{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201302291808565195   整理番号:13A0821972

比内鶏の14週齢体重における選抜反応と遺伝率の推定

Response to Selection and Estimation of Heritability for Body Weight at 14 Weeks of Age in Hinai-dori Chickens
著者 (6件):
資料名:
巻: 50  号: J1  ページ: J16-J21  発行年: 2013年04月25日
JST資料番号: L4728A  ISSN: 0029-0254  CODEN: NKKGAB  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: 日本 (JPN)  言語: 日本語 (JA)
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
14週齢体重を指標として選抜された比内鶏集団における雄728個体,雌1,676個体を用いて,過去5年間における選抜反応を調べるとともに,遺伝率を推定した。4世代にわたる家系内選抜の結果,比内鶏集団の14週齢体重は世代の経過に伴って増加し,その選抜反応は雄が264g,雌が179gであった。最終世代における14週齢体重は雄が2,521g,雌が1,930gとなり,14週齢体重の世代に対する直線回帰係数はそれぞれ51.8g/年,35.8g/年となった。集団全体の育種価の世代に対する直線回帰係数は35.1g,/年となり,有意に増加した(P<0.01)。REML法による14週齢体重における遺伝率は0.45と推定された。また,体重選抜による他形質に対する悪影響は認められなかった。以上の結果から,比内鶏集団の14週齢体重は今後も選抜による育種改良が可能であると推察された。(著者抄録)
シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

準シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

分類 (2件):
分類
JSTが定めた文献の分類名称とコードです
鶏  ,  飼育動物の育種 
タイトルに関連する用語 (5件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る