研究者
J-GLOBAL ID:200901078025725538   更新日: 2020年06月02日

平子 善章

Hirako Yoshiaki
所属機関・部署:
職名: 講師
研究キーワード (1件): 細胞接着 細胞・基質間接着 細胞骨格 インテグリン コラーゲン 中間径線維 表皮水疱症 ヘミデスモソーム
競争的資金等の研究課題 (3件):
  • 2011 - 2014 180kDa類天疱瘡抗原の切断と自己抗原性獲得機構
  • 2008 - 2011 ヒトヘミデスモソーム構成タンパク質の質量分析による網羅的解析
  • 2005 - 2007 180kD類天疱瘡抗原の細胞外C末端部位の切断機構の解明および疾患との関連の検証
MISC (24件):
  • Li X, Qian H, Sogame R, Hirako Y, Tsuruta D, Ishii N, Koga H, Tsuchisaka A, Jin Z, Tsubota K, Fukumoto A, Sotozono C, Kinoshita S, Hashimoto T. Integrin β4 is a major target antigen in pure ocular mucous membrane pemphigoid. Eur J Dermatol. 2016. 26. 3. 247-253
  • Hashimoto T, Hirako Y, Tsuruta D. β4 integrin in hereditary and acquired mucocutaneous diseases. Exp Dermatol. 2016
  • Li X, Tsuchisaka A, Qian H, Teye K, Ishii N, Sogame R, Harada K, Nakagomi D, Shimada S, Tateishi C, Hirako Y, Hashimoto T. Linear IgA/IgG bullous dermatosis reacts with multiple laminins and integrins. Eur J Dermatol. 2015. 25. 5. 418-423
  • Li X, Qian H, Takizawa M, Koga H, Tsuchisaka A, Ishii N, Hayakawa T, Ohara K, Sitaru C, Zillikens D, Sekiguchi K, Hirako Y, Hashimoto T. N-linked glycosylation on laminin γ1 influences recognition of anti-laminin γ1 pemphigoid autoantibodies. J Dermatol Sci. 2015. 77. 2. 125-129
  • Miyamoto S, Chikazu D, Yasuda T, Enomoto A, Oh-I T, Hirako Y, Tsuchisaka A, Yasukochi A, Sogame R, Teye K, Koga H, Ishii N, Qian H, Li X, Hashimoto T. A case of oral mucous membrane pemphigoid with IgG antibodies to integrin α6β4. Br J Dermatol. 2014. 171. 6. 1555-1557
もっと見る
書籍 (1件):
  • Recent Development in Cell Research; Hemidesmosomes and bullous pemphigoid antigens: ectodomain cleavage of BP180/type XVII collagen and novel spliced variants of BPAG1.
    Research Signpost 2003
講演・口頭発表等 (21件):
  • Distinct roles of two plakin proteins in type I hemidesmosomes
    (日本研究皮膚科学会第42回年次学術大会 2017)
  • ヘミデスモソーム構造における2種類のプラーキンタンパク質の役割の解析
    (第49回日本結合組織学会学術大会 2017)
  • Knockout of type XVII collagen in DJM-1 cells affects structure of type I hemidesmosomes and deposition pattern of laminin-332 matrix
    (The 27th CDB meeting "Body Surface Tactics" 2016)
  • XVII型コラーゲンを欠失したDJM-1細胞は、I型ヘミデスモソーム形成とラミニン332マトリックス沈着パターンに異常を示す
    (第68回日本細胞生物学会大会 2016)
  • DJM-1 cells deficient in BP180/type XVII collagen exhibit rudiment hemidesmosomes and abnormal pattern of laminin-332 matrix
    (第40回日本研究皮膚科学会 2015)
もっと見る
学歴 (2件):
  • 1992 - 1998 名古屋大学 理学研究科 分子生物学専攻
  • - 1992 東北大学 理学部 生物学科
学位 (1件):
  • 博士(理学) (名古屋大学)
経歴 (2件):
  • 2004/04/01 - 現在 名古屋大学 講師
  • 2004/04/01 - 講師
所属学会 (3件):
マトリックス研究会 ,  日本研究皮膚科学会 ,  日本細胞生物学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る