研究者
J-GLOBAL ID:200901089717636251   更新日: 2020年01月18日

増冨 祐司

マストミ ユウジ | MASUTOMI Yuji
所属機関・部署:
職名: 准教授
研究分野 (4件): 環境影響評価 ,  気象・海洋物理・陸水学 ,  農業環境・情報工学 ,  環境農学(含ランドスケープ科学)
競争的資金等の研究課題 (8件):
  • 2015 - 文科省気候変動適応技術社会実装プログラム SICAT「気候変動の影響評価技 術の開発に関する研究」および「茨城県農業における温暖化適応総合計画の 作成」
  • 2015 - 環境省「インドネシアにおける地方適応計画策定のための気候変動影響評価 支援業務」
  • 2015 - 過去110年間の気候変動が我が国の水稲収量に及ぼし た影響の検証
  • 2014 - 環境省環境研究総合推進費S12-3(4「) 短寿命大気汚染物質による気候変動に 伴う」農業へのインパクト評価」
  • 2014 - 「高濃度二酸化炭素環境下におけるオゾンが水稲に及ぼ す影響とその品種間差の要因解明」
全件表示
論文 (31件):
  • Kinose, Y., Masutomi, Y., Shiotsu, F., Hayashi, K., Ogawada, D., Gomez-Garcia, M., Matsumura, A., Takahashi, K., Fukushi, K. Impact assessment of climate change on the major rice cultivar Ciherang in Indonesia. Journal of Agricultural Meteorology. 2020
  • Masutomi, Y., Kinose, Y., Takimoto, T., Yonekura, T., Oue, H., Kobayashi, K. Ozone changes the linear relationship between photosynthesis and stomatal conductance and decreases water use efficiency in rice. Science of Total Environment. 2019. 655. 1009-1016
  • Masutomi, Y., Sato, Y., Higuchi, A., Takami, A., Nakajima, T. The Effects of citizen-driven urban forestry on summer high air temperatures over the Tokyo metropolitan area. Journal of Agricultural Meteorology. 2019. 75. 144-152
  • Takimoto, T., Masutomi, Y., Tamura, M., Nitta, Y., Tanaka, K. The effect of air temperature and solar radiation on the occurrence of chalky rice grains in rice cultivars “Koshihikari” and “Akitakomachi”,. Journal of Agricultural Meteorology. 2019. 75. 203-210
  • Sakoda, M., Mizusawa, M., Shiotsu, F., Sakagami, N., Yong, G., Masutomi, Y., Fujii, D., Isobe, K., Fujiwara, T., Senoo, K., Nishizawa, T. Azoarcus sp. strain KH32C affects rice plant growth and the root-associated soil bacterial community in low nitrogen input paddy fields. Soil Science and Plant Nutrition. 2019. 65. 451-459
もっと見る
MISC (1件):
  • Masutomi Y. Development of a global climate-crop coupled model for paddy rice. Impacts World 2013 Conference Proceedings. 2013. 522-526
書籍 (8件):
  • ココが知りたい地球温暖化
    成山堂書店 2009
  • 気候変動に適応する社会
    技報堂出版 2013
  • 気候変動に適応する社会
    技報堂出版 2013
  • Handbook of Climate Change and Agroecosystems: The Agricultural Model Intercomparison and Improvement Project (AgMIP) Integrated Crop and Economic Assessments
    Imperial College Press 2015
  • 気候変動の適応策のデザイン
    クロスメディア・マーケティング 2015
もっと見る
講演・口頭発表等 (64件):
  • 土地劣化の影響評価モデルによる劣化防止・緩和策の費用便益分析
    (第31回環境システム研究論文発表会 2003)
  • 世界の耕地分布推計手法の開発とその検証
    (第12回地球環境シンポジウム 2004)
  • A vulnerability assessment of crop production by climate change
    (1st EAFES Internationa l Congress 2004)
  • Development and Validation of Global Drainage Basin Database in Asia-Pacific Region (GDBD-AP)
    (Asia Oceania Geosciences Society 3rd Annual Meeting 2006)
  • 世界流域データベースの開発
    (第14回地球環境シンポジウム 2006)
もっと見る
学歴 (3件):
  • 1995 - 1999 大阪大学 理学部 物理学科
  • 1999 - 2001 名古屋大学 理学研究科 物質理学専攻(物理系)
  • 2003 - 2006 京都大学 地球環境学舎 地球環境学
学位 (1件):
  • 博士(地球環境学) (京都大学)
経歴 (3件):
  • 2006/04/01 - 2007/03/31 国立環境研究所 地球環境研究センター アシスタントフェロー
  • 2007/04/01 - 2009/03/31 国立環境研究所 地球環境研究センター ポスドクフェロー
  • 2009/04/01 - 2013/03/31 埼玉県環境科学国際センター 主任
委員歴 (1件):
  • 2015/08 - 価値総合研究所:農林水産省委託調査「超長期食料需給予測システムに係る情報分析及び設計業務」 アドバイザリー
受賞 (2件):
  • 2009 - 水文水資源学会 水文・水資源学会論文奨励賞
  • 2007 - 土木学会 地球環境委員会 地球環境研究講演論文賞
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る