研究者
J-GLOBAL ID:201401027686642996   更新日: 2024年04月27日

吉見 一人

ヨシミ カズト | Yoshimi Kazuto
所属機関・部署:
職名: 准教授
研究分野 (2件): ゲノム生物学 ,  実験動物学
研究キーワード (6件): マウス ,  疾患モデル ,  ゲノムヒト化 ,  ラット ,  ゲノム編集 ,  CRISPR/Cas
競争的資金等の研究課題 (13件):
  • 2023 - 2028 Type I CRISPR ゲノム編集機構の解明に基づく新規遺伝子編集法の開発
  • 2022 - 2025 安全かつ効率的なCas3ゲノム編集ツール開発に資する機能構造相関研究
  • 2022 - 2025 過去の細胞状態の記録による神経炎症ミクログリアの時空間的解析
  • 2022 - 2024 時空間制御CRISPR-Cas3の開発および生体内ゲノム改変への応用
  • 2019 - 2022 日本発ゲノム編集ツールによるin vivoゲノム改変研究
全件表示
論文 (36件):
  • Ryuya Iida, Saeko Ishida, Jinxi Wang, Kosuke Hattori, Kazuto Yoshimi, Satoshi Yamazaki, Tomoji Mashimo. A novel Kit mutant rat enables hematopoietic stem cell engraftment without irradiation. Experimental hematology. 2024. 132. 104174-104174
  • Masayuki Mori, Jian Dai, Hiroki Miyahara, Ying Li, Xiaojing Kang, Kazuto Yoshimi, Tomoji Mashimo, Keiichi Higuchi, Kiyoshi Matsumoto. Cyba and Nox2 mutant rats show different incidences of eosinophilia in the genetic background- and sex-dependent manner. Experimental animals. 2023. 72. 2. 233-241
  • Kazuto Yoshimi, Tomoji Mashimo. Genome editing technology and applications with the type I CRISPR system. Gene and Genome Editing. 2022. 3-4. 100013-100013
  • Jun-Ya Kaimori, Yamato Kikkawa, Daisuke Motooka, Tomoko Namba-Hamano, Ayako Takuwa, Atsuko Imai-Okazaki, Kaori Kobayashi, Arisa Tanigawa, Yuko Kotani, Yoshihiro Uno, et al. A heterozygous LAMA5 variant may contribute to slowly progressive, vinculin-enhanced familial FSGS and pulmonary defects. JCI insight. 2022. 7. 23
  • Kazuto Yoshimi, Kohei Takeshita, Noriyuki Kodera, Satomi Shibumura, Yuko Yamauchi, Mine Omatsu, Kenichi Umeda, Yayoi Kunihiro, Masaki Yamamoto, Tomoji Mashimo. Dynamic mechanisms of CRISPR interference by Escherichia coli CRISPR-Cas3. Nature communications. 2022. 13. 1. 4917-4917
もっと見る
MISC (32件):
  • 吉見一人. タイプI CRISPRを用いたゲノム編集技術. 生化学. 2023. 95. 6. 818-822
  • 吉見 一人, 真下 知士. 【遺伝を考える】(III章)遺伝子操作とゲノム医療 CRISPR-Casシステム ゲノム編集と医療への応用. 日本医師会雑誌. 2023. 152. 特別1. S194-S197
  • 吉見一人, 真下 知士. ゲノム編集ラットの作製と遺伝子治療研究への応用. 遺伝子治療開発研究ハンドブック第2版. 2023. 100-104
  • 渡辺 祥司, 吉見 一人, 真下 知士. 【真の実臨床応用をめざした再生医療2023 リバーストランスレーショナルリサーチのいまと産業化のための技術開発】(第5章)ブレイクスルーとなる基礎的知見と課題 CRISPR-Cas3システムによるゲノム編集 国産ゲノム編集技術の再生医療への挑戦. 実験医学. 2023. 41. 2. 331-337
  • 吉見 一人, 真下 知士. 国産ゲノム編集技術CRISPR-Cas3 遺伝子治療、診断への応用. 再生医療. 2022. 21. 2. 88-91
もっと見る
特許 (9件):
もっと見る
書籍 (9件):
  • 国産ゲノム編集技術CRISPR-Cas3の特徴とCRISPR診断への応用
    最新のゲノム編集技術と用途展開 2021
  • ラット受精卵でのゲノム編集
    実験医学別冊 完全版 ゲノム編集実験スタンダード 2019
  • 疾患モデルマウス, ラット、医療応用をめざすゲノム編集
    株式会社 化学同人 2018
  • ゲノム編集概説 - 基礎技術として利用されるCRISPR/Cas9 - 、アンチ・エイジング医学
    メディカルレビュー社 2018
  • さまざまなマウス系統 遺伝的多様性と表現型への影響、実験医学別冊 マウス表現型解析スタンダード(伊川正人,高橋 智,若菜茂晴/編)
    実験医学別冊 羊土社 2016
もっと見る
講演・口頭発表等 (68件):
  • Type I CRISPR-Cas3システムを用いたゲノム編集技術
    (第46回日本分子生物学会年会 2023)
  • CRISPR-Cas3とは何者?どのようにして使えるのか?
    (第46回日本分子生物学会年会バイオテクノロジーセミナー 2023)
  • Genome editing technology and applications with the type I-E CRISPR system
    (JAACT 2023 2023)
  • Development of a novel genome editing tool, Type I-E CRISPR, and its application in experimental animals
    (9th Asian Federation of Laboratory Animal Science Associations Congress 2023 2023)
  • Molecular mechanism of type I-E CRISPR-Cas3 mediated DNA breaks and its application to genome editing in zygotes
    (Genome Engineering: CRISPR Frontiers 2023 at Cold Spring Harbor Laboratory 2023)
もっと見る
学歴 (2件):
  • 2008 - 2013 京都大学大学院 医学研究科
  • 2004 - 2008 京都大学 農学部応用生命科学科
経歴 (6件):
  • 2024/01 - 現在 東京大学 医科学研究所 准教授
  • 2019/11 - 2023/12 東京大学 医科学研究所 講師
  • 2020/10 - 2021/10 ETH Zurich, Molecular Health Sciences Visiting researcher
  • 2017/04 - 2019/10 大阪大学 医学系研究科 助教
  • 2015/04 - 2017/03 国立遺伝学研究所 助教
全件表示
委員歴 (6件):
  • 2022/07 - 現在 日本ゲノム編集学会 医学応用委員
  • 2020/07 - 現在 日本ゲノム編集学会 庶務幹事
  • 2016/07 - 現在 日本ゲノム編集学会 広報委員
  • 2023 - 2023 第8回日本ゲノム編集学会 プログラム委員
  • 2023 - 2023 第70回日本実験動物学会総会 プログラム委員
全件表示
受賞 (6件):
  • 2022/06 - 日本ゲノム編集学会第7回大会 ポスター優秀賞 タイプI-E CRISPR-Cas3による標的二本鎖DNA切断機構の解明
  • 2018/02 - 第9回武田科学振興財団薬科学シンポジウム 優秀ポスター賞
  • 2017/09 - 大阪大学医学系第9回若手研究フォーラム ベストプレゼンテーション賞
  • 2015/05 - 第27回日本実験動物学会 奨励賞
  • 2012/09 - Chinese Association for Laboratory Animal Science International Award for Young Scientists
全件表示
所属学会 (5件):
日本ゲノム編集学会 ,  関西実験動物研究会 ,  日本分子生物学会 ,  日本実験動物学会 ,  日本遺伝学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る