研究者
J-GLOBAL ID:201201042360081840   更新日: 2020年01月18日

河村 暁文

カワムラ アキフミ | KAWAMURA,Akifumi
所属機関・部署:
職名: 准教授
ホームページURL (2件): http://wps.itc.kansai-u.ac.jp/sentan/http://wps.itc.kansai-u.ac.jp/sentan/
論文 (24件):
  • Takashi Miyata;Akifumi Kawamura;Terumi Meotoiwa;Moritoshi Matsumoto;Tadashi Uragami. Synthesis of Novel Nucleobase-Terminated Organosilane and Its Self-Assembly on Substrate. Polymer Journal. 2012. 44(6), 625-631
  • Akifumi Kawamura;Yuta Hata;Takashi Miyata;Tadashi Uragami. Synthesis of glucose-responsive bioconjugated gel particles using surfactant-free emulsion polymerization. Colloids Surf. B: Biointerfaces. 2012. 99, 74-81
  • Atsushi Harada;Takeshi Kato;Akifumi Kawamura;Chie Kojima;Kenji Kono. Effect of Enzyme Modification by Well Defined Multi-armed Poly(ethylene glycol) Synthesized using Polyamidoamine Dendron. J. Biomater. Sci.: Polym. Ed. 2011. 22(12), 1551-1559
  • Akifumi Kawamura;Chie Kojima;Michihiro Iijima;Atsushi Harada;Kenji Kono. Polyion Complex Micelles Formed from Glucose Oxidase and Comb-Type Polyelectrolyte with Poly(Ethylene Glycol) Grafts. J. Polym. Sci. Part A: Polym. Chem. 2008. 46(11), 3842-3852
  • Atsushi Harada;Kunio Johnin;Akifumi Kawamura;Kenji Kono. Preparation of Temperature-Responsive Polymer Gels Physically Immobilizing Core-Shell Type Bioconjugates. J. Polym. Sci. Part A: Polym. Chem. 2007. 45(24), 5942-5948
もっと見る
特許 (5件):
  • 末端にアセタール基とp-ニトロフェニルカルボネート基を有するポリエチレンオキシド誘導体
  • 生体材料パターニング用樹脂基材およびその製造方法ならびに生体材料パターニング材およびその製造方法
  • ハイドロゲル及びその製造方法
  • 多刺激応答性物質およびその形態変更方法ならびに多刺激応答性分子
  • パターン基材およびその製造方法ならびにパターン形成用基材
書籍 (6件):
  • 生体分子応答性ゲルの創製
    機能材料 2012
  • 高分子修飾による酵素の機能化
    理工学と技術 2012
  • Biologically Stimuli-Responsive Hydrogels
    Intelligent Stimuli-Responsive Materials: From Well-Defined Nanostructures to Applications (ed. Q. Li) 2013
  • pH-Responsive Polymers
    Encyclopedia of Polymeric Nanomaterials, Springer-Verlag 2015
  • Biosensors
    Biomaterials Nanoarchitectonics, Elsevier 2016
もっと見る
講演・口頭発表等 (8件):
  • Design of Dual Stimuli-responsive Gel Particles as an Intracellular Delivery Vehicle
    (第36回日本バイオマテリアル学会大会 2014)
  • Design of Dual Stimuli-responsive Gel Particles as an Intracellular Delivery Vehicle
    (22nd Annual Meeting of Korean Society for Biomaterials 2014)
  • Design of Biologically Stimuli-responsive Gel Particles for Biomedical Applications
    (The 2015 International Symposium for Advanced Materials Research (ISAMR2015) 2015)
  • 生体内環境認識能を有する刺激応答性ゲル微粒子の設計とそのバイオ応用
    (第65回高分子学会年次大会 2016)
  • エマルションを利用した細胞内環境応答性なのトランスポーターの設計
    (27th Annual Meeting of MRS-Japan 2017 2017)
もっと見る
学歴 (3件):
  • - 2003 大阪府立大学 工学部 応用化学科
  • 2005 - 大阪府立大学 工学研究科 物質系
  • 2008 - 大阪府立大学 工学研究科 物質・化学系
学位 (1件):
  • 博士(工学)
経歴 (5件):
  • 2008/04/01 - 2011/02/28 東レ株式会社 先端融合研究所
  • 2011/03/01 - 2012/03/31 関西大学 先端科学技術推進機構 ポスト・ドクトラル・フェロー
  • 2012/04/01 - 2017/03/31 関西大学 化学生命工学部 化学・物質工学科 助教
  • 2018/09/08 - 2019/09/10 マサチューセッツ州立大学アマースト校 客員研究員
  • 2017/04/01 - 関西大学 化学生命工学部 化学・物質工学科 准教授
委員歴 (1件):
  • 2018/04/01 - 日本バイオマテリアル学会評議員
受賞 (3件):
  • 2014/11/06 - 日本バイオマテリアル学会・韓国バイオマテリアル学会 日韓バイオマテリアル学会若手研究者交流AWARD
  • 2006/07/21 - 高分子学会関西支部 第52回高分子研究発表会(神戸)エクセレントポスター賞
  • 2016/05/26 - 公益社団法人 高分子学会 高分子研究奨励賞
所属学会 (7件):
高分子学会 ,  日本化学会 ,  日本バイオマテリアル学会 ,  American Chemical Society ,  日本接着学会 ,  日本膜学会 ,  日本MRS
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る