{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201102256920213990   整理番号:11A0945647

照射された生鮮果実パパイヤの迅速ESR検知法

A Rapid Detection for Irradiated Fresh Papayas Using ESR Spectroscopy
著者 (4件):
資料名:
巻: 60  号:ページ: 163-171 (J-STAGE)  発行年: 2011年
JST資料番号: G0494A  ISSN: 0033-8303  CODEN: RAISAB  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: 日本 (JPN)  言語: 日本語 (JA)
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
本論文では,電子スピン共鳴(ESR)法を用いて,照射により生パパイヤに誘起されたラジカルの直接的検出を報告する。本法は,生鮮果実のラジカル測定で凍結乾燥処理を要しないため,これまでより迅速に検出できる。フィリピン産の生パパイヤをγ線照射し,その果肉と果皮を液体窒素温度(77K)でESR測定した。測定条件を最適化することで,生のパパイヤからg=2.000を中心とする1本線のメインピークと一対のサイドピークを検出することができた。更に,果肉の凍結乾燥検体のサイドピークでは,照射2週間後でも照射・非照射の識別が可能であった。したがって,照射された生鮮果実を対象としたESR法では,最初に,果肉を用いて液体窒素温度で測定して簡易判別を行い,次の段階では,凍結乾燥検体を用いて常温で判別する検知スキームが有効であると考えられる。(著者抄録)
シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

準シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

分類 (1件):
分類
JSTが定めた文献の分類名称とコードです
食品照射 
引用文献 (14件):
もっと見る
タイトルに関連する用語 (4件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る