研究者
J-GLOBAL ID:200901090151817391   更新日: 2021年10月26日

福岡 淳

フクオカ アツシ | Fukuoka Atsushi
所属機関・部署:
職名: 教授
その他の所属(所属・部署名・職名) (1件):
  • 大学院総合化学院分子化学コース触媒反応学講座  教授
ホームページURL (1件): http://www.cat.hokudai.ac.jp/fukuoka/
研究分野 (2件): グリーンサステイナブルケミストリー、環境化学 ,  触媒プロセス、資源化学プロセス
研究キーワード (14件): キチン ,  鮮度保持 ,  エチレン酸化 ,  ナノ粒子 ,  メソポーラスシリカ ,  セルロース ,  バイオマス ,  触媒 ,  Nanoparticle ,  Mesoporous Silica ,  Catalyst ,  Cellulose ,  Biomass ,  Catalyst
競争的資金等の研究課題 (16件):
  • 2021 - 2024 キチンを再生可能炭素・窒素資源として利用するための効率的な触媒反応法の開発
  • 2021 - 2024 固体触媒による結晶セルロース分解
  • 2013 - 炭素系触媒によるリグノセルロース分解
  • 2008 - 2012 触媒による非食料バイオマスからの燃料・化学品合成
  • 2006 - 2009 鋳型合成による金属ナノクラスターの触媒機能
全件表示
論文 (315件):
  • Nazmul Hasan MD Dostagir, Rattanawalee Rattanawan, Min Gao, Jin Ota, Jun-ya Hasegawa, Kiyotaka Asakura, Atsushi Fukouka, Abhijit Shrotri. Co Single Atoms in ZrO2 with Inherent Oxygen Vacancies for Selective Hydrogenation of CO2 to CO. ACS Catalysis. 2021. 11. 15. 9450-9461
  • Pengru Chen, Abhijit Shrotri, Atsushi Fukuoka. Synthesis of cello-oligosaccharides by depolymerization of cellulose: A review. Applied Catalysis A: General. 2021. 621. 118177-118177
  • Ryota Osuga, Shuhei Yasuda, Masato Sawada, Ryo Manabe, Hisashi Shima, Susumu Tsutsuminai, Atsushi Fukuoka, Hirokazu Kobayashi, Atsushi Muramatsu, Toshiyuki Yokoi. Oxidative Reforming of Methane over Rh-Containing Zeolites: Active Species and Role of Zeolite Framework. Industrial & Engineering Chemistry Research. 2021. 60. 24. 8696-8704
  • Lingcong Li, Nazmul H. MD Dostagir, Abhijit Shrotri, Atsushi Fukuoka, Hirokazu Kobayashi. Partial Oxidation of Methane to Syngas via Formate Intermediate Found for a Ruthenium-Rhenium Bimetallic Catalyst. ACS Catalysis. 2021. 11. 7. 3782-3789
  • Yayati Naresh Palai, Abhijit Shrotri, Miyuki Asakawa, Atsushi Fukuoka. Silica supported Sn catalysts with tetrahedral Sn sites for selective isomerization of glucose to fructose. Catalysis Today. 2021. 365. 241-248
もっと見る
MISC (85件):
もっと見る
特許 (54件):
書籍 (21件):
  • バイオリファイナリー触媒技術の新展開
    シーエムシー出版 2011
  • 触媒調製ハンドブック
    エヌ・ティー・エス 2011
  • 触媒調製ハンドブック
    エヌ・ティー・エス 2011
  • New Development of Biomass-refinery Catalytic Technology
    CMC Books 2011
  • Handbook of Catalyst Preparation
    NTS 2011
もっと見る
講演・口頭発表等 (66件):
  • メソポーラスシリカ担持白金触媒による低温エチレン酸化の反応解析
    (触媒討論会討論会A予稿集 2016)
  • YNbO<sub>4</sub>によるグルコースからのHMF合成
    (触媒討論会討論会A予稿集 2016)
  • アセチル基を保持したキチンの触媒的解重合
    (触媒討論会討論会A予稿集 2016)
  • メソポーラス有機シリカへの鉄錯体の固定化とアミノアルコール合成反応への応用
    (触媒討論会討論会A予稿集 2016)
  • ゼオライト触媒によるソルビトールとマンニトールの選択的脱水反応
    (触媒討論会討論会A予稿集 2016)
もっと見る
学歴 (2件):
  • 1982 - 1985 東京大学 工業化学専攻
  • 1978 - 1982 東京大学 合成化学科
学位 (2件):
  • 工学博士 (東京大学)
  • Master of Engineering (The University of Tokyo)
経歴 (15件):
  • 2015/10 - 現在 北海道大学 触媒科学研究所 教授
  • 2014/04 - 現在 北海道大学 総長補佐
  • 2007/04 - 2015/09 北海道大学 触媒化学研究センター 教授
  • 2010/04 - 2014/03 北海道大学 触媒化学研究センター センター長
  • 1997/04 - 2007/03 北海道大学 触媒化学研究センター 助教授
全件表示
委員歴 (7件):
  • 2021/03 - 現在 公益社団法人日本化学会 理事
  • 2016/07 - 現在 国際触媒学会(IACS) Officer
  • 2018/05 - 2019/05 一般社団法人触媒学会 会長
  • 2012/07 - 2016/07 国際触媒学会 評議員
  • 2012/03 - 2013/07 第16回均一系不均一系触媒国際会議 組織委員長
全件表示
受賞 (8件):
  • 2020/09 - 井上春成賞委員会 井上春成賞 青果物鮮度保持用プラチナ触媒の開発
  • 2017/01 - 北海道大学 研究総長賞優秀賞
  • 2015/07 - 公益財団法人新化学技術推進協会 第14回グリーン・サスティナブルケミストリー賞文部科学大臣賞 固体触媒によるセルロース系バイオマス分解の先導的研究
  • 2015/03 - 北海道大学 研究総長賞優秀賞
  • 2015/03 - 触媒学会 学会賞(学術部門) 固体触媒によるセルロース分解の研究
全件表示
所属学会 (6件):
アメリカ化学会 ,  石油学会 ,  ゼオライト学会 ,  触媒学会 ,  日本化学会 ,  American Chemical Society
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る