研究者
J-GLOBAL ID:200901084664172914   更新日: 2019年12月10日

渥美 紀寿

アツミ ノリトシ | ATSUMI Noritoshi
所属機関・部署:
職名: 助教
その他の所属(所属・部署名・職名) (1件):
ホームページURL (1件): http://se.rd.iimc.kyoto-u.ac.jp/~atsumi/
研究分野 (1件): ソフトウェア
研究キーワード (1件): ソフトウェア工学
競争的資金等の研究課題 (5件):
  • 2015 - 2019 ハイブリッドプログラム解析を利用した機能識別に基づくプログラム理解支援技術
  • 2015 - 2019 ソフトウェア進化分析に基づくソフトウェア保守支援環境
  • 2015 - 2016 保証ケース作成支援方式の研究
  • 2012 - 2017 バリアントライフサイクルモデルに基づく多品種並行開発手法
  • 2009 - 2012 ミスコードリポジトリを用いたソフトウェア開発支援
論文 (63件):
  • 渥美 紀寿, 桑原 寛明. ライブラリ進化への追随のためのソフト ウェア修正の共有手法の提案. 電子情報通信学会 技術研究報告. 2019. 118. 471. 157-162
  • Ryota Miyabayashi, Noritoshi Atsumi, Shuji Morisaki and Shuichiro Yamamoto. An Assurance Case Approach for Software Code Security. Proceedings of the International Workshop on Evidence-based Security and Privacy in the Wild 2018. 2018
  • 夏目 雅槻, 相澤 遥也, 渥美 紀寿, 小林 隆志. ソースコードの XML表現のための選択例を用いた対話的XPath生成支援. 電子情報 通信学会 技術研究報告. 2018. 118. 230. 37-42
  • Kunihiro Noda, Takashi Kobayashi, Noritoshi Atsumi. Identifying Core Objects for Trace Summarization by Analyzing Reference Relations and Dynamic Properties. IEICE Transactions on Information and Systems. 2018. E101-D. 7. 1751-1765
  • 山本 修一郎, 森崎 修司, 渥美 紀寿. 実践的保証ケース作成方式. SEC journal. 2017. 13. 1. 24-31
もっと見る
MISC (23件):
もっと見る
講演・口頭発表等 (4件):
  • CX-Checker: 柔軟なカスタマイズが可能なC言語コーディングルールチェッカー
    (情報処理学会全国大会 2010)
  • 名古屋大学全学ファイアウォール向 けポート公開申請・承認システムの開発
    (2016年度大学ICT推進協議会年次大会 2016)
  • 学生参与型プロトタイピングを導入した教務用スマホアプリ開発
    (2017年度大学ICT推進協議会年次大会 2017)
  • 多様な構成員を持つ大学ICT組織へのSlack導入によるコミュニケーション改善の継続調査
    (2019年度大学ICT推進協議会年次大会 2019)
学歴 (3件):
  • 1996 - 2000 名古屋大学 工学部 電気電子・情報工学科
  • 2000 - 2002 名古屋大学 大学院工学研究科 計算理工学専攻
  • 2002 - 2005 名古屋大学 大学院工学研究科 情報工学専攻
学位 (2件):
  • 修士 (工学) (名古屋大学)
  • 博士 (工学) (名古屋大学)
経歴 (7件):
  • 2005/04 - 2009/03 南山大学 講師
  • 2009/04 - 2010/03 南山大学 講師
  • 2010/04 - 2011/03 名古屋大学 研究員
  • 2011/04 - 2012/11 名古屋大学 特任助教
  • 2012/12 - 2016/03 名古屋大学 特任助教
全件表示
受賞 (5件):
  • 2019/03 - 情報処理学会 ソフトウェア工学研究会 功績賞 国際的研究活動活性化 (ICSE勉強会)
  • 2018/10 - 情報処理学会 コンピュータサイエンス領域 功績賞
  • 2017/02 - NPO 法人 ソフトウェアテスト技術振興協会 善吾賞 逸脱分析を用いた要求仕様書からのテスト項目抽出手法
  • 2015 - 情報処理学会 ソフトウェアエンジニアリングシンポジウム 最優秀論文賞 ソースコードの静的検査における警告の版間追跡ツール
  • 2013/03 - 電子情報通信学会 ソフトウェアサイエンス研究会研究奨励賞 データ依存の伝播確率に基づく欠陥箇所特定支援
所属学会 (5件):
日本ソフトウェア科学会 ,  電子情報通信学会 ,  情報処理学会 ,  IEEE ,  ACM
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る