons and the Formation of Authentic Hydrocarbon Salts
    Advances in Physical Organic Chemistry 1995
  • Ionic Dissociation of Carbon-Carbon σ Bonds in Hydrocarbons and the Formation of Authentic Hydrocarbon Salts
    Advances in Physical Organic Chemistry 1995
学歴 (4件):
  • 1986 - 1986 京都大学
  • 1982 - 1985 京都大学 石油化学専攻博士課程
  • 1980 - 1982 京都大学 石油化学専攻修士課程
  • 1976 - 1980 京都大学 石油化学科
学位 (1件):
  • 工学博士 (京都大学)
経歴 (15件):
  • 2006/04 - 現在 三重大学大学院工学研究科 教授
  • 2001/04 - 2006/03 京都大学化学研究所 助教授
  • 1998/07 - 2001/03 京都大学大学院工学研究科 助教授
  • 1986/10 - 1998/12 アメリカ合衆国ハーバード大学 研究員
  • 1996/04 - 1998/06 京都大学大学院工学研究科 講師
全件表示
委員歴 (1件):
  • 1995 - 2003 近畿化学協会 コンピューター化学部会幹事
所属学会 (10件):
フラーレン・ナノチューブ学会 ,  石油学会 ,  近畿化学協会 ,  有機合成化学協会 ,  アメリカ化学会 ,  日本化学会 ,  基礎有機化学会 ,  東海化学工業会 ,  日本油化学会 ,  光化学協会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る