研究者
J-GLOBAL ID:200901049737094380   更新日: 2020年11月20日

西野 貴司

ニシノ タカシ | TAKASHI NISHINO
所属機関・部署:
職名: 准教授
研究分野 (4件): 薬系化学、創薬科学 ,  血液、腫瘍内科学 ,  機能生物化学 ,  バイオ機能応用、バイオプロセス工学
研究キーワード (2件): 糖鎖生物学 ,  Glycobiology
競争的資金等の研究課題 (2件):
  • 多糖の構造と生理活性との相関性に関する研究
  • Study on the Relationship Between Structure and Biological Activity of Polysaccharides
論文 (12件):
  • 小西成樹, 白畑辰弥, 横山将来, 勝見達也, 伊藤慶一, 平田 望, 西野貴司, 牧野一石, 佐藤倫子, 永井隆之, et al. Synthesis of bisdesmosidic oleanolic acid saponins via a glycosylation-deprotection sequence under continuous microfluidic/batch conditions. J Org Chem. 2017. 82. 13. 6703-6719
  • 白畑辰弥, 永井隆之, 平田 望, 横山将来, 勝見達也, 小西成樹, 西野貴司, 牧野一石, 山田陽城, 梶 英輔, et al. Syntheses and mucosal adjuvant activity of simplified oleanolic acid saponins possessing cinnamoyl ester. Bioorg Med Chem. 2017. 25. 6. 1747-1755
  • Fukuhara K, Shimada N, Nishino T, Kaji E, Makino K. Regioselective, tin-free sulfation of unprotected hexopyranosides by u sing phenylboronic acid. Eur J Org Chem. 2016. 2016. 5. 902-905
  • Kaji E, Yamamoto D, Shirai Y, Ishige K, Arai Y, Shirahata T, Makino K, Nishino T. Thermodynamically controlled regioselective glycosylation of fully unprotected sugars through Bis(boronate) Intermediates. Eur J Org Chem. 2014. 2014. 17. 3536-3539
  • Nishino T, Ohya Y, Murai R, Shirahata T, Yamamoto D, Makino K, Kaji E. Regioselective Glycosylation of Unprotected Methyl Hexopyranoside by Transient Masking with Arylboronic Acid. Heterocycles. 2012. 84. 2. 1123-1140
もっと見る
MISC (20件):
特許 (1件):
書籍 (8件):
  • 薬局方試験法 概要と演習 第9版
    廣川書店 2015 ISBN:9784567011174
  • 薬学用語辞典
    東京化学同人 2012
  • 薬局方試験法 概要と演習
    廣川書店 2011
  • 薬局方試験法 概要と演習 第8版
    廣川書店 2009
  • 薬局方試験法-概要と演習-第8版
    廣川書店 2007
もっと見る
講演・口頭発表等 (43件):
  • ボロン酸の分子認識を利用した無保護糖の位置選択的硫酸化
    (第34回日本糖質学会年会 2015)
  • マイクロフロー経路内における効率的なオレアノール酸C3位配糖化の検討
    (日本薬学会第135年会 2015)
  • アジュバント活性試験への供給を目的とするマイクロフローリアクターを用いたオレアノール酸C3、28位の配糖化の検討
    (第68回有機合成化学協会関東支部シンポジウム 2014)
  • マイクロフローリアクターを用いたオレアノール酸C28位の配糖化の検討とインフルエンザウイルスに対するアジュバント活性の測定
    (GlycoTOKYO 2014 2014)
  • Glycosylation of oleanolic acid at C28 by using Flow Microreactor and evaluation of adjuvant activity against influenza virus
    (The 8th JSP-CCTGNM-KSP Joint Symposium on Pharmacognosy 2014)
もっと見る
学歴 (5件):
  • 1983 - 1985 北里大学 薬学専攻
  • - 1985 北里大学 薬品製造工学
  • - 1985 北里大学
  • 1978 - 1982 北里大学 製薬学科
  • - 1982 北里大学
学位 (1件):
  • 博士(薬学) (北里大学)
経歴 (12件):
  • 2013/04/01 - 薬学部・准教授
  • 2012/04/01 - 慶応義塾大学・非常勤講師
  • 2006/04/01 - 2012/03/31 薬学部・講師
  • 2006/04/01 - 2009/03/31 慶応義塾大学・非常勤講師
  • 2004/04/01 - 2006/03/31 薬学部・助手
全件表示
受賞 (1件):
  • 2016/11/10 - 平成28年度前期 優秀教育賞 必須科目「医薬品化学」(4年生)
所属学会 (4件):
日本糖質学会 ,  日本薬学会 ,  日本薬学教育学会 ,  日本生化学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る