研究者
J-GLOBAL ID:201301073435598003   更新日: 2021年10月27日

荒木 通啓

アラキ ミチヒロ | Araki Michihiro
所属機関・部署:
職名: 特定教授
競争的資金等の研究課題 (4件):
  • 2014 - 2017 酵素反応の選択性と多様性の情報解析
  • 2015 - 2016 バイオ合成パスウェイデータベース
  • 2014 - 2016 人工代謝経路のスコープの拡張
  • 2012 - 2014 人工代謝経路の設計基盤の構築
論文 (33件):
  • Vavricka Christopher J, Yoshida Takanobu, Kuriya Yuki, Takahashi Shunsuke, Ogawa Teppei, Ono Fumie, Agari Kazuko, Kiyota Hiromasa, Li Jianyong, Ishii Jun, et al. Mechanism-based tuning of insect 3,4-dihydroxyphenylacetaldehyde synthase for synthetic bioproduction of benzylisoquinoline alkaloids (vol 10, 2015, 2019). NATURE COMMUNICATIONS. 2019. 10. 1. 2336
  • Christopher J Vavricka, Takanobu Yoshida, Yuki Kuriya, Shunsuke Takahashi, Teppei Ogawa, Fumie Ono, Kazuko Agari, Hiromasa Kiyota, Jianyong Li, Jun Ishii, et al. Mechanism-based tuning of insect 3,4-dihydroxyphenylacetaldehyde synthase for synthetic bioproduction of benzylisoquinoline alkaloids. Nature communications. 2019. 10. 1. 2015-2015
  • Kiyotaka Y. Hara, Jyumpei Kobayashi, Ryosuke Yamada, Daisuke Sasaki, Yuki Kuriya, Yoko Hirono-Hara, Jun Ishii, Michihiro Araki, Akihiko Kondo. Transporter engineering in biomass utilization by yeast. FEMS YEAST RESEARCH. 2017. 17. 7
  • Christopher J. Vavricka, Chiaki Muto, Tomohisa Hasunuma, Yoshinobu Kimura, Michihiro Araki, Yan Wu, George F. Gao, Hiroshi Ohrui, Minoru Izumi, Hiromasa Kiyota. Synthesis of Sulfo-Sialic Acid Analogues: Potent Neuraminidase Inhibitors in Regards to Anomeric Functionality. SCIENTIFIC REPORTS. 2017. 7
  • Han-Hsiu Hsu, Michihiro Araki, Masao Mochizuki, Yoshimi Hori, Masahiro Murata, Prihardi Kahar, Takanobu Yoshida, Tomohisa Hasunuma, Akihiko Kondo. A Systematic Approach to Timeseries Metabolite Profiling and RNA-seq Analysis of Chinese Hamster Ovary Cell Culture. SCIENTIFIC REPORTS. 2017. 7
もっと見る
MISC (10件):
特許 (3件):
講演・口頭発表等 (14件):
  • 大腸菌における1,4-ブタンジオール人工生合成経路構築
    (日本農芸化学会2016年度大会 2016)
  • 代謝シミュレーション基盤を利用した網羅的メタボローム推定
    (日本薬学会第135年会 2015)
  • M-path: 拡張代謝パスウェイデータベースの構築
    (第37回日本分子生物学会年会 2014)
  • 時系列データを利用した遺伝子制御ネットワーク選択手法の開発
    (第3回生命医薬情報学連合大会 2014)
  • バイオプロセス合成経路データベース"M-path"の構築
    (第3回生命医薬情報学連合大会 2014)
もっと見る
学歴 (3件):
  • - 2001 京都大学大学院薬学研究科博士課程後期課程修了
  • - 1998 京都大学大学院薬学研究科修士課程修了
  • - 1996 京都大学大学院薬学部卒業
学位 (2件):
  • 修士(薬学) (京都大学)
  • 博士(薬学) (京都大学)
経歴 (5件):
  • - 現在 京都大学大学院医学研究科 特定教授
  • - 2017/03 神戸大学大学院科学技術イノベーション研究科 特命准教授
  • - 2013/02 京都大学大学院薬学研究科 特定准教授
  • - 2008/08 東京大学医科学研究所 助教
  • - 2003/10 ボストン大学生物医工学部 Research Associate
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る