研究者
J-GLOBAL ID:200901094726031595   更新日: 2020年09月02日

小野 克彦

オノ カツヒコ | Ono Katsuhiko
所属機関・部署:
職名: 准教授
ホームページURL (1件): https://ono.web.nitech.ac.jp
研究分野 (3件): 機能物性化学 ,  生物有機化学 ,  構造有機化学、物理有機化学
研究キーワード (7件): ホウ素化合物 ,  ナノチューブ ,  有機太陽電池 ,  有機半導体 ,  有機エレクトロニクス ,  超分子化学 ,  有機機能化学
競争的資金等の研究課題 (11件):
  • 2019 - 2022 有機薄膜太陽電池に最適化された非フラーレンn型半導体の新規モチーフ開発
  • 2015 - 2018 ホウ素錯体をクロモフォアとする太陽電池色素の高性能化
  • 2011 - 2014 ホウ素錯体による有機π電子系の機能化とn型半導体の開発
  • 2008 - 2011 環境に調和した有機トランジスタ作製プロセスの開発
  • 2007 - 2009 マクロサイクルによって形成される超分子ナノ構造体と高次機能の調査
全件表示
論文 (62件):
  • Yuki Sakura, Fumina Yumioka, Takashi Funaki, Katsuhiko Ono. Synthesis and Photovoltaic Properties of Boron β-Ketoiminate Dyes Forming a Linear Donor-π-Acceptor Structure. Chemistry-An Asian Journal. 2020. 15. 13. 1982-1989
  • Kengo Nishida, Katsuhiko Ono, Shin-ichiro Kato, Chitoshi Kitamura. Reductive methylation of triphthaloylbenzene: isolation and characterization of hexamethoxy-trinaphthylene and two unexpected trinaphthylene derivatives. Tetrahedron Letters. 2020. 61
  • Koichiro Moriya, Ryohei Shimada, Katsuhiko Ono. Difluoroboron Chelation to Quinacridonequinone: A Synthetic Method for Air-Sensitive 6,13-Dihydroxyquinacridone via Boron Complexes. Chemistry-An Asian Journal. 2019. 14. 9. 1452-1456
  • Tasuku Honda, Masaya Nagahara, Naohiro Taka, Jun-ichi Nishida, Takeshi Kawase, Katsuhiko Ono, Takashi Kobayashi, Hiroyoshi Naito, Chitoshi Kitamura. Synthesis and Characterization of Soluble Directly 2,2′-Linked Tetracene Dimer. European Journal of Organic Chemistry. 2018. 11. 2107-2114
  • Masahiro Tsuchikawa, Aya Takao, Takashi Funaki, Hideki Sugihara, Katsuhiko Ono. Multifunctional organic dyes: anion-sensing and light-harvesting properties of curcumin boron complexes. RSC ADVANCES. 2017. 7. 58. 36612-36616
もっと見る
MISC (2件):
  • 小野 克彦. ホウ素元素をいかに利用するか?-有機ホウ素錯体の研究動向. 化学. 2019. 74. 9. 70-71
  • 小野克彦. 有機化学者が挑む「水」の化学. ごきそ. 2013. 455. 9-12
書籍 (2件):
  • 光合成研究と産業応用最前線
    株式会社 エヌ・ティー・エス 2014 ISBN:9784860434120
  • 有機エレクトロニクスの展開 ~最新開発状況と実用化への課題~
    株式会社情報機構 2007 ISBN:9784901677851
講演・口頭発表等 (138件):
  • 直線形ドナー-π-アクセプタ構造を与えるボロンβ-ケトイミネート色素の合成と太陽電池特性
    (日本化学会第100春季年会 (2020) 2020)
  • ボロンβ-ケトイミネート化合物を用いた分子集合体の作製と物性
    (日本化学会第100春季年会 (2020) 2020)
  • Synthetic method for 6,13-dihydroxyquinacridone via difluoroboron chelation to quinacridonequinone
    (3nd FRIMS International Symposium on Frontier Materials 2019)
  • Solid-state electronic properties based on assembly of 4,4’-bis[(6,6’-diphenyl)-2,2-difluoro-1,3,2-dioxaborine]
    (3nd FRIMS International Symposium on Frontier Materials 2019)
  • Synthesis, photoluminescence properties, and crystal structures of 2,5-diaryl-N-Boc-pyrroles
    (3nd FRIMS International Symposium on Frontier Materials 2019)
もっと見る
Works (2件):
  • 新聞発表:化学工業日報
    2008 -
  • 新聞発表:中日新聞
    2006 -
委員歴 (1件):
  • 2018/03 - 2020/02 日本化学会 東海支部常任幹事
受賞 (1件):
  • 2009/11/25 - - 名古屋工業大学職員褒賞(優秀賞)
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る