研究者
J-GLOBAL ID:200901047631463929   更新日: 2020年05月25日

寺田 努

テラダ ツトム | Terada Tsutomu
所属機関・部署:
職名: 教授
ホームページURL (1件): http://tt-lab.jp/terada/
研究分野 (3件): 感性情報学 ,  データベース ,  ヒューマンインタフェース、インタラクション
研究キーワード (5件): エンタテインメントコンピューティング ,  ヒューマンコンピュータインタラクション ,  音楽情報科学 ,  ユビキタスコンピューティング ,  ウェアラブルコンピューティング
競争的資金等の研究課題 (20件):
  • 2015 - 2019 「提示系心理情報学」確立のためのウェアラブルシステムプラットフォーム
  • 2017 - 【さきがけ】「提示系心理情報学」確立のためのウェアラブルシステムプラットフォーム
  • 2010 - 2016 実世界指向ユーザインタフェース実現のための動作認識基盤の確立
  • 2016 - 【さきがけ】「提示系心理情報学」確立のためのウェアラブルシステムプラットフォーム
  • 2013 - 2015 情報サプリメントを実現するための情報提示技術の確立
全件表示
論文 (841件):
  • 勝野 友基, 中本 裕之, 山本 暁生, 梅原 健, 別所 侑亮, 小林 太, 寺田 努, 石川 朗. 柔軟膜ひずみセンサを用いた嚥下障害リハビリテーションのための喉頭挙上の検出. 計測自動制御学会論文集. 2019. 55. 10. 655-661
  • K. FUTAMI, T. TERADA, M. TSUKAMOTO. A Method for Controlling Arrival Time to Prevent Late Arrival by Manipulating Vehicle Timetable Information. the journal of Data Intelligence. 2019. 1. 1. 113--117
  • OHNISHI Ayumi, TERADA Tsutomu, TSUKAMOTO Masahiko. A Posture and Gesture Recognition Method using Foot Pressure Sensors. Journal of Information Processing. 2019. 27
  • 双見 京介, 寺田 努, 塚本 昌彦. 標的車両乗り遅れ防止のための車両時刻表改変手法. インタラクション. 2019. 30--37
  • 松浦 裕久, 寺田 努, 青木 友裕, 園田 晋, 磯山 直也, 塚本 昌彦. 日常生活時におけるHMDの揺れを考慮したフォントの可読性・可視性に関する実機評価. インタラクション. 2019
もっと見る
MISC (250件):
  • 袴田はるか, 磯山直也, 寺田努, 寺田努, 塚本昌彦. 単語間の意味的類似度を用いた数字語呂自動生成システムの実装と評価. 情報処理学会研究報告(Web). 2018. 2018. EC-47. Vol.2018-EC-47,No.5,1-8 (WEB O
  • HE Ning, 寺田努, 寺田努, 塚本昌彦. センシング技術を用いた人と植物とのインタラクション促進システム. 情報処理学会研究報告(Web). 2018. 2018. EC-47. Vol.2018-EC-47,No.4,1-8 (WEB O
  • TERADA Tsutomu. Wearable Sensing Applications and Information Feedbacks. The 6th AsianWorkshop on Smart Senso rand Systems. 2018
  • 寺田 努. Can wearable devices make people happy?. TEDxYouth at Namba. 2018
  • 山中悠聖, 寺田努, 寺田努, 別所侑亮, 米澤昌弥, 山本暁生, 石川朗, 塚本昌彦. 頸部周径変化に基づく嚥下判定手法. 電子情報通信学会技術研究報告. 2018. 117. 451(ASN217 116-121). 9-15
もっと見る
書籍 (5件):
  • パーソナル・ヘルスケア
    株式会社エヌ・ティー・エス 2013
  • Handbook on Mobile Ad Hoc and Pervasive Communications
    CRC Press 2012
  • Wireless Sensor Network Technologies for Information Explosion Era
    Springer-Verlag 2010
  • 画像電子情報ハンドブック
    画像電子学会 2008
  • イベント駆動型データベースの高度応用に関する研究
    大阪大学 2003
講演・口頭発表等 (357件):
  • ウェアラブル・ユビキタスセンシングとその応用
    (2019 年電子情報通信学会総合大会IoT/AI を活用したスマートメンテナンス 2019)
  • Augmented Human in 2029
    (10th Augmented Human International Conference 2019)
  • ウェアラブルセンシングとその応用
    (第31回MEMS講習会・ORIST技術セミナー「MEMS技術を利用した地域活性化」 2019)
  • ウェアラブルによる生活支援の現状と展望
    (小児がんAI・IoTシンポジウムin東京 2019)
  • 兵庫)7日開幕の神戸ルミナリエ、学生が募金に一役
    (朝日新聞 2018)
もっと見る
学歴 (1件):
  • - 2000 大阪大学 大学院工学研究科博士後期課程情報システム工学専攻退学
学位 (2件):
  • 修士(工学) (大阪大学)
  • 博士(工学) (大阪大学)
経歴 (4件):
  • 2018/04 - 現在 神戸大学大学院工学研究科電気電子工学専攻 教授
  • 2007/10 - 2018/03 神戸大学 准教授
  • 2004/01 - 2007/09 大阪大学 講師
  • 2000/06 - 2003/12 大阪大学 助手
委員歴 (6件):
  • 情報処理学会 データベースシステム研究会 運営委員
  • 電子情報通信学会 データ工学研究専門委員会 幹事
  • 情報処理学会 ユビキタスコンピューティングシステム研究会 幹事
  • 情報処理学会 音楽情報科学研究会 運営委員
  • 情報処理学会 エンタテインメントコンピューティング研究会 運営委員
全件表示
受賞 (89件):
  • 2019/12 - 情報処理学会ユビキタスコンピューティングシステム研究会 2019年度前期国際発表奨励賞 Readability and Legibility of Fonts Considering Shakiness of Head Mounted Displays
  • 2019/10 - 神戸大学 学長表彰 神戸大学への貢献
  • 2018/12 - 情報処理学会ユビキタスコンピューティングシステム研究会 2018年度前期国際発表奨励賞 A Context Recognition Method Using Temperature Sensors in the Nostrils
  • 2018/11 - The 16th International Conference on Advances in Mobile Computing and Multimedia(MoMM 2018) Best Paper Evaluation of Input using Wrinkles on Clothes
  • 2018/09 - 情報処理学会ユビキタスコンピューティングシステム研究会 2018年度優秀論文 ウェアラブルセンサを用いたジェスチャ中の任意動作発生タイミング検出手法
全件表示
所属学会 (5件):
ヒューマンインタフェース学会 ,  日本データベース学会 ,  電子情報通信学会 ,  情報処理学会 ,  IEEE
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る