研究者
J-GLOBAL ID:200901077085152174   更新日: 2024年03月27日

桑原 英樹

クワハラ ヒデキ | Hideki Kuwahara
所属機関・部署:
職名: 教授
研究分野 (3件): 応用物性 ,  半導体、光物性、原子物理 ,  磁性、超伝導、強相関系
研究キーワード (10件): 物質科学 ,  強相関系 ,  量子凝縮系 ,  新機能材料 ,  結晶成長 ,  磁性 ,  誘電体 ,  輸送物性 ,  結晶構造 ,  物理学
競争的資金等の研究課題 (28件):
  • 2023 - 2026 パルス超強磁場を用いた革新的磁気機能性材料の創製
  • 2023 - 2024 パルス超強磁場下での物性測定システムの構築と新規磁気機能性材料の開発
  • 2021 - 2024 熱スイッチング機能を有する宇宙機用放熱材料のふく射特性向上に関する研究
  • 2021 - 2024 強相関チタン酸化物における新たな電子相転移と臨界物性の探索
  • 2018 - 2021 スピン・軌道揺動系における未知物性の探索
全件表示
論文 (187件):
  • Field-induced electric polarization and elastic softening caused by parity-mixed d-p hybridized states with electric multipoles in Ba2CuGe2O7. 2024. 109. 12
  • Wataru Sekino, Ryosuke Takei, Satomi Ito, Haruki Takei, Kenta Iwamoto, Yumiko Katayama, Kazunori Ueno, Hideki Kuwahara, Takuro Katsufuji. Charge transport, specific heat, and optical properties across the metal-insulation transition in Ba3-xRxNb5O15. Physical Review Materials. 2023. 7. 12
  • Shohei Kajiwara, Kiyoshi Itatani, Hideki Kuwahara, Taishi Yokoi, Tetsuo Sasaki, Haruhiko Kuroe. Anatase/Rutile Phase Control of Titanium Oxide Nanoparticles Synthesized from Potassium Titanium Oxalate by Homogeneous Precipitation and Hydrothermal Methods. Nano Hybrids and Composites. 2023. 40. 7-12
  • Kazuya Takasu, Mitsutoshi Arizono, Takumi Shirasaki, Hinata Arai, Hideki Kuwahara, Taishi Yoshida, Takuro Katsufuji, Tetsuji Okuda. Crystal Growth and Magnetic Properties of the MgTiO3-Ti2O3 System. JPS Conference Proceedings. 2023. 38. 011116
  • Ryusei Takahama, Mitsutoshi Arizono, Daigo Indo, Taisei Yoshinaga, Chieko Terakra, Nao Takeshita, Takumi Shirasaki, Masaaki Noda, Hideki Kuwahara, Ryoichi Kajimoto, et al. Magnetic and Transport Properties of the Pseudobrookite Al1-xTi2+xO5 Single Crystals. JPS Conference Proceedings. 2023. 38. 011114
もっと見る
MISC (228件):
特許 (9件):
書籍 (4件):
  • 『電子スピンを見る操る』(アトムテクノロジーへの挑戦 : ナノテクノロジーの最前線 / 田中一宜監修, 2)「電子集団の七変化-コロサル磁気抵抗」
    日経BP社 2001 ISBN:4822205819
  • Physics of manganites(Fundamental materials research)「Metal-Insulator Phenomena Relevant to Charge/Orbital Ordering in Perovskite Manganites」
    Kluwer Academic/Plenum 1999 ISBN:0306461323
  • Colossal magnetoresistance, charge ordering and related properties of manganese oxides「First-order insulator-metal transitions in perovskite manganites with charge-ordering instability」
    World Scientific 1998 ISBN:9810232764
  • 『セラミックデータブック 1996』(工業と製品 ; no.78)「ペロブスカイト型マンガン酸化物と巨大磁気抵抗効果」
    工業製品技術協会 1996
講演・口頭発表等 (324件):
  • 光触媒機能の向上を目指した相制御酸化チタンナノ粒子の調製と評価
    (日本セラミックス協会2024年年会 2024)
  • Feを置換したBi-2201系銅酸化物の超過剰ドープ領域におけるスピンゆらぎ
    (2023年度量子ビームサイエンスフェスタ 2024)
  • T’型銅酸化物Pr<SUB>2</SUB>CuO<SUB>4</SUB>におけるX線吸収分光と 輸送特性から見た還元効果
    (2023年度量子ビームサイエンスフェスタ 2024)
  • Preparation of fibrous octacalcium phosphate using homogeneous precipitation method
    (11th International Symposium on Inorganic Phosphate Materials 2023)
  • Photocatalytic properties of phase-controlled titanium dioxide nanoparticles synthesized by hydrolysis of ammonium titanium oxalate
    (11th International Symposium on Inorganic Phosphate Materials 2023)
もっと見る
学歴 (1件):
  • 1990 - 1992 筑波大学 理工学研究科 理工学専攻
学位 (1件):
  • 博士(工学) (東京大学)
経歴 (7件):
  • 2007/04 - 現在 上智大学 理工学部 機能創造理工学科 教授
  • 2000/04 - 2007/03 上智大学 理工学部物理学科 助教授
  • 1998/10/01 - 2001/09/30 科学技術振興事業団 研究員
  • 1998/04 - 2000/03 上智大学 理工学部物理学科 専任講師
  • 1987/04/01 - 1998/03/31 三洋電機株式会社 筑波研究所 研究員
全件表示
所属学会 (5件):
日本物理学会 ,  日本応用物理学会 ,  American Physical Society ,  Materials Research Society ,  日本応用磁気学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る