研究者
J-GLOBAL ID:200901075428307940   更新日: 2020年10月02日

山川 修治

ヤマカワ シュウジ | Yamakawa Shuji
所属機関・部署:
職名: 特任教授
研究分野 (3件): 大気水圏科学 ,  防災工学 ,  地理学
研究キーワード (26件): 関東気圧システムプロジェクト ,  降水系 ,  雲系 ,  富士山 ,  小氷期 ,  大規模火山活動の気候へのインパクト ,  北極振動 ,  北大西洋振動 ,  成層圏準2年周期振動 ,  海気相互作用 ,  ハリケーン ,  サイクロン ,  台風 ,  竜巻 ,  降雹 ,  洪水 ,  大雨 ,  干ばつ ,  太平洋十年規模振動 ,  数十年スケール ,  エルニーニョ/南方振動 ,  気象災害 ,  特異気象 ,  異常気象 ,  グローバル気候変動 ,  総観気候学
論文 (66件):
  • 宮本大輔, 山川修治. 2017年夏季に出現・停滞したオホーツク海高気圧に関する総観気候学的解析. 日本大学文理学部自然科学研究所研究紀要. 2019. 54. 173-184
  • 花戸佑輔, 山川修治. 東西に分割した北太平洋指数の観点から見た総観気候学的特性. 日本大学文理学部自然科学研究所研究紀要. 2019. 54. 185-192
  • 宮本大輔, 山川修治. 太平洋十年規模振動(PDO)と総観気候系との関係. 日本大学文理学部自然科学研究所研究紀要. 2018. 53. 163-175
  • 花戸佑輔, 山川修治. 東京に大雪をもたらした南岸低気圧と周辺の渦度に関する総観気候学的解析. 日本大学文理学部自然科学研究所研究紀要. 2018. 53. 177-188
  • Shuji Yamakawa, Makoto Inoue, Ramasamy Suppiah. Relationships between solar activity and variations in SST and atmospheric circulation in the stratosphere and troposphere. QUATERNARY INTERNATIONAL. 2016. 397. 289-299
もっと見る
MISC (11件):
  • 山川修治. 素晴らしき氷河の国スイスを訪ねて. 地理月報. 2015. 543. 1-5
  • 山川修治. 富士山”雲の展覧会” -科学の源泉 日本大学富士山観測プロジェクト-. 地図中心. 2014. 2014. 2. 24-25
  • 山川修治. 「天気図型」特集にあたっての序説. 気候影響・利用研究会会報. 2013. 38. 3-4
  • 中山裕則, 加藤央之, 山川修治. 東京都市圏の熱環境に影響を及ぼす地表温度および気象特性についての基礎的研究. 日本大学文理学部自然科学研究所紀要. 2013. 48. 13-27
  • 山川修治. 天気図の歴史. 地図情報. 2011. 31. 3 (119)
もっと見る
書籍 (32件):
  • 気候変動の事典
    朝倉書店 2017 ISBN:9784254161298
  • 自然地理学事典
    朝倉書店 2017 ISBN:9784254161298
  • 『風の事典』
    丸善出版 2011 ISBN:9784621084045
  • 『エルニーニョ・ラニーニャ現象-地球環境と人間社会への影響-』
    成山堂書店 2010
  • 『極圏・雪氷圏と地球環境』
    二宮書店 2010 ISBN:9784817603395
もっと見る
講演・口頭発表等 (16件):
  • 太平洋十年規模振動(PDO)と総観気候系との関係
    (日本気象学会春季学術大会 2017)
  • 地球温暖化と異常気象
    (湘南学習会議講演会 2016)
  • CP/EPエルニーニョにおける梅雨季の循環場と大雨に関する総観解析
    (第64回 気候影響・利用研究会 2016)
  • 奈良盆地と京都盆地における熱収支と水収支の比較
    (Marumoto,M. and Yamakawa,S. 2016)
  • 日本の暑夏年・冷夏年における下部成層圏の大気場の特徴
    (日本気象学会春季学術大会 2016)
もっと見る
学歴 (3件):
  • - 1983 東京都立大学 地理学
  • - 1983 東京都立大学 地理学
  • - 1977 東京教育大学 地学・地理学
学位 (2件):
  • 修士論文「日本における寒冷前線性降水に関する総観気候学的研究」 (東京都立大学)
  • 理学博士博文 A synoptic climatological study of cold fronts and cold frontal precipitation in Japan and its surroundings. (東京都立大学)
委員歴 (4件):
  • 2014/04 - 2016/03 日本地理学会 庶務委員会委員,集会委員会委員,欧文誌編集委員会委員,学会賞受賞候補者選考委員会(⇒期間)
  • 2013/03/22 - 気候影響・利用研究会 幹事, 会長(⇒期間)
  • 1994 - 1997 日本沙漠学会 編集委員
  • 1993 - 日本農業気象学会 庶務幹事,評議員
受賞 (1件):
  • 1999 - Best Letter Award (Taylor & Francis The Remote Sensing Society)19(2),265-371 International Journal of Remote Sensing,1998
所属学会 (7件):
日本気象学会 ,  日本地理学会 ,  日本農業気象学会 ,  日本沙漠学会 ,  気候影響・利用研究会 ,  日本第4紀学会 ,  日本リモートセンシング学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る