研究者
J-GLOBAL ID:200901096003660465   更新日: 2020年06月08日

永松 朝文

ナガマツ トモヒサ | Nagamatsu Tomohisa
所属機関・部署:
その他の所属(所属・部署名・職名) (1件):
研究分野 (5件): 薬系化学、創薬科学 ,  薬系化学、創薬科学 ,  生体化学 ,  機能物性化学 ,  生物分子化学
研究キーワード (13件): コンピューター化学 ,  バイオミメティック反応 ,  抗生物質 ,  核酸化学 ,  創薬 ,  生物活性物質 ,  Computer drug design ,  biomimetic reaction ,  antibiotics ,  Nucleic acid ,  Medicinal Chemistry ,  Bioactive Material ,  Organic Chemistry
競争的資金等の研究課題 (14件):
  • 2002 - 多官能基を有する7-アザプテリジン系抗生物質類縁化合物の合成と反応性及び機能と生物活性分子設計
  • 2002 - Synthesis of Polyfunctional Antibiotics and Molecular Design of Biological Active Compounds Possessing 7-Azapteridine Rig System.
  • 2000 - フラビン関連化合物の合成と生物活性
  • 2000 - 多様性生理活性及び抗腫瘍活性を有するプテリジン及びデアザプテリジン混成ステロイド類の合成と分子設計
  • 2000 - Synthesis and biological activity of flavin and its related compounds
全件表示
MISC (179件):
特許 (47件):
書籍 (4件):
  • ヘテロ環の化学ー医薬品の基礎ー改定版
    化学同人 2009 ISBN:9784759809053
  • Chemistry of Heterocycles - Foundation of the Medical Supplies - Revised Edition
    Kagakudojin 2009 ISBN:9784759809053
  • ヘテロ環の化学ー医薬品の基礎ー
    化学同人 2002
  • Chemistry of Heterocycles - Foundation of the Medical Supplies -
    Kagakudojin 2002
講演・口頭発表等 (95件):
  • 9-Aza-5-deazaflavin類の合成とそれらのoxazolo[4,5-b][1,8]naphthyridine類への環変換反応
    (日本薬学会第131年会 2012)
  • In Silico Search and Syntheis of Flavin Analogs as Protein Kinase Inhibitors and Antitumor Activities
    (BIT’s 9th Annual Congress of International Drug Discovery Science and Technology (IDDST-2011) 2011)
  • 抗腫瘍活性分子設計を志向したpyrimido[4,5-b][1,8]naphthylidine-2,4(3H,10H)-dione類の合成とそれらのoxazolo[4,5-b][1,8]naphthyridin-2(4H)-one類への環変換反応
    (第41回複素環化学討論会 2011)
  • SYNTHESIS AND MOLECULAR DOCKING STUDY OF 6,7-DIHYDRO-5H-PYRAZOLO[4,3-E][1,2,4]TRIAZOLO[1,5-C]PYRIMIDIN-5-ONES AS POTENT XO INHIBITORS
    (4th International Symposium on Advances in Synthetic and Medicinal Chemistry (ASMC 2011) 2011)
  • Synthesis of Deazaflavin-Steroid Hybrid Compounds for Biologically Significant Molecules such as Anti-coccidium and Antitumor Agents
    (23rd International Congress on Heterocyclic Chemistry (ICHC-23) 2011)
もっと見る
Works (82件):
  • がん幹細胞を標的とした化学療法及び放射線療法のPARG阻害剤による効果増強法の実用化研究
    2012 - 2013
  • がん幹細胞を標的とした化学療法及び放射線療法のPARG阻害剤による効果増強法の実用化研究
    2011 - 2012
  • ピリミジン融合ステロイド類の合成法開発と各種感染症治療薬探索
    2010 - 2011
  • ピリミジン融合ステロイド類の合成法開発と各種感染症治療薬探索
    2010 - 2011
  • 抗腫瘍活性フラビン類縁体の分子設計とコンピューター支援ソフト利用酵素阻害様式
    2010 - 2011
もっと見る
学歴 (4件):
  • - 1979 オ-ストラリア国立大学大学院 ジョン・カ-ティン医学研究所 医化学
  • - 1979 (The Australian National University, The John Curtin School of Medical Research) Medical chemistry
  • - 1974 熊本大学 薬学専攻
  • - 1974 熊本大学
学位 (2件):
  • Ph.D. (オーストラリア国立大学)
  • 薬学修士 (熊本大学)
経歴 (14件):
  • 1989 - 2007 1989- 岡山大学 助教授 助教授
  • 1989 - 2007 Associate Professor,1989- Okayama University, Associate Professor
  • 2007 - - 岡山大学 准教授
  • 2007 - - Associate Professor,Okayama University
  • 1989 - 2004 岡山大学薬学部 助教授
全件表示
所属学会 (7件):
国際複素環化学会(International Society of Heterocyclic Chemistry) ,  生体機能関連化学部会 ,  日本化学会 ,  日本薬学会医薬化学部会 ,  有機合成化学協会 ,  日本薬学会 ,  The Pharmaceutical Society of Japan
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る