研究者
J-GLOBAL ID:200901076729090411   更新日: 2020年09月01日

山口 留美子

ヤマグチ ルミコ | Yamaguchi Rumiko
所属機関・部署:
職名: 教授
研究分野 (2件): 電子デバイス、電子機器 ,  光工学、光量子科学
研究キーワード (5件): 液晶光学素子 ,  液晶表示素子 ,  配向膜 ,  液晶 ,  liquid crystal
競争的資金等の研究課題 (9件):
  • 2018 - 2021 新規光散乱メカニズムによる高分子・液晶複合系リバースモード素子の低電圧駆動化
  • 2015 - 2017 高分子安定化技術のハイブリッド配向液晶素子への適用とスマートガラスの創製
  • 2012 - 2014 液晶分子の配向方向とアンカリング力の制御:液晶材料からのアプローチ
  • 2009 - 2011 アンカリング力制御による光書き込み・消去型液晶電子ペーパーの創製
  • 2007 - 2008 液晶素子における分子配向の耐光性とそのリアルタイム評価技術の開発
全件表示
論文 (46件):
  • Yamaguchi Rumiko, Sasaki Ryosuke, Inoue Koichi. Driving Voltage in Reverse Mode Cell Using Reactive Mesogen : Effect of UV Absorption of Liquid Crystal. JOURNAL OF PHOTOPOLYMER SCIENCE AND TECHNOLOGY. 2018. 31. 3. 301-304
  • Yamaguchi, R, Sato, S. Electrooptical property of polymer stabilized reverse mode cell by non uniform UV irradiation. Proceedings of the International Display Workshops. 2017. 1. 603-604
  • Yamaguchi, R, Ogura, M, Sato, S. Numerical analysis in homogeneous-twisted nematic transition mode of liquid crystal cell using weak and strong anchoring surfaces. Proceedings of the International Display Workshops. 2017. 1. 294-295
  • Yamaguchi, R, Sato, S. Homogeneous-twisted nematic transition mode liquid crystal display by out-of-plane field. Proceedings of the International Display Workshops. 2017. 1. 192-195
  • Yamaguchi, R, Ogura, M, Sato, S. Nematic liquid crystal alignment and anchoring properties on rubbed Poly (4-vinylpyridine) surface. Proceedings of the International Display Workshops. 2017. 1. 268-269
もっと見る
MISC (189件):
  • 山口留美子. しきい電圧のないホモジニアスおよびホメオトロピック配向液晶素子. 電子情報通信学会技術研究報告. 2019. 118. 422(EID2018 8-20). 105-108
  • 内堀拓哉, 佐々木亮輔, 山口留美子. 不均一UV照射リバースモード液晶素子の特性改善. 電子情報通信学会技術研究報告. 2019. 118. 422(EID2018 8-20). 125-128
  • 山口留美子. しきい値電圧を持たないホモジニアス及びホメオトロピック配向液晶素子. 日本液晶学会討論会講演予稿集(CD-ROM). 2018. 2018. ROMBUNNO.1C05
  • 山口留美子, 臼井鴻志, 赤松範久, 宍戸厚, 木下基. 液晶素子の非線形光学応答における光強度の低減化の検討. 応用物理学会春季学術講演会講演予稿集(CD-ROM). 2018. 65th. ROMBUNNO.20a-A204-5
  • 工藤恭輔, 長沼耀太, 山口留美子. ポリ4-ビニルピリジンラビング膜におけるネマチック液晶の配向特性とアンカリング特性. 日本液晶学会討論会講演予稿集(CD-ROM). 2017. 2017. ROMBUNNO.1A03
もっと見る
特許 (8件):
学歴 (2件):
  • 1980 - 1984 秋田大学 電子工学科
  • - 1984 秋田大学
学位 (1件):
  • 高分子・ネマティック液晶界面における配向現象とその応用に関する研究
経歴 (6件):
  • 2019 - 現在 秋田大学 大学院理工学研究科 教授
  • 2010 - 2019 秋田大学 大学院理工学研究科 准教授
  • 2005 - 2010 秋田大学 工学資源学部 助教授
  • 1997 - 2005 秋田大学 工学資源学部 助手
  • 1984 - 1997 秋田大学 教務職員
全件表示
所属学会 (6件):
日本画像学会 ,  日本液晶学会 ,  応用物理学会 ,  電子情報通信学会 ,  電気学会 ,  The Society for Information Display
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る