{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201502255620909430   整理番号:15A0488523

ゲーム理論とAVaRを組み合わせた週間生産計画法の提案

Weekly Production Planning with Coalitional Form Game and Average Value-at-risk
著者 (5件):
資料名:
号:ページ: 203-224  発行年: 2015年02月20日
JST資料番号: L8459A  ISSN: 1882-7985  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: 日本 (JPN)  言語: 日本語 (JA)
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
注文の不確実性から生じる「在庫品切れ」をリスクと捉える。従来はリスクの程度を確率的に表現する在庫品切れ率,未達率を用いていた。本論文は,在庫品切れ率を指標とした場合には現れない在庫量の分布のすそ野の大きさから生じるリスク(隠れたリスク)を表現するAVaR(Average value-at-risk)を反映した多期間の生産計画問題について,ゲーム理論を用いた定式化と解法を提案する。本手法は,不確実な需要量に対して,信頼水準αとなるAVaR(1-α)を評価指標として,計画期間トータルに想定される需要量がAVaR(1-α)を満足するように,期別の期首の在庫量目標を求め,これらの在庫量目標を実現するように期別の生産量を決定するものである。期別の生産量を求めるに際しては,提携を扱うゲーム理論の結果を時系列展開する方法を考案する。既存手法との比較を行い,本方法の特性を明らかにする。本提案の手法は,多期間の生産計画立案において,在庫量の多次元確率分布計算や在庫品切れ量の厳密な確率分布を必要としないという特徴を持っている。(著者抄録)
シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

準シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

分類 (2件):
分類
JSTが定めた文献の分類名称とコードです
生産工学一般  ,  在庫管理 
タイトルに関連する用語 (3件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る