研究者
J-GLOBAL ID:200901054090329678   更新日: 2022年01月05日

中島田 豊

ナカシマダ ユタカ | Nakashimada Yutaka
所属機関・部署:
職名: 教授
ホームページURL (2件): http://metab.hiroshima-u.ac.jp/ja/home-j/https://metab.hiroshima-u.ac.jp/en/home-e/
研究分野 (1件): バイオ機能応用、バイオプロセス工学
研究キーワード (10件): 嫌気消化 ,  細胞間相互作用 ,  合成ガス ,  水素 ,  メタン ,  再生可能エネルギー ,  エネルギー代謝 ,  嫌気性微生物 ,  発酵工学 ,  生物化学工学
競争的資金等の研究課題 (13件):
  • 2020 - 2024 Gas-to-Lipidsバイオプロセスの開発
  • 2020 - 2023 畜産廃棄物由来アンモニアによる大幅な発電効率向上を基盤とする地域循環 畜産システム
  • 2018 - 2023 再生可能エネルギーを活用した有用物質高生産微生物デザイン
  • 2018 - 2021 エネルギー代謝改変による水素駆動型バイオリファイナリープラットフォームの創成
  • 2020 - 2021 合成ガスからのバイオケミカル原料製造技術の開発
全件表示
論文 (179件):
  • Akihiro Ueda, Keiya Nisida, Yukihiko Matsumura, Takayuki Ichikawa, Yutaka Nakashimada, Takuma Endo, Wookyung Kim. Effects of hydrogen and carbon dioxide on the laminar burning velocities of methane-air mixtures. Journal of the Energy Institute. 2021. 99. 178-185
  • Kaisei Takemura, Junya Kato, Setsu Kato, Tatsuya Fujii, Keisuke Wada, Yuki Iwasaki, Yoshiteru Aoi, Akinori Matsushika, Katsuji Murakami, Yutaka Nakashimada. Autotrophic growth and ethanol production enabled by diverting acetate flux in the metabolically engineered Moorella thermoacetica. Journal of Bioscience and Bioengineering. 2021. 132. 6. 569-574
  • Fatma Abouelenien, Toyokazu Miura, Yutaka Nakashimada, Nooran S. Elleboudy, Mohammad S. Al-Harbi, Esmat F. Ali, Mustafa Shukry. Optimization of biomethane production via fermentation of chicken manure using marine sediment: A modeling approach using response surface methodology. International Journal of Environmental Research and Public Health. 2021. 18. 22
  • Hongliang Luo, Feixiang Chang, Yu Jin, Yoichi Ogata, Yukihiko Matsumura, Takayuki Ichikawa, Wookyung Kim, Yutaka Nakashimada, Keiya Nishida. Experimental investigation on performance of hydrogen additions in natural gas combustion combined with CO2. International Journal of Hydrogen Energy. 2021. 46. 70. 34958-34969
  • Kyohei Horio, Hirokazu Takahashi, Toshiro Kobori, Kenshi Watanabe, Tsunehiro Aki, Yutaka Nakashimada, Yoshiko Okamura. Visualization of gene reciprocity among lactic acid bacteria in yogurt by rnase H-assisted rolling circle amplification-fluorescence in situ hybridization. Microorganisms. 2021. 9. 6
もっと見る
書籍 (9件):
  • 生物化学工学 : バイオプロセスの基礎と応用
    東京化学同人 2019 ISBN:9784807909742
  • バイオガスの最新技術
    シーエムシー出版 2008 ISBN:9784781300290
  • 乾式メタン発酵と水素製造、水素利用技術集成 Vol. 3
    エヌ・ティー・エス 2007
  • 製パン廃棄物(水素・メタン2段発酵技術)からの水素製造, 水素利用技術集成Vol. 2-効率的大量生産・CO2フリー・安全管理
    エヌ・ティー・エス 2005
  • 水素・メタン二段発酵技術、エコバイオエネルギーの最前線
    シーエムシー出版 2005
もっと見る
講演・口頭発表等 (238件):
  • 化学工学年鑑2021 8.バイオテクノロジー
    (化学工学 2021)
  • 白金を担持したTi電極によるアンモニア水電解の発生ガス分析
    (日本鉄鋼協会中国四国支部・日本金属学会中国四国支部講演大会講演概要集 2021)
  • 3-1-1 鶏糞からの水熱アンモニア生成の速度論的解析
    (日本エネルギー学会大会講演要旨集(Web) 2021)
  • 白金を担持したTiおよびNi電極によるアンモニア水電解特性
    (日本鉄鋼協会中国四国支部・日本金属学会中国四国支部講演大会講演概要集 2021)
  • 4-2-4 電気分解による自立型アンモニア処理
    (日本エネルギー学会大会講演要旨集(Web) 2021)
もっと見る
学歴 (3件):
  • 1992 - 1995 名古屋大学 化学工学専攻博士後期課程
  • 1990 - 1992 名古屋大学 化学工学専攻博士前期課程
  • 1986 - 1990 名古屋大学 化学工学科
学位 (1件):
  • 博士(工学) (名古屋大学)
経歴 (6件):
  • 2019 - 現在 広島大学 大学院統合生命科学研究科 教授
  • 2014/09 - 2019/03 広島大学 大学院先端物質科学研究科 教授
  • 2008/10 - 2014/08 広島大学 大学院先端物質科学研究科 准教授
  • 2006/10 - 2008/09 東京農工大学 大学院工学研究科 助教授
  • 2001/04 - 2006/09 広島大学 大学院先端物質科学研究科 助手
全件表示
受賞 (3件):
  • 2006 - 日本生物工学会 論文賞
  • 2006 - 生物工学会 照井賞
  • 2002 - 化学素材研究開発振興財団記念基金「グラント」研究奨励賞
所属学会 (6件):
日本バイオインダストリー協会 ,  環境バイオテクノロジー学会 ,  日本農芸化学会 ,  生物工学会 ,  化学工学会 ,  日本化学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る