研究者
J-GLOBAL ID:200901054090329678   更新日: 2020年08月31日

中島田 豊

ナカシマダ ユタカ | Nakashimada Yutaka
所属機関・部署:
職名: 教授
ホームページURL (1件): http://metab.hiroshima-u.ac.jp/ja/home-j/
研究分野 (1件): バイオ機能応用、バイオプロセス工学
研究キーワード (10件): 嫌気消化 ,  細胞間相互作用 ,  合成ガス ,  水素 ,  メタン ,  再生可能エネルギー ,  エネルギー代謝 ,  嫌気性微生物 ,  発酵工学 ,  生物化学工学
競争的資金等の研究課題 (9件):
  • 2018 - 2021 エネルギー代謝改変による水素駆動型バイオリファイナリープラットフォームの創成
  • 2012 - 2017 海洋微生物発酵制御を基盤とした大型藻類の完全資源化基盤技術の開発
  • 2013 - 2015 合成ガスプラットフォームによるバイオマスリファイナリー微生物触媒の開発
  • 2009 - 2012 瀬戸内海海洋浄化副生バイオマスのエネルギー有効利用技術の開発
  • 2005 - 2008 バイオガスを介した生物的物質生産プロセスの構築
全件表示
論文 (59件):
もっと見る
書籍 (9件):
  • 生物化学工学 : バイオプロセスの基礎と応用
    東京化学同人 2019 ISBN:9784807909742
  • バイオガスの最新技術
    シーエムシー出版 2008 ISBN:9784781300290
  • 乾式メタン発酵と水素製造、水素利用技術集成 Vol. 3
    エヌ・ティー・エス 2007
  • 製パン廃棄物(水素・メタン2段発酵技術)からの水素製造, 水素利用技術集成Vol. 2-効率的大量生産・CO2フリー・安全管理
    エヌ・ティー・エス 2005
  • 水素・メタン二段発酵技術、エコバイオエネルギーの最前線
    シーエムシー出版 2005
もっと見る
講演・口頭発表等 (211件):
  • 耐塩性メタン発酵菌叢を用いた含塩有機廃棄物からのエネルギー回収
    (第 14 回バイオマス科学会議 2019)
  • 好熱性ホモ酢酸菌 <i>Moorella thermoacetica</i> 代謝改変株を用いたガス基質からのエタノール生産
    (第 14 回バイオマス科学会議 2019)
  • 遺伝子組換え好熱性微生物を用いたリグノセルロースバイオマスの高温エタノール発酵
    (第 14 回バイオマス科学会議 2019)
  • 大型藻類のバイオリファイナリ
    (第 14 回バイオマス科学会議 2019)
  • 2-5 好熱性ホモ酢酸菌 Moorella thermoacetica 代謝改変株を用いたガス基質からのエタノール生産
    (バイオマス科学会議発表論文集(Web) 2019)
もっと見る
学歴 (3件):
  • 1992 - 1995 名古屋大学 大学院工学研究科 化学工学専攻博士後期課程
  • 1990 - 1992 名古屋大学 大学院工学研究科 化学工学専攻博士前期課程
  • 1986 - 1990 名古屋大学 工学部 化学工学科
学位 (1件):
  • 博士(工学) (名古屋大学)
経歴 (5件):
  • 2014/09 - 現在 広島大学 教授
  • 2008/10 - 2014/08 広島大学 准教授
  • 2006/10 - 2008/09 東京農工大学 助教授
  • 2001/04 - 2006/09 広島大学 助手
  • 1995/10 - 2006/09 広島大学 助手
受賞 (3件):
  • 2006 - 日本生物工学会 論文賞
  • 2006 - 生物工学会 照井賞
  • 2002 - 化学素材研究開発振興財団記念基金「グラント」研究奨励賞
所属学会 (6件):
日本バイオインダストリー協会 ,  環境バイオテクノロジー学会 ,  日本農芸化学会 ,  生物工学会 ,  化学工学会 ,  日本化学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る