研究者
J-GLOBAL ID:200901090151817391   更新日: 2024年07月17日

福岡 淳

フクオカ アツシ | Fukuoka Atsushi
所属機関・部署:
職名: 特任教授
ホームページURL (1件): http://www.cat.hokudai.ac.jp/fukuoka/
研究分野 (2件): グリーンサステイナブルケミストリー、環境化学 ,  触媒プロセス、資源化学プロセス
研究キーワード (13件): キチン ,  鮮度保持 ,  エチレン酸化 ,  ナノ粒子 ,  メソポーラスシリカ ,  セルロース ,  バイオマス ,  触媒 ,  Nanoparticle ,  Mesoporous Silica ,  Cellulose ,  Biomass ,  Catalyst
競争的資金等の研究課題 (31件):
  • 2021 - 2024 キチンを再生可能炭素・窒素資源として利用するための効率的な触媒反応法の開発
  • 2021 - 2024 固体触媒による結晶セルロース分解
  • 2012 - 2014 触媒による芳香族高分子リグニンからの化学品合成
  • 2013 - 炭素系触媒によるリグノセルロース分解
  • 2008 - 2012 触媒による非食料バイオマスからの燃料・化学品合成
全件表示
論文 (349件):
  • Hirokazu Kobayashi, Daniele Padovan, Atsushi Fukuoka. Characteristic Reactivity of 3-Acetamido-5-acetylfuran under Oxidation Conditions. Bulletin of the Chemical Society of Japan. 2024
  • Momoko Namesawa, Nagi Hamada, Shuhei Shimoda, Keita Suzuki, Atsushi Fukuoka, Tomoya Takada. Nitrate Uptake from Water Using Amine-Functionalized Meso- and Macroporous Carbons. ChemistrySelect. 2024
  • Hirokazu Kobayashi, Atsushi Fukuoka. Mechanochemical Hydrolysis of Polysaccharide Biomass: Scope and Mechanistic Insights. ChemPlusChem. 2024
  • Yayati Naresh Palai, Atsushi Fukuoka, Abhijit Shrotri. Unlocking the Potential of 5-Hydroxy-2(5H)-furanone as a Platform for Bio-Based Four Carbon Chemicals. ACS Catalysis. 2024. 14. 4. 2545-2551
  • Nazmul Hasan MD Dostagir, Carlo Robert Tomuschat, Kai Oshiro, Min Gao, Jun-ya Hasegawa, Atsushi Fukuoka, Abhijit Shrotri. Mitigating the Poisoning Effect of Formate during CO2 Hydrogenation to Methanol over Co-Containing Dual-Atom Oxide Catalysts. JACS Au. 2024
もっと見る
MISC (95件):
もっと見る
特許 (54件):
書籍 (21件):
  • バイオリファイナリー触媒技術の新展開
    シーエムシー出版 2011
  • 触媒調製ハンドブック
    エヌ・ティー・エス 2011
  • 触媒調製ハンドブック
    エヌ・ティー・エス 2011
  • New Development of Biomass-refinery Catalytic Technology
    CMC Books 2011
  • Handbook of Catalyst Preparation
    NTS 2011
もっと見る
講演・口頭発表等 (66件):
  • メソポーラスシリカ担持白金触媒による低温エチレン酸化の反応解析
    (触媒討論会討論会A予稿集 2016)
  • YNbO<sub>4</sub>によるグルコースからのHMF合成
    (触媒討論会討論会A予稿集 2016)
  • アセチル基を保持したキチンの触媒的解重合
    (触媒討論会討論会A予稿集 2016)
  • メソポーラス有機シリカへの鉄錯体の固定化とアミノアルコール合成反応への応用
    (触媒討論会討論会A予稿集 2016)
  • ゼオライト触媒によるソルビトールとマンニトールの選択的脱水反応
    (触媒討論会討論会A予稿集 2016)
もっと見る
学歴 (2件):
  • 1982 - 1985 東京大学 工学系研究科 工業化学専攻
  • 1978 - 1982 東京大学 工学部 合成化学科
学位 (2件):
  • 工学博士 (東京大学)
  • Master of Engineering (The University of Tokyo)
経歴 (16件):
  • 2024/04 - 現在 北海道大学 触媒科学研究所 特任教授
  • 2015/10 - 2024/03 北海道大学 触媒科学研究所 教授
  • 2014/04 - 2024/03 北海道大学 総長補佐
  • 2007/04 - 2015/09 北海道大学 触媒化学研究センター 教授
  • 2010/04 - 2014/03 北海道大学 触媒化学研究センター センター長
全件表示
委員歴 (7件):
  • 2016/07 - 現在 国際触媒学会(IACS) Officer
  • 2021/03 - 2023/02 公益社団法人日本化学会 理事
  • 2018/05 - 2019/05 一般社団法人触媒学会 会長
  • 2012/07 - 2016/07 国際触媒学会 評議員
  • 2012/03 - 2013/07 第16回均一系不均一系触媒国際会議 組織委員長
全件表示
受賞 (11件):
  • 2024/04 - 文部科学省 文部科学大臣表彰科学技術賞 固体触媒によるセルロース系バイオマスの解重合の研究
  • 2023/03 - 公益社団法人日本化学会 第75回日本化学会賞 セルロース系バイオマスの解重合と青果物鮮度保持のための固体触媒の開発
  • 2022/05 - 公益社団法人石油学会 学会賞 セルロース・キチンの触媒変換による有用化学品合成に関する先導的研究
  • 2020/09 - 井上春成賞委員会 井上春成賞 青果物鮮度保持用プラチナ触媒の開発
  • 2017/01 - 北海道大学 研究総長賞優秀賞
全件表示
所属学会 (6件):
アメリカ化学会 ,  石油学会 ,  ゼオライト学会 ,  触媒学会 ,  日本化学会 ,  American Chemical Society
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る