研究者
J-GLOBAL ID:200901077085152174   更新日: 2021年10月15日

桑原 英樹

クワハラ ヒデキ | Hideki Kuwahara
所属機関・部署:
職名: 教授
その他の所属(所属・部署名・職名) (1件):
研究分野 (3件): 応用物性 ,  半導体、光物性、原子物理 ,  磁性、超伝導、強相関系
研究キーワード (5件): 強相関系 ,  物質科学 ,  磁性 ,  新機能材料 ,  結晶成長
競争的資金等の研究課題 (23件):
  • 2018 - 2021 スピン・軌道揺動系における未知物性の探索
  • 2016 - 2019 宇宙機用放射率可変素子の性能向上に関する研究
  • 2015 - 2018 スピン誘起マルチフェロイック物質群における回転磁場による電気分極ドメイン制御
  • 2015 - 2018 多彩な発光色を示す新規窒化物蛍光体の開発とガラスへの封止
  • 2014 - 2017 混合原子価を持つ強磁性絶縁体ペロブスカイト型Eu酸化物の電気・磁気特性
全件表示
論文 (193件):
もっと見る
MISC (72件):
  • 桑原英樹. 新著紹介:ペロブスカイト物質の科学;万能材料の構造と機能. 日本物理学会誌. 2020. 75. 10. 651-651
  • 野田正亮, 赤木暢, 黒江晴彦, 桑原英樹. CaBaM4O7(M=(Co,Fe))単結晶の磁場(電場)誘起電気分極(磁化)の極性依存性 II. 日本物理学会講演概要集(CD-ROM). 2018. 73. 2. ROMBUNNO.9aPS-101
  • 野田正亮, 小田涼佑, 赤木暢, 黒江晴彦, 桑原英樹. CaBaM4O7(M=Co,Fe)単結晶の磁場(電場)誘起電気分極(磁化)の極性依存性. 日本物理学会講演概要集(CD-ROM). 2018. 73. 1. ROMBUNNO.22pPSA-48
  • 小田 涼佑, 野田 正亮, 江袋 佑太, 野田 泰輝, 赤木 暢, 黒江 晴彦, 桑原 英樹. CaBaM4O7(M=Co,Fe)単結晶の磁気相転移に伴う電気磁気特性変化II. 日本物理学会講演概要集. 2017. 72. 0. 1130-1130
  • 小田 涼佑, 梶原 凌, 仁科 康佑, 赤木 暢, 黒江 晴彦, 桑原 英樹. 19aPS-24 ABaM_4O_7(A=(Ca,Y), M=(Co,Fe))単結晶における電気磁気特性III. 日本物理学会講演概要集. 2016. 71. 0
もっと見る
特許 (9件):
書籍 (4件):
  • 『電子スピンを見る操る』(アトムテクノロジーへの挑戦 : ナノテクノロジーの最前線 / 田中一宜監修, 2)「電子集団の七変化-コロサル磁気抵抗」
    日経BP社 2001 ISBN:4822205819
  • Physics of manganites(Fundamental materials research)「Metal-Insulator Phenomena Relevant to Charge/Orbital Ordering in Perovskite Manganites」
    Kluwer Academic/Plenum 1999 ISBN:0306461323
  • Colossal magnetoresistance, charge ordering and related properties of manganese oxides「First-order insulator-metal transitions in perovskite manganites with charge-ordering instability」
    World Scientific 1998 ISBN:9810232764
  • 『セラミックデータブック 1996』(工業と製品 ; no.78)「ペロブスカイト型マンガン酸化物と巨大磁気抵抗効果」
    工業製品技術協会 1996
講演・口頭発表等 (288件):
  • 電子ドープ型銅酸化物高温超伝導体Pr<SUB>1.3-<I>x</I></SUB>La<SUB>0.7</SUB>Ce<SUB><I>x</I></SUB>CuO<SUB>4</SUB>のアンダードープ領域におけるホール抵抗率
    (日本物理学会2021年秋季大会 2021)
  • 希土類モーメントを含まない電子ドープ型銅酸化物La<SUB>2-<I>x</I></SUB>Ce<SUB><I>x</I></SUB>CuO<SUB>4</SUB>薄膜の過剰ドープ領域におけるCuスピン相関
    (日本物理学会2021年秋季大会 2021)
  • Ruddlesden-Popper型層状ペロブスカイトマンガン酸化物の酸素K端共鳴非弾性X線散乱
    (日本物理学会2021年秋季大会 2021)
  • 異方的移動積分を考慮したタイトバインディングモデルによるCE型反強磁性La<SUB>2-2<I>x</I></SUB>Sr<SUB>1+2<I>x</I></SUB>Mn<SUB>2</SUB>O<SUB>7</SUB>のバンド構造計算と角度分解光電子分光スペクトルとの比較
    (日本物理学会2021年秋季大会 2021)
  • CaBa<I>M</I><SUB>4</SUB>O<SUB>7+<I>δ</I></SUB>(<I>M</I> = Co, Fe)の双晶構造と酸素量の制御
    (日本物理学会2021年秋季大会 2021)
もっと見る
学歴 (1件):
  • 1990 - 1992 筑波大学 理工学専攻
学位 (1件):
  • 博士(工学) (東京大学)
経歴 (7件):
  • 2007/04 - 現在 上智大学 理工学部 機能創造理工学科 教授
  • 2000/04 - 2007/03 上智大学 理工学部物理学科 助教授
  • 1998/10/01 - 2001/09/30 科学技術振興事業団 研究員
  • 1998/04 - 2000/03 上智大学 理工学部物理学科 専任講師
  • 1987/04/01 - 1998/03/31 三洋電機株式会社 筑波研究所 研究員
全件表示
所属学会 (5件):
日本物理学会 ,  日本応用物理学会 ,  American Physical Society ,  Materials Research Society ,  日本応用磁気学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る