研究者
J-GLOBAL ID:200901093983719356   更新日: 2020年09月01日

桑島 邦博

クワジマ クニヒロ | Kuwajima Kunihiro
所属機関・部署:
職名: 教授
その他の所属(所属・部署名・職名) (1件):
  • (旧所属)自然科学研究機構/分子科学研究所  教授
研究分野 (4件): 分子生物学 ,  生物物理学 ,  構造生物化学 ,  生物分子化学
研究キーワード (4件): NMR ,  ストップトフロー法 ,  分子シャペロン ,  蛋白質フォールディング
競争的資金等の研究課題 (9件):
  • 2016 - 2020 速度データと天然構造の相関解析による蛋白質フォールディングの遷移状態の研究
  • 2013 - 2016 速度データの相関解析に基づく非二状態蛋白質のフォールディング機構研究
  • 2008 - 2013 シャペロニンの構造揺らぎとフォールディング介助機能
  • 2008 - 2011 シャペロニンGroELの第二のATP結合部位とその機能的役割
  • 2003 - 2009 水と生体分子が織り成す生命現象の化学に関する研究の総括
全件表示
論文 (36件):
  • Shimizu M, Kajikawa Y, Kuwajima K, Dobson CM, Okamoto Y. Determination of the structural ensemble of the molten globule state of a protein by computer simulations. Proteins. 2019. 87. 8. 635-645
  • Cheng Q, Joung I, Lee J, Kuwajima K, Lee J. Exploring the Folding Mechanism of Small Proteins GB1 and LB1. Journal of chemical theory and computation. 2019. 15. 6. 3432-3449
  • Manavalan B, Kuwajima K, Lee J. PFDB: A standardized protein folding database with temperature correction. Scientific reports. 2019. 9. 1. 1588
  • Koki Makabe, Takashi Nakamura, Debanjan Dhar, Teikichi Ikura, Shohei Koide, Kunihiro Kuwajima. An Overlapping Region between the Two Terminal Folding Units of the Outer Surface Protein A (OspA) Controls Its Folding Behavior. Journal of Molecular Biology. 2018. 430. 12. 1799-1813
  • Toshio Takenaka, Takashi Nakamura, Saeko Yanaka, Maho Yagi-Utsumi, Mahesh S. Chandak, Kazunobu Takahashi, Subhankar Paul, Koki Makabe, Munehito Arai, Koichi Kato, et al. Formation of the chaperonin complex studied by 2D NMR spectroscopy. PLOS ONE. 2017. 12. 10. e0187022
もっと見る
MISC (78件):
書籍 (7件):
  • Antitumor Complexes Formed by Oleic Acid and Molten Globule Intermediates of Proteins
    Springer, Tokyo, 2016 ISBN:9784431558408
  • Experimental and Simulation Studies of the Folding/Unfolding of Goat alpha-Lactalbumin
    Springer - Verlag, Berlin & Heiderberg, 2009
  • Equilibrium and kinetically observed molten globule states.(review)
    Wiley-VCH Verlag GmbH, Weinheim, 2005
  • The molten globule state : the physical picture and biological significance.
    In Mechanisms of protein folding(Second edition). Edited by Pain R. H. Oxford University Press, Oxford. 2000
  • Molten globule. (review)
    In Encyclopedia of Molecular Biology(Creighton, T. E. ed) John. Wiley & Sone, Inc. , New York. 1999
もっと見る
学位 (1件):
  • DSc (Hokkaido University)
経歴 (14件):
  • 2013 - 現在 東京理科大学 基礎工学部・生物工学科 非常勤講師(タンパク質構造論)
  • 2013 - 現在 韓国高等科学院(KIAS) 計算科学部 KIASスカラー
  • 2013 - 現在 総合研究大学院大学 名誉教授
  • 2013 - 現在 分子科学研究所 名誉教授
  • 2013 - 現在 東京大学 名誉教授
全件表示
委員歴 (8件):
  • 2010/04 - 2012/03 The Protein Science Society of Japan President
  • 2010/04 - 2012/03 日本蛋白質科学会 会長
  • 2009/04 - 2011/03 Japanese Biophysical Society Head of Chubu Branch
  • 2009/04 - 2011/03 日本生物物理学会中部支部 支部長
  • 2005/09 - 2008/08 The Protein Society Executive Council
全件表示
所属学会 (6件):
日本化学会 ,  日本物理学会 ,  蛋白質科学会(Protein Society) ,  日本蛋白質科学会 ,  日本生化学会 ,  日本生物物理学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る