研究者
J-GLOBAL ID:200901076277978010   更新日: 2021年10月20日

原口 一広

ハラグチ カズヒロ | Haraguchi Kazuhiro
所属機関・部署:
職名: 教授
研究分野 (1件): 薬系化学、創薬科学
研究キーワード (2件): 有機合成化学 ,  Synthetic Organic Chemistry
競争的資金等の研究課題 (8件):
  • DNAの損傷と修復の生物有機化学的研究
  • チオ糖誘導体の合成と生物活性
  • ヌクレオシド系抗生物質の全合成研究
  • ヌクレオシド系代拮抗剤の開発研究
  • Bio-organic Chemistry for DNA damage and repair
全件表示
論文 (37件):
もっと見る
MISC (170件):
特許 (2件):
書籍 (4件):
  • 新編 医薬化学
    廣川書店 2018
  • Next Generation Anti-HIV Agent 4’-Ethynylstavudine: From The Bench To The Clinic
    Bentham Science Publishing 2015
  • "HEPT : From an Investigation of Lithiation of Nucleoside Towards a Rational Design of Non-nucleosides Reverse Transcriptase Inhibitors of HIV-1
    Advance in Antiviral Drug Design JAI Press 1999
  • "HEPT : From an Investigation of Lithiation of Nucleoside Towards a Rational Design of Non-nucleosides Reverse Transcriptase Inhibitors of HIV-1
    Advance in Antiviral Drug Design JAI Press 1999
講演・口頭発表等 (10件):
  • m-CPBAによるエリスロフラノイドグリカールのタンデム型エポキシ化/m-クロロベンゾイルオキシ化反応:psicofuranose誘導体の新規合成法の開発と糖供与体としての利用
    (日本薬学会第130年会 2010)
  • 糖部4’位に置換基を有するヌクレオシドホスホネート誘導体の合成とその抗ウイルス活性
    (日本薬学会第130年会 2010)
  • エポキシ糖の反応性を利用する立体制御された分岐糖ヌクレオシドの合成法の確立:抗HIV活性を有するFestinavirの開発
    (日本薬学会第130年会 2010)
  • フラノイドグリカールを利用する面選択的なグリコシル化反応:アノマー位が分岐したチミジン誘導体の合成研究
    (日本薬学会129年会 2009)
  • 糖部4’位のベンゼンスルフェニル化を鍵反応とする4’-置換コルジセピンンの新規合成法の開発
    (日本薬学会129年会 2009)
もっと見る
Works (3件):
  • 抗HIV作用を有する化合物の創製
    2002 -
  • 1'-炭素鎖置換プリンヌクレオシド及びその製造法
    1995 -
  • Synthetic Method for the Preparation of 1'-C-Branched Pyrimidine Nucleosides
    1993 -
学歴 (4件):
  • - 1988 昭和大学 薬品製造化学
  • - 1988 昭和大学
  • - 1983 昭和大学 薬学科
  • - 1983 昭和大学
学位 (1件):
  • 薬学博士 (昭和大学)
経歴 (8件):
  • 2013/04 - 2018/09 日本薬科大学 薬学部 教授
  • 2004/04 - 2013/03 昭和大学 薬学部 准教授
  • 1998 - 2003 昭和大学薬学部 助教授
  • 1998 - 2003 Associate Professor, School of Pharmaceutical
  • 1988 - 1998 昭和大学薬学部 助手
全件表示
受賞 (8件):
  • 2010 - The Pharmaceutical Society of Japan, Sato Memorial Award
  • 2003 - 薬学研究奨励財団 奨励賞
  • 2003 - The Research Foundation for Pharmaceutical Sciences Promoted Research Award
  • 2002 - ポスター賞
  • 2002 - Poster Award
全件表示
所属学会 (3件):
有機合成化学協会 ,  日本化学会 ,  日本薬学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る