研究者
J-GLOBAL ID:200901097102444940   更新日: 2020年07月25日

井上 栄壮

イノウエ エイソウ | Inoue Eiso
所属機関・部署:
職名: 専門研究員
研究分野 (1件): 生態学、環境学
研究キーワード (7件): 分類 ,  ユスリカ ,  環境動態解析 ,  水圏環境保全 ,  湖沼 ,  河川 ,  環境指標生物
競争的資金等の研究課題 (2件):
  • 2010 - 2012 地域住民による琵琶湖沿岸の<生命賑わい>総合調査の方法論と具体的手法の確立
  • 2010 - 2012 外来種がすみにくく在来種がすみやすい琵琶湖岸修復のための実験的研究
論文 (21件):
  • Kanako Ishikawa, Hiroki Haga, Eiso Inoue, Syuhei Ban. Determining suitable submerged macrophyte biomass in terms of dissolved oxygen concentration and biodiversity in the South Basin of Lake Biwa, Japan (SPECIAL FEATURE : Ecological and limnological bases for management of overgrown macrophytes). Limnology. 2019. 20. 1. 69-82
  • 松崎慎一郎, 西廣淳, 山ノ内崇志, 森明寛, 蛯名政仁, 榎本昌宏, 福田照美, 福井利憲, 福本一彦, 後藤裕康, 萩原彩華, 長谷川裕弥, 五十嵐聖貴, 井上栄壮, 神谷宏, 金子有子, 小日向寿夫, 紺野香織, 松村俊幸, 三上英敏, 森山充, 永田貴丸, 中川圭太, 大内孝雄, 尾辻裕一, 小山信, 榊原靖, 佐藤晋一, 佐藤利幸, 清水美登里, 清水稔, 勢村均, 下中邦俊, 戸井田伸一, 吉澤一家, 湯田達也, 渡部正弘, 中川惠, 高村典子. 陸水域における生物多様性モニタリング 調査報告 純淡水魚と水生植物を指標とした湖沼の生物多様性広域評価の試み. 保全生態学研究. 2016. 21. 2. 155-165
  • Eiso Inoue, Goro Kimura, Kimio Hirabayashi. Downstream drift of suspended matter and macroinvertebrates swept by a riverbed leveling work in the middle reaches of the Shinano River Japan. Japanese Journal of Environmental Entomology and Zoology. 2011. 22. 1. 11-16
  • Eiso Inoue, Goro Kimura, Kimio Hirabayashi. Distribution of benthic insects in riffle/pool habitat in the middle reaches of the Shinano River, Japan, with emphasis on Trichoptera. Japanese Journal of Environmental Entomology and Zoology. 2011. 22. 1. 17-22
  • 大高 明史, 神山 智行, 長尾 文孝, 工藤 貴史, 小笠原 嵩輝, 井上 栄壮. 津軽十二湖湖沼群・越口の池湖群における湖水循環と底生動物の深度分布. 陸水學雜誌. 2010. 71. 2. 113-127
もっと見る
MISC (30件):
  • 古田世子, 池田将平, 萩原裕規, 一瀬諭, 井上栄壮. 琵琶湖沿岸域における湖底環境の変化について. 日本水処理生物学会誌 別巻. 2018. 38. 49
  • 古田世子, 井上栄壮, 萩原裕規, 池田将平, 一瀬諭. 養浜事業が琵琶湖沿岸の底質環境に与える影響について II. 日本水環境学会シンポジウム講演集. 2018. 21st. 34
  • 一瀬諭, 古田世子, 池田将平, 中村光穂, 井上栄壮. 動・植物プランクトン相に及ぼす底泥の影響評価. 日本水環境学会年会講演集. 2018. 52nd. 7
  • 井上栄壮, 古田世子, 一瀬諭, 中村光穂, 池田将平, 萩原裕規. 琵琶湖岸の養浜施工場所における底生動物の変動. 日本陸水学会大会講演要旨集. 2018. 83rd. ROMBUNNO.P.18
  • 古田世子, 井上栄壮, 中村光穂, 池田将平, 一瀬諭. 養浜事業が琵琶湖沿岸の底質環境に与える影響. 日本水環境学会シンポジウム講演集. 2017. 20th. 48
もっと見る
書籍 (1件):
  • 生態学(原著第三版)個体・個体群・群集の科学
    2003
講演・口頭発表等 (10件):
  • Towards application of aquatic insect silk for water purification in rivers: seasonal change in adult abundance of selected taxa
    (Proceedings of the 2nd International Student Joint Symposium on High-Tech Fiber Engineering 2008 2008)
  • Seasonal abundance of net-spinning caddisfly, Stenopsyche marmorata (Trichoptera: Stenopsychidae), in the middle reaches of the Shinano River, Japan
    (Proceedings of the 2nd International Student Joint Symposium on High-Tech Fiber Engineering 2008 2008)
  • Seasonal abundance of adult caddisfly (Trichoptera) in the middle reaches of the Shinano River in Central Japan
    (Proceedings of the 6th International Conference on Urban Pests, Budapest, Hungary 2008)
  • Chironomids (Diptera: Chironomidae) attracted to vending machines in the middle reaches of the Shinano River,Japan
    (Proceedings of the 6th International Conference on Urban Pests, Budapest, Hungary 2008)
  • Species microdistribution of larval Chironomidae (Diptera) on riverbed cobbles at riffles: a quantification using artificial substrates
    (Abstract CD of the 30th Congress of the International Association of Theoretical and Applied Limnology, Montreal 2007)
もっと見る
学歴 (4件):
  • - 2005 広島大学 生物圏科学研究科 生物資源開発学専攻
  • - 2003 京都大学 理学研究科 生物科学(動物学)専攻
  • - 1997 広島大学 生物圏科学研究科 生物生産学専攻
  • - 1995 広島大学 生物生産学部 生物生産学科
学位 (2件):
  • 博士(農学) (広島大学)
  • 博士(学術) (信州大学)
委員歴 (1件):
  • 2011/04 - 2012/12 日本陸水学会 広報幹事
所属学会 (1件):
日本陸水学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る