研究者
J-GLOBAL ID:200901047693551425   更新日: 2020年07月17日

宮下 政司

ミヤシタ マサシ | Miyashita Masashi
所属機関・部署:
研究分野 (2件): 栄養学、健康科学 ,  スポーツ科学
研究キーワード (12件): 回復 ,  コンディショニング ,  機能性食品 ,  運動パフォーマンス ,  食欲調節ホルモン ,  食欲 ,  体力 ,  子どもの健康 ,  動脈硬化予防 ,  食後代謝 ,  エネルギー代謝 ,  身体活動
競争的資金等の研究課題 (6件):
  • 2017 - 2020 閉経後女性に対する断続性身体活動による食後代謝改善の有用性
  • 2014 - 2016 ガム咀嚼と運動の組み合わせは食欲を低下させるのか?~効率的な減量法を探る
  • 2012 - 2015 高齢者における食後中性脂肪に対する身体活動の役割:実験室から日常生活への展開
  • 2011 - 2013 食欲減衰のための縄跳び運動の可能性
  • 生活習慣病者における分散運動が食後高脂血症に及ぼす影響
全件表示
論文 (74件):
  • Kanno S, Shimo K, Ando T, Hamada Y, Miyashita M, Osawa, K. Gum chewing while walking increases fat oxidation and energy expenditure. Journal of Physical Therapy Science. 2019. 31. 435-439
  • Takahashi M, Lim PL, Tsubosaka M, Kim H-Y, Miyashita M, Suzuki K, Tan EL, Shibata S. Effects of increased daily physical activity on mental health and depression biomarkers in postmenopausal women. Journal of Physical Therapy Science. 2019. 31. 408-413
  • Fujihira K, Hamada Y, Yanaoka T, Yamamoto R, Suzuki K, Miyashita M. The effects of water temperature on gastric motility and energy intake in healthy young men. European Journal of Nutrition. 2019
  • 柳岡拓磨, 降籏泰史, 小泉友範, 井上尚彦, 三原隆一, 太田宣康, 峯岸慶彦, 大塚敦子, 下豊留玲, 城所哲宏, 柏原杏子, 山上隼平, 宮下政司. 高濃度茶カテキン継続摂取及びアラニン・プロリン配合ゼリー飲料単回摂取の併用が全身持久力に与える影響. 日本スポーツ栄養研究誌. 2019. 12. 21-32
  • Hamada Y, Yanaoka T, Kashiwabara K, Kurata K, Yamamoto R, Kanno S, Ando T, Miyashita M. The effects of gum chewing while walking on physical and physiological functions. Journal of Physical Therapy Science. 2018. 30. 625-639
もっと見る
MISC (53件):
もっと見る
書籍 (4件):
  • Physical activity in the prevention of atherosclerosis: focus on oxidative stress and oxidised low-density lipoprotein(分担執筆)
    Springer Japan, Tokyo 2015
  • メディカルフィットネス研究会(編集):メディカルフィットネスQ&A.(分担執筆)
    2014 ISBN:9784789468602
  • 公益社団法人日本プロボウリング協会(監修):健幸華齢ボウリングQ&A.(分担執筆)
    株式会社社会保険研究所(東京) 2014
  • エクササイズ科学:健康体力つくりと疾病・介護予防のための基礎と実践(田中喜代次・田端泉 編)(分担執筆)
    文光堂(東京) 2012 ISBN:9784830651779
講演・口頭発表等 (33件):
  • 運動療法ガイドライン策定に向けた取り組み
    (第74回日本体力医学会大会 2019)
  • 運動と食欲
    (日本スポーツ栄養学会第6回大会 2019)
  • Physical activity for older adults - Implication for postprandial triacylglycerol metabolism (Invited talk)
    (2018 The Society of Chinese Scholars on Exercise Physiology and Fitness & 2018 The Society of Taiwan Scholars on Exercise Physiology and Fitness 2018)
  • Effect of tea catechin-rich beverage intake on exercise performance (Invited talk)
    (The 8th International Conference on Sports and Exercise Science 2018)
  • Impact of physical activity and physical inactivity on postprandial metabolism in older adults (Invited talk)
    (2018 Food, Exercise and Technology for Health Promotion 2018)
もっと見る
Works (30件):
  • 【外部研究費】産学連携共同研究(民間企業1社)
    2014 -
  • 【競争的外部研究費】研究代表者:宮下政司 2014年度 科学研究費補助金 若手研究(B)(1,690,000円)「高齢者における食後中性脂肪に対する身体活動の役割:実験室から日常生活への展開」
    2014 -
  • 【競争的外部研究費(共同研究者)】高橋将記、宮下政司、荒尾孝、内田直、稲山貴代.公益財団法人パブリックヘルスリサーチセンター 2014年度パブリックヘルス科学研究助成金(1,000,000円)「身体不活動が高齢者のメンタルヘルスに及ぼす影響:うつ病バイオマーカーを用いた検討」
    2014 -
  • 【競争的外部研究費】宮下政司(研究代表者:宮下政司)公益財団法人ロッテ財団、平成25年度奨励研究助成(3,000,000円)「運動と食欲に関する研究」
    2013 -
  • 【公募型内部研究費】研究代表者:宮下政司 2013年度トップマネジメント経費 東京学芸大学 (4,066,000円)「スポーツ科学系の教育環境設備」
    2013 -
もっと見る
学歴 (3件):
  • - 2006 Loughborough University School of Sport and Exercise Sciences 博士課程修了
  • - 2002 Loughborough University School of Sport and Exercise Sciences 修士課程修了
  • - 2001 Loughborough University Department of Physical Education, Sports Science and Recreation Managemen 学士課程卒業
学位 (1件):
  • 博士 (Loughborough University)
経歴 (4件):
  • 2016/04 - 早稲田大学 准教授
  • 2012/04 - 2016/03 東京学芸大学 准教授
  • 2009/10 - 2012/03 早稲田大学 研究院助教
  • 2006/10 - 2009/09 筑波大学 研究員
委員歴 (9件):
  • 2018/07 - 東京都港区部活動の在り方検討委員会 委員長
  • 2016/07 - 日本スポーツ栄養学会 国際交流委員会
  • 2015/09 - 日本体力医学会 プログラム委員会
  • 2015/09 - 日本体力医学会 編集委員会
  • 2015/04 - 日本健康支援学会 評議員
全件表示
受賞 (10件):
  • 2019/02 - 早稲田大学 2018年度早稲田大学リサーチアワード(国際研究発信力)
  • 2018/08 - 2018 The Society of Chinese Scholars on Exercise Physiology and Fitness & 2018 The Society of Taiwan Scholars on Exercise Physiology and Fitness Best Paper Award (Oral Presentation) The effects of masticatory frequency on appetite and energy metabolism assessed by 13C-labelling technique in healthy young men
  • 2018/08 - 日本体力医学会 第31回日本体力医学会奨励賞 日本人小・中学生における体力および肥満度と血中脂質性状との関連
  • 2015/06 - ヨーロッパスポーツ科学学会 最優秀賞 Associations between various intensities of physical activity and physical fitness in adolescents
  • 2014/08 - 日本フットボール学会 学会奨励賞 サッカーの試合における、主審、副審の活動形態と運動強度の違い
全件表示
所属学会 (10件):
日本学校保健学会 ,  韓国運動生理学会 ,  日本咀嚼学会 ,  日本発育発達学会 ,  日本スポーツ栄養学会 ,  ヨーロッパスポーツ科学会 ,  日本健康支援学会 ,  日本動脈硬化学会 ,  日本体力医学会 ,  アメリカスポーツ医学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る