研究者
J-GLOBAL ID:201001067822996520   更新日: 2020年10月01日

古田 寛

フルタ ヒロシ | FURUTA Hiroshi
所属機関・部署:
職名: 教授
ホームページURL (2件): http://hiroshifuruta.wordpress.comhttp://hiroshifuruta.wordpress.com
研究分野 (7件): 無機材料、物性 ,  プラズマ応用科学 ,  光工学、光量子科学 ,  電子デバイス、電子機器 ,  電気電子材料工学 ,  薄膜、表面界面物性 ,  ナノ構造物理
研究キーワード (10件): 熱工学 ,  メタマテリアル ,  応用光学・量子光工学 ,  カーボンナノチューブ ,  電子物性 ,  薄膜工学 ,  Thin Film Devices ,  Thin Film ,  CVD ,  Carbon nanotube
競争的資金等の研究課題 (7件):
  • 2020 - 2023 カーボンナノチューブメタネットワークの基礎研究
  • 2017 - 2020 カーボンナノチューブフォレスト熱メタマテリアル
  • 2012 - 2015 カーボンナノチューブを用いた酸化亜鉛電極高効率色素増感太陽電池の開発
  • 2012 - 2015 カーボンナノチューブフォレスト構造体による光学応答メタマテリアルの実証
  • 2011 - 2012 短尺高密度カーボンナノチューブによるメタマテリアル配線
全件表示
論文 (124件):
  • Adam Pander, Takatsugu Onishi, Akimitsu Hatta, Hiroshi Furuta. Study of self-organized structure in carbon nanotube forest by fractal dimension and lacunarity analysis. Materials Characterization. 2020. 160. 110086
  • Adam Pander, Keisuke Takano, Akimitsu Hatta, Makoto Nakajima, Hiroshi Furuta. Shape-dependent infrared reflectance properties of CNT forest metamaterial arrays. Optics Express. 2020. 28. 1. 607-625
  • A. Hatta, V. Gamaleev, J. S. Oh, H. Furuta. Microplasma discharge in deionized water and artificial seawater. International Journal of Plasma Environmental Science and Technology. 2019. 13. 1. 1-6
  • Analysis of the Preheating Phase of Micro-Arc Discharge in Seawater, Operated Using a Needle-to-Plane Electrode with Variation in the Tip Shape. Plasma. 2019. 2. 3. 303-315
  • Vladislav Gamaleev, Hiroshi Furuta, Akimitsu Hatta. Atomic Emission Spectroscopy of Microarc Discharge in Sea Water for On-Site Detection of Metals. IEEE Transactions on Plasma Science. 2019. 47. 4. 1841-1850
もっと見る
MISC (22件):
  • 李 朝陽, 古田 寛. 海外 InternLAB 活動報告. 高知工科大学紀要. 2018. 15. 1. 137-145
  • 新田 紀子, 李 朝陽, 川原村 敏幸, 八田 章光, 古田 寛, 呉 準席, 古田 守, 王 大鵬, 前田 敏彦, 小廣 和哉, et al. 総合研究所ナノテクノロジー研究センターのアクティビティレポート2014. 高知工科大学紀要. 2015. 12. 1. 139-153
  • 新田 紀子, 李 朝陽, 川原村 敏幸, 八田 章光, 古田 寛, 呉 準席, 古田 守, 王 大鵬, 百田 佐多生. ナノテクノロジー研究所のアクティビティレポート2013. 高知工科大学紀要. 2014. 11. 1. 241-256
  • 新田 紀子, 李 朝陽, 川原村 敏幸, 八田 章光, 古田 寛, 古田 守, 王 大鵬, 小廣 和哉, 王 鵬宇, 百田 佐多生. ナノテクノロジー研究所のアクティビティレポート2012. 高知工科大学紀要. 2013. 10. 1. 129-142
  • 古田 寛, 川原村 敏幸, 古田 守, 松田 時宜, 李 朝陽, 平尾 孝. カーボンナノチューブパターン化エミッタと電子放出デバイス応用. 電気学会研究会資料. EDD, 電子デバイス研究会. 2011. 2011. 1. 57-60
もっと見る
特許 (55件):
書籍 (2件):
  • イオン工学ハンドブック ナノテクノロジーへの道を拓く 薄膜合成・加工・イオン注入・表面改質・デバイス応用・マイクロマシン等
    イオン工学研究所 / 日刊工業新聞社 2004 ISBN:4526053805
  • EPR in the 21st Century : Basics and Applications to Material, Life and Earth Sciences
    Elsevier Science Ltd 2002 ISBN:9780444509734
講演・口頭発表等 (124件):
  • Nano-carbon materials for energy and metamaterials applications
    (The 6th International Conference on Nano Science and Nanotechnology (ICNST2019) 2019)
  • CNT forest metamaterials -Precise control of geometry and structure
    (2019)
  • 窒素シースガス流への微量酸素添加によるRONS生成制御
    (応用物理学会春季学術講演会講演予稿集(CD-ROM) 2019)
  • Ar/水エタノール混合蒸気大気圧プラズマによるポリテトラフルオロエチレンの表面改質
    (応用物理学会春季学術講演会講演予稿集(CD-ROM) 2019)
  • Reflectance of High-density and Vertically Aligned Carbon Nanotube Forest Metamaterials
    (プラズマプロセシング研究会プロシーディングス(CD-ROM) 2019)
もっと見る
学歴 (4件):
  • 1996 - 1999 大阪大学 物理学専攻博士課程後期
  • 1994 - 1996 大阪大学 物理学専攻博士課程前期
  • 1990 - 1994 大阪大学 物理学科
  • 1987 - 1990 修道高等学校
学位 (3件):
  • 博士(理学) (大阪大学)
  • 修士(理学) (大阪大学)
  • 学士 (大阪大学)
経歴 (13件):
  • 2019/08 - 現在 高知工科大学 総合研究所 ナノテクノロジー研究センター 教授
  • 2019/08 - 現在 高知工科大学システム工学群 電子光システム工学教室 教授
  • 2011/01 - 2019/07 高知工科大学総合研究所 准教授
  • 2011/01 - 2019/07 高知工科大学システム工学群 電子光システム工学教室 准教授
  • 2008/04 - 2010/12 高知工科大学 ナノデバイス研究所 講師
全件表示
委員歴 (4件):
  • 2013/04 - 現在 応用物理学会中国四国支部 支部幹事
  • 2019/04 - 2019/07 2019年度 応用物理・物理系学会合同学術講演会 現地実行委員(庶務)
  • 2010 - 応用物理学会中国四国支部2010年度支部学術講演会 プログラム委員
  • 1994 - 1996 ESR応用計測研究会 事務局
受賞 (4件):
  • 2010/08 - AIP/APS Selected for the August 16, 2010 issue of Virtual Journal of Nanoscale Science & Technology Simulation study of the in-plane type triode carbon nanotube emitter
  • 2010 - 薄膜材料デバイス研究会 ベストペーパーアワード ZnO薄膜蛍光体の形成とその発光中心導入過程
  • 2006 - Society for Information Display (SID) Distinguished Contributed Paper Award "High mobility top-gate ZnO-TFTs for AMLCDs", T. Hirao et al.,
  • 2006 - IDW Outstanding Poster Paper Award, The 13th International Display Workshops (IDW'06) "Low Temperature Synthesis of SiO2 Insulator by ICPCVD Using Tetramethylsilane", H. Furuta et al.
所属学会 (5件):
光学会 ,  日本MRS ,  フラーレン・ナノチューブ・グラフェン学会 ,  ESR応用計測研究会 ,  応用物理学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る