研究者
J-GLOBAL ID:201301057216444330   更新日: 2016年11月21日

吉江 由美子

Yumiko Yoshie-Stark
所属機関・部署:
職名: 教授
ホームページURL (1件): http://kaken.nii.ac.jp/d/r/40293097.ja.html
研究分野 (1件): 水産化学
研究キーワード (11件): 食品化学 ,  食品分析学 ,  海藻 ,  動物実験 ,  食物繊維 ,  ポリフェノール化合物 ,  細胞培養 ,  フラボノイド ,  ポリフェノール ,  脂質酸化 ,  カテキン
競争的資金等の研究課題 (8件):
  • 2010 - 2010 茶飲料の品質と容器の関連について
  • 2009 - 2009 産業化を考慮したワカメおよびコンブの高速塩漬方法の開発および該塩漬けで生じる塩水廃棄物の有効利用法の検討
  • 2007 - 2007 亜麻仁油搾りかすの有効利用
  • 2005 - 2006 水産加工物または水産加工残渣からの有用成分の検索
  • 2005 - 2005 ルピナス種子由来のタンパク質の栄養学的ならびに生理学的有効性に関する研究
全件表示
論文 (50件):
もっと見る
書籍 (7件):
  • 4.3.6. DNA damage induced by endogenous free radicals. & 4.3.7. Anti-oxidant and pro-oxidant properties of NO and flavonoids. 4.3. Role of oxidative stress in carcinogenesis, In “International Agencey for Research on Cancer Biennial Report 1996/1997”
    WHO 1997
  • DNA damage induced by reactive nitrogen species. In “Advances in DNA Damage and Repair”, Ed. by Dizdaroglu and Karakaya
    Kluwer Academic/Plenum Publishers 1999
  • DNA strand breakage induced by nitric oxide together with catecholamine: implications for neurodegenerative disease. In:“Free Radicals in Brain Pathophysiology”, Ed. By Poli G, Cadenas, E., and Packer, L.
    Marcel Dekker 2000
  • Polyphenolic compounds from seaweeds: distribution and their antioxidative effects. In “More Efficient Utilization of Fish and Fisheries Products”(Development in Food Science, Ed. by Sakaguchi, M.)
    Elsevier 2003
  • 「水産食品デザイン学;新製品と美味しさの創造」、渡邊悦生編著
    成山堂 2004
もっと見る
学歴 (1件):
  • - 1994 東京水産大学大学院博士(水産学)
委員歴 (3件):
  • 2005 - 2009 日本水産学会 広報委員
  • 1999 - 2002 日本水産学会編集委員
  • IFT Professional member
受賞 (1件):
  • 2001 - 日本水産学会奨励賞受賞
所属学会 (4件):
日本水産学会 ,  日本分析化学会 ,  日本食品科学工学会 ,  Institute of Food Technologists, IFT, USA
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る