研究者
J-GLOBAL ID:201501087644032900   更新日: 2021年08月10日

栗本 崇

クリモト タカシ | takashi kurimoto
所属機関・部署:
職名: 准教授
研究分野 (1件): 情報ネットワーク
研究キーワード (2件): フロー制御 ,  スイッチ構成技術
競争的資金等の研究課題 (2件):
  • 2019 - 2021 エッジとクラウドの連携によるリアルタイム映像処理基盤の実現
  • 2005 - 2010 次世代バックボーンに関する研究開発
論文 (74件):
  • Ryota Kawase, Taichi Okumura, Masaki Murakami, Yoshihiko Uematsu, Takashi Kurimoto, Satoru Okamoto, Naoaki Yamanaka. Assessing service survivability under failure conditions in reliable multipath network testbed. IEICE Communications Express (ComEX). 2021. 10. 8. 422-427
  • Kohei Shiomoto, Takashi Kurimoto. Policy Gradient-based Deep Reinforcement Learning for Deadline-aware Transfer over Wide Area Networks. 2021 IEEE 7th International Conference on Network Softwarization (NetSoft). 2021
  • Masahiro Matsuno, Masaki Murakami, Yoshihiko Uematsu, Takashi Kurimoto, Satoru Okamoto, Naoaki Yamanaka. OSPF Extension for Expected Capacity Guaranteed Routing with Multipath Transmission Based on Long-term Failure Prediction. 22nd Annual Conference Net-Centric 2020, No. F1-2. 2020
  • Ryota Kawase, Taichi Okumura, Masaki Murakami, Yoshihiko Uematsu, Takashi Kurimoto, Satoru Okamoto, Naoaki Yamanaka. Experimentation of service provisioning in reliable multipath network testbed. ICETC2020. 2020
  • Takehiro Sato, Takashi Kurimoto, Shigeo Urushidaniy, Eiji Oki. Virtualized Network Graph Design and Embedding Model. International Conference on Cloud Networking 2020. 2020
もっと見る
MISC (23件):
特許 (128件):
書籍 (1件):
  • 時代を映すインフラ-ネットと未来ー
    丸善ライブラリー 2016
講演・口頭発表等 (166件):
  • μs オーダー遅延揺らぎ実現を目指したパケット制御技術の検討
    (電子情報通信学会フォトニックネットワーク研究会, Vol. 120, No. 388, PN2020-54, pp. 70-75 2021)
  • URLLCの実現を目指したパケット制御技術の検討
    (電子情報通信学会フォトニックネットワーク研究会学生ワークショップ 2021)
  • 広域データセンター間通信における深層強化学習を適用したPolicy Gradientによるデッドラインアウェアなデータ転送
    (フォトニックネットワーク研究会(PN) 2020)
  • 広域データセンタ間通信における深層学習を適用したPolicy Gradientによるデッドラインアウェアなデータ転送
    (B-12-1、フォトニックネットワーク、電子情報通信学会総合大会 2020)
  • 広域データセンター間通信のトラフィック特性を考慮したジョブスケジューリング法の検討
    (電子情報通信学会 信学技報PN2019-61 2020)
もっと見る
学位 (1件):
  • 博士(工学) (慶応大学)
経歴 (4件):
  • 2015/04 - 現在 国立情報学研究所 アーキテクチャ科学系
  • 2009/10 - 2015/03 日本電信電話株式会社 ネットワークサービスシステム研究所
  • 2005/04 - 2009/09 東日本電信電話株式会社 ネットワーク事業本部設備部
  • 1994/04 - 2005/03 日本電信電話株式会社 ネットワークサービスシステム研究所
委員歴 (16件):
  • 2020/05 - 現在 電子情報通信学会 CQ研究会 専門委員
  • 2019/11 - 現在 電子情報通信学会 APNOMS2020 Innovation session co-chair
  • 2019/05 - 現在 電子情報通信学会 DP研究会 専門委員
  • 2019/05 - 現在 電子情報通信学会 英文論文誌B 編集委員
  • 2019/01 - 現在 電子情報通信学会 APNOMS tutorial co-chair
全件表示
受賞 (6件):
  • 2021/04 - 電子情報通信学会 第16回電子情報通信学会通信ソサイエティ論文賞(Best Paper Award) Efficient Reliability Evaluation of Multi-Domain Networks with Secure Intra-Domain Privacy」 Vol.E103-B, No.4, pp.440-451.
  • 2013 - 日本電信電話株式会社 H25年度発明審査会実施実績2級
  • 2012 - 日本電信電話株式会社 H24年度発明審査会実施実績3級
  • 2010 - 日本電信電話株式会社 情報流通基盤総合研究所 総研所長表彰 業績賞
  • 2002 - 日本電信電話株式会社 ネットワークサービスシステム研究所 研究所長表彰実用化開発賞
全件表示
所属学会 (2件):
IEEE ,  電子情報通信学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る