研究者
J-GLOBAL ID:200901047258122318   更新日: 2022年04月20日

辻 秀人

ツジ ヒデト | Tsuji Hideto
所属機関・部署:
職名: 教授
ホームページURL (1件): http://ens.tut.ac.jp/BDPolym/
研究分野 (6件): 複合材料、界面 ,  高分子材料 ,  環境材料、リサイクル技術 ,  環境負荷低減技術、保全修復技術 ,  生体材料学 ,  生体医工学
研究キーワード (6件): 植物由来ブラスチック ,  再生足場材料 ,  生分解性プラスチック ,  生分解性高分子 ,  生分解性ポリエステル ,  ポリ乳酸
競争的資金等の研究課題 (18件):
  • 2016 - 2019 置換型ポリ乳酸ステレオコンプレックス形成の法則性の解明および高性能化材料開発
  • 2012 - 2017 プラズマと生体ユニットとの原子・分子動的相互作用の解明
  • 2012 - 2015 高性能化置換型ポリ乳酸ステレオコンプレックス材料の開発
  • 2007 - 2010 ステレオコンプレックス化ポリ乳酸を用いた再生足場材料の開発
  • 2007 - 2009 ステレオコンプレックス化ポリ乳酸を用いた再生足場材料の開発
全件表示
論文 (268件):
  • Yuki Arakawa, Yuko Ishida, Yukito Sasaki, Shunsuke Sasaki, Masatoshi Tokita, Hideto Tsuji. Alkylthio-based asymmetric liquid crystals: Unravelling the substituent effects and intercalated cybotactic nematic and smectic phases. Materials Advances. 2022. 3. 7. 3218-3228
  • Yuki Arakawa, Kenta Komatsu, Yuko Ishida, Takuma Shiba, Hideto Tsuji. Thioether-Linked Liquid Crystal Trimers: Odd-Even Effects of Spacers and the Influence of Thioether Bonds on Phase Behavior. Materials. 2022. 15. 5
  • Marta Pytlarczyk, Jakub Herman, Yuki Arakawa, Hideto Tsuji, Przemysław Kula. Deuterated Liquid Crystals - practical synthesis of deuterium labeled 4-alkyl-4′′-isothiocyanato-[1,1ʹ:4ʹ,1′′]terphenyls. Journal of Molecular Liquids. 2022. 345. 117847
  • Hideto Tsuji, Sena Nogata, Hirotada Gamo, Kazuhiro Hikima, Atsunori Matsuda, Yuki Arakawa. Synthesis, stereocomplex crystallization, homo-crystallization, and thermal properties and degradation of enantiomeric aromatic poly(lactic acid)s, poly(mandelic acid)s. Polymer Degradation and Stability. 2022. 195. 109803
  • Yuki Arakawa, Kenta Komatsu, Hideto Tsuji. 2,7-substituted fluorenone-based liquid crystal trimers: twist-bend nematic phase induced by outer thioether linkage. Phase Transitions. 2022. 95. 4. 331-339
もっと見る
MISC (37件):
特許 (25件):
書籍 (25件):
  • 生分解性プラスチックの環境配慮設計指針
    シーエムシー出版 2019
  • バイオプラスチックの開発と市場
    シーエムシー出版 2016
  • Biombased Plastics, Materials and Applications
    Wiley 2014
  • 高分子の結晶制御-研究開発の最前線とその応用-
    シーエムシー出版 2011
  • Poly(lactic acid): Synthesis, strucutre, properties, and processing
    Wiley 2010
もっと見る
講演・口頭発表等 (91件):
  • エーテル結合とチオエーテル結合をリンカー部位に用いたナフタレン系ツイストベンドネマチック液晶
    (高分子学会年次大会 2020)
  • 光学活性 2-ヒドロキシアルカン酸をベースとするL 体および D 体非対称ランダムコポリマーのステレオコンプレックス形成
    (高分子学会年次大会 2019)
  • 連結鎖にチオエーテル合を導入した 屈曲型オリゴマーにおけるツイストベンド相の形成
    (高分子学会年次大会 2019)
  • 高分極性非対称型棒状液晶分子が示すネマチック-ネマチック転移
    (日本液晶学会討論会 2018)
  • ジフェニルジアセチレンを基盤とするπ共役系棒状分子の液晶性および複屈折における置換基効果
    (日本液晶学会討論会 2018)
もっと見る
学位 (1件):
  • 博士(工学) (京都大学)
委員歴 (9件):
  • 2018/12 - 現在 International Journal of Molecular Sciences Editorial Board
  • 2012/04 - 現在 International Journal of Polymer Science Editor
  • 2016/04 - 2016/11 中部化学関係学協会支部連合協議会 第47回中部化学関係学協会支部連合秋季大会実行委員
  • 2011/04 - 2015/03 科学技術振興機構 知財活用促進ハイウェイ評価委員会
  • 2007/04 - 2015/03 文部省科学技術政策研究所 専門調査員
全件表示
受賞 (4件):
  • 2019/09 - Publons Peer Review Awards 2019 (The Top 1% of reviewers in Cross-Field)
  • 2019/09 - Publons Peer Review Awards 2019 (The Top 1% of reviewers in Biology)
  • 2019/09 - Publons Peer Review Awards 2019 (The Top 1% of reviewers in Chemistry)
  • 2018/09 - Publons Peer Review Awards 2018 (The Top 1% of reviewers in Chemistry)
所属学会 (3件):
日本化学会 ,  高分子学会 ,  アメリカ化学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る