研究者
J-GLOBAL ID:200901087066909111   更新日: 2020年09月05日

倉橋 光紀

クラハシ ミツノリ | Kurahashi Mitsunori
所属機関・部署:
ホームページURL (1件): http://samurai.nims.go.jp/KURAHASHI_Mitsunori-j.html
研究分野 (2件): 薄膜、表面界面物性 ,  基礎物理化学
研究キーワード (3件): 磁性 ,  偏極ビーム ,  表面科学
競争的資金等の研究課題 (8件):
  • 2020 - 2024 回転状態選別分子ビームによるステップ表面での吸着ダイナミクスの解明
  • 2020 - 2023 核スピン偏極分子ビームによる表面水素NMR実験
  • 2016 - 2019 表面への吸着反応スピン依存性の起源解明
  • 2016 - 2019 高エネルギー状態選別酸素分子ビームの開発と高感度表面反応立体効果計測
  • 2013 - 2017 酸素分子スピン・立体制御による表面酸化反応制御
全件表示
論文 (78件):
もっと見る
MISC (15件):
特許 (5件):
  • パルス励起原子線とパルス紫外光の生成方法およびその装置
  • 粒子線磁気モーメント分析装置
  • 磁場中での表面磁性計測方法および表面磁性計測装置
  • 永久磁石型多段六極磁子装置および六極磁子焦点距離可変方法
  • オゾンビーム発生装置
書籍 (1件):
  • 六極磁場によるスピン・回転状態選別酸素分子ビーム生成とその表面反応への応用
    エヌ・ティー・エス 2019
講演・口頭発表等 (24件):
  • Oxygen chemisorption on flat and stepped Pt surfaces probed by an alignment-controlled O2 beam
    (TAILOR2020 2020)
  • 量子状態選別O2、H2分子ビームの生成と表面反応計測への応用
    (第67回応用物理学会春季学術講演会 2020)
  • 核スピン偏極オルトH2分子ビーム生成とスピン回転状態の評価
    (2019年日本表面真空学会学術講演会 2019)
  • 核スピン偏極オルトH2分子ビームの生成とスピン制御
    (第80回応用物理学会秋季学術講演会 2019)
  • 六極磁子による核スピン偏極オルトH2分子ビームの生成
    (日本物理学会2019年年次大会 2019)
もっと見る
学歴 (2件):
  • - 1996 京都大学
  • - 1991 京都大学 工業化学
学位 (1件):
  • 博士(工学) (京都大学)
受賞 (2件):
  • 2017/08 - 平成29年日本表面科学会会誌賞 Ni(111)表面へのO2吸着スピン・立体効果:量子状態選別酸素分子ビームによる解析
  • 2013/04 - 物質・材料研究機構 理事長賞研究奨励賞 量子状態選別ビームの開発と表面計測への応用
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る