研究者
J-GLOBAL ID:201201043719794887   更新日: 2021年05月30日

後藤 達彦

ゴトウ タツヒコ | Goto Tatsuhiko
所属機関・部署:
職名: 助教
ホームページURL (1件): https://sites.google.com/site/gotolabobihirouniv/
研究分野 (4件): 動物生産科学 ,  動物生産科学 ,  動物生産科学 ,  動物生産科学
研究キーワード (13件): 鶏卵メタボローム ,  鶏卵アミノ酸 ,  日本鶏 ,  産卵性 ,  Population Genomics ,  ゲノム ,  ストレス ,  QTL ,  従順性 ,  行動遺伝 ,  マウス ,  卵形質 ,  ニワトリ
競争的資金等の研究課題 (14件):
  • 2021 - 2024 集団ゲノミクスを用いた鶏卵成分に関するゲノム基盤の解明
  • 2020 - 2021 平飼い鶏卵の高付加価値化を目指した味と卵成分の評価
  • 2020 - 2021 ニワトリの卵黄成分に関する遺伝的基盤の解明
  • 2018 - 2021 日本鶏のもつ産卵性能に関わる遺伝子群の迅速同定
  • 2019 - 2020 様々なニワトリ品種が示す卵黄および卵白成分の多様性評価
全件表示
論文 (46件):
  • R. Ono, H. Miyachi, H. Usui, R. Oguchi, K. Nishimura, K. Takahashi, Y. Yamagishi, N. Kawamura, R. Matsushita, T. Goto. Phenotypic analysis of growth and morphological traits in miniature breeds of Japanese indigenous chickens. Journal of Poultry Science. 2021
  • M. I. Haqani, S. Nomura, M. Nakano, T. Goto, A. J. Nagano, A. Takenouchi, Y. Nakamura, A. Ishikawa, M. Tsudzuki. Mapping of Quantitative Trait Loci Controlling Egg-Quality and -Production Traits in Japanese Quail (Coturnix japonica) Using Restriction-Site Associated DNA Sequencing. Genes. 2021. 12. 5. 735-735
  • Y. Itoh, S. Iida, S. Tamura, R. Nagashima, K. Shiraki, T. Goto, K. Hibino, S. Ide, K. Maeshima. 1,6-hexanediol rapidly immobilizes and condenses chromatin in living human cells. Life Science Alliance. 2021. 4. e202001005
  • T. Goto, S. Shimamoto, M. Takaya, S. Sato, K. Takahashi, K. Nishimura, Y. Morii, K. Kunishige, A. Ohtsuka, D. Ijiri. Impact on genetic differences among various chicken breeds on free amino acid contents of egg yolk and albumen. Scientific Reports. 2021. 11. 2270
  • T. Goto, S. Shimamoto, A. Ohtsuka, D. Ijiri. Analyses of free amino acid and taste sensor traits in egg albumen and yolk revealed potential of value-added eggs in chickens. Animal Science Journal. 2021. 92. e13510
もっと見る
MISC (32件):
書籍 (1件):
  • 日本の養鶏、これまでとこれから-卵と肉、生産から食卓まで- 『シリーズ・いま日本の「農」を問う おもしろい!日本の畜産はいま 過去・現在・未来』
    ミネルヴァ書房 2015 ISBN:9784623073061
講演・口頭発表等 (53件):
  • Searching for genes underlying a variety of phenotypes using genetic resource of chickens.
    (The 265th Regulaer Open Seminar of Research Institute for Sustainable Humanosphere (RISH) in Kyoto University 2021)
  • 鶏卵の生産性および品質向上を目指したニワトリの集団ゲノム解析
    (スクラム十勝シンポジウム2019帯広市民大学講座・道民カレッジ連携講座『食と農に貢献する遺伝子データの活用』 2019)
  • ニワトリの卵成分に対する品種および飼料の効果
    (令和元年度高品質肉用鶏部会飼養管理分科会 2019)
  • Population genomics approach revealed signatures of selection in Langshan chicken
    (The 125th Annual Meeting of the Japanese Society of Animal Science 2019)
  • Signature of positive selection in Langshan chicken comparison with the Indonesian breed and red jungle-fowl.
    (50th Anniversary of the Neutral Theory of Molecular Evolution (SMBE 2018) 2018)
もっと見る
学歴 (3件):
  • 2008 - 2011 広島大学大学院 生物圏科学研究科 博士課程後期
  • 2006 - 2008 広島大学大学院 生物圏科学研究科 博士課程前期
  • 2002 - 2006 宮崎大学 農学部
学位 (1件):
  • 農学博士 (広島大学)
経歴 (5件):
  • 2016/10 - 現在 帯広畜産大学 グローバルアグロメディシン研究センター; 生命・食料科学研究部門 助教
  • 2017/05 - 2017/09 University of Wisconsin - Madison Department of Animal Sciences J-1 visiting scholar
  • 2016/04 - 2016/09 The University of Nottingham JSPS Postdoctoral Fellow for Research Abroad
  • 2013/05 - 2016/03 茨城大学 農学部 生物生産科学科 産学官連携コーディネーター(非常勤講師)
  • 2011/04 - 2013/04 情報・システム研究機構 新領域融合研究センター 融合プロジェクト特任研究員
委員歴 (5件):
  • 2021 - 現在 日本動物遺伝育種学会 理事(庶務)
  • 2020 - 現在 日本家禽学会評議員
  • 2018/04 - 現在 日本家禽学会 若手幹事会 幹事
  • 2016/10 - 現在 全日本大学対抗ミートジャッジング競技会実行委員会 実行委員
  • 2012/06 - 2019/03 日本畜産学会 若手企画委員
受賞 (9件):
  • 2020 - 財団法人 農学会 日本農学進歩賞 ニワトリの卵および成長形質を支配する遺伝的基盤の解明
  • 2019 - Japanese Society of Animal Science English Presentation Award Population genomics approach revealed signatures of selection in Langshan chicken
  • 2015 - 日本家禽学会 奨励賞 ニワトリの卵関連形質を支配する量的形質遺伝子座の解明
  • 2014 - 日本畜産学会 優秀発表賞 慢性社会的敗北ストレスがマウスの行動および血液生化学性状におよぼす影響
  • 2013 - 公益財団法人井上科学振興財団 第29回 井上研究奨励賞
全件表示
所属学会 (10件):
北海道畜産草地学会 ,  Society for Molecular Biology & Evolution ,  日本神経科学学会 ,  International Society for Animal Genetics ,  日本畜産学会 ,  日本動物遺伝育種学会 ,  日本家禽学会 ,  Society for Neuroscience ,  日本実験動物学会 ,  Poultry Science Association
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る