研究者
J-GLOBAL ID:200901065215653830   更新日: 2020年10月19日

木寺 正平

キデラ ショウヘイ | KIDERA Shouhei
所属機関・部署:
職名: 准教授
ホームページURL (2件): http://www.ems.cei.uec.ac.jp/http://www.ems.cei.uec.ac.jp/index-e.html
研究分野 (1件): 計測工学
研究キーワード (7件): High-resolution image processing ,  UWB signal ,  Electro-magnetic theory ,  Digital signal processing ,  Near field radar ,  Inverse Problem ,  逆問題解析 近距離レーダ信号処理 ディジタル信号処理 電磁界理論 超高帯域信号 高解像度画像処
競争的資金等の研究課題 (37件):
  • 2020 - 2023 レーダとトモグラフィを融合させた多元的電磁波画像解析の研究
  • 2020 - 2022 マイクロ波乳癌診断のための超高精度画像解析法に関する研究
  • 2020 - 2021 マイクロ波レーダとトモグラフィの融合による複素誘電率定量イメージングを用いた空洞・鉄筋腐食識別についての技術研究開発
  • 2019 - 2021 ドップラ及び多重散乱データの双方向処理による多元的人体検出法
  • 2017 - 2021 "超高精度画像化法と多偏波解析による誘電率推定を統合した革新的マイクロ波イメージング法の創出"
全件表示
論文 (176件):
  • 木寺 正平. マイクロ波イメージングによる複素誘電率推定ーレーダとトモグラフィの融合ー. 可視化情報学会誌. 2020. 40. 159. 136-139
  • Hiroki Sato, Shouhei Kidera. Accuracy Enhanced Contrast Source Inversion Algorithm for Microwave Breast Tumor Detectio. Proc. of URSI General Assembly. 2020. xx. xx. xx
  • Takahiro Hanabusa, Shouhei Kidera. Experimental Validation for ROI prior Contrast Source Inversion Algorithm for Microwave NDT Model. Proc. of URSI General Assembly. 2020. xx. xx. xx
  • Jianghaomiao He, Shota Terashima, Hideyuki Yamada, Shouhei Kidera. HUMAN BODY RECOGNITION METHOD USING DIFFRACTION SIGNAL IN NLOS SCENARIO FOR MILLIMETER WAVE RADAR. Proc. 2020 IEEE Geoscience and Remote Sensing Symposium. 2020. x. x. x-x
  • Takumi Hayashi, Shouhei Kidera. Bi-directional Processing Algorithm with RPM and WKD Based Doppler Velocity Estimator for 3-D Doppler-Radar Imaging. Proc. 2020 IEEE Geoscience and Remote Sensing Symposium. 2020. x. x. x-x
もっと見る
MISC (1件):
  • Takuya Sakamoto, Shouhei Kidera, Toru Sato. SEABED algorithm and comments on "Modeling and migration of 2-d georadar data: A stationary phase approach". IEEE TRANSACTIONS ON GEOSCIENCE AND REMOTE SENSING. 2007. 45. 10. 3300-3300
特許 (4件):
書籍 (1件):
  • レーダの基礎- 探査レーダから合成開口レーダまで -
    コロナ社 2017 ISBN:9784339008944
講演・口頭発表等 (124件):
  • 波数空間分離とWKD法を統合した超分解能ドップラ速度,距離分解法
    (電子情報通信学会 総合大会 2020)
  • 波数空間分離とRPM法を統合した超分解能レーダ画像化法の実験的検討
    (電子情報通信学会 総合大会 2020)
  • 時系列複素データ解析によるミリ波帯回折波を用いた見通し外人体識別法
    (電子情報通信学会 総合大会 2020)
  • マイクロ波非破壊検査のためのCSI法による複素誘電率再構成の実験的検討
    (電子情報通信学会 総合大会 2020)
  • マイクロ波非破壊検査のためのCSI法に基づく目標形状位置及び複素誘電率推定の双方向処理
    (電子情報通信学会 総合大会 2020)
もっと見る
学歴 (2件):
  • 2005 - 2007 京都大学 通信情報システム専攻
  • - 1997 奈良県立奈良高等学校
学位 (2件):
  • 情報学博士 (京都大学)
  • Ph.D in Informatics (Kyoto University)
経歴 (7件):
  • 2017/10/01 - 2021/03/31 科学技術振興機構 戦略的創造研究推進事業 さきがけ研究員(兼任)
  • 2016/04/01 - 2016/09/30 University of Wisconsin Madison 訪問研究員
  • 2014/09/01 - 電気通信大学 大学院情報理工学研究科 情報・通信工学専攻 准教授
  • 2009/04/01 - 2014/08/31 電気通信大学 大学院情報理工学研究科 助教
  • 2007/10/01 - 2009/03/31 京都大学 情報学研究科 日本学術振興会 特別研究員 PD
全件表示
委員歴 (6件):
  • 2020/07 - 2022/03 次世代医療機器・再生医療等製品評価指標作成事業(厚生労働省・経済産業省合同検討会) 「乳がん診断支援装置審査ワーキンググループ」 工学系委員
  • 2017/05 - 2021/04 電子情報通信学会 和文論文誌編集委員会 編集委員
  • 2014/05/01 - 2016/04/30 電子情報通信学会 宇宙航行エレクトロニクス研究会 専門委員会 幹事
  • 2015/04/01 - 電子情報通信学会 国際会議APSAR国内委員会 代表幹事
  • 2015 - IGARSS 2019 Organizing Committee IGARSS 2019 Sponsorship chair
全件表示
受賞 (17件):
  • 2019/07 - IEEE EMBC 2019, Student Paper Competition, Open Finalist (Top 15)
  • 2019/06 - PIERS 2019 Rome, Student Paper Competition, Honorable Mention (Top 5)
  • 2019/03/14 - URSI APRASC 2019 Organizing Committee APRASC 2019 Student Paper Competition, Honorable Mention
  • 2017/03 - Best Paper Finalist at the 11th European Conference on Antennas and Propagation (EuCAP) 2017
  • 2016/09 - 電子情報通信学会 通信ソサイエティ活動功労賞
全件表示
所属学会 (4件):
電子情報通信学会 ,  Institute of Electrical and Electronics Engineers, Inc. ,  電気学会 ,  応用物理学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る