研究者
J-GLOBAL ID:201401033119657400   更新日: 2020年07月15日

喜納 裕美

キノウ ヒロミ | Kinoh Hiromi
所属機関・部署:
その他の所属(所属・部署名・職名) (2件):
ホームページURL (1件): http://kaken.nii.ac.jp/d/r/60532728.ja.html
研究分野 (2件): 実験病理学 ,  脳神経外科学
研究キーワード (6件): AAVベクター ,  遺伝子治療 ,  脳神経疾患 ,  神経疾患 ,  ウイルス ,  遺伝子
論文 (10件):
MISC (5件):
  • 早川 英規, 大泉 英樹, 喜納 裕美, 望月 秀樹. MPTP投与パーキンソン病モデルにおけるsubventricularzone(SVZ)の解析(平成19年度老人性疾患病態・治療研究センター研究発表会). 順天堂医学. 2008. 54. 3. 412-412
  • 早川 英規, 喜納 裕美, 仁平 友子, 石 龍徳, 望月 秀樹, 水野 美〓. パーキンソン病モデルにおける嗅球および側脳室神経幹細胞の検討(平成18年度老人性疾患病態・治療研究センター研究発表会). 順天堂医学. 2007. 53. 3. 529-529
  • 喜納 裕美, 山田 正典, 望月 秀樹, 水野 美邦, 横田 隆徳. リボザイムα-synucleinによるパーキンソン病モデルラット遺伝子治療の試み(平成16年度順天堂大学老人性疾患病態・治療研究センター研究発表会抄録). 順天堂医学. 2005. 51. 2. 247-247
  • 喜納 裕美, 安田 徹, 望月 秀樹, 水野 美邦, 多田 昇弘. Cre-loxPシステムを用いたSynuclein transgenic mouseの作製. 順天堂医学. 2004. 50. 4. 421-421
  • 安田 徹, 多田 昇弘, 小林 和人, 喜納 裕美, 望月 秀樹, 水野 美邦. Cre/loxPシステムを用いたα-synuleinトランスジェニックマウスの作製・解析(Generation and analysis of α-synuclein transgenic mice using a Cre/loxP system). 神経化学. 2004. 43. 2-3. 491-491
特許 (4件):
学位 (1件):
  • 博士(医学) (東京大学)
経歴 (4件):
  • 2014/09 - 現在 日本医科大学
  • 2008/09 - 現在 独立行政法人国立精神・神経医療研究センター
  • 2007/03 - 2008/08 広島大学 博士研究員
  • 2002/04 - 2007/02 順天堂大学 博士研究員
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る