研究者
J-GLOBAL ID:201601011461607956   更新日: 2021年04月09日

黒木 慎

クロキ マコト | Kuroki Makoto
所属機関・部署:
職名: グループ長
ホームページURL (1件): https://www.naro.go.jp/index.html
論文 (10件):
もっと見る
MISC (27件):
  • 田中淳一, 福岡修一, 黒木慎, 山本敏央, 山本敏央. イネの高速世代促進技術sBBSによる「あきだわら」を遺伝背景とした効率的遺伝子ピラミディング. 育種学研究. 2019. 21. 65
  • 松葉 修一, 梶 亮太, 梅本 貴之, 清水 博之, 横上 晴郁, 黒木 慎, 池ヶ谷 智仁, 保田 浩, 芦田 かなえ, 幸谷 かおり. 試験成績・研究成果 北海道地域向け低アミロース米新品種「ゆきむつみ」の育成とその加工適性. 北農. 2017. 84. 2. 159-163
  • 池ヶ谷 智仁, 梶 亮太, 梅本 貴之, 清水 博之, 松葉 修一, 保田 浩, 横上 晴郁, 黒木 慎. 試験成績・研究成果 寒地向けでやや早熟期の極多収飼料用米水稲新品種「きたげんき」. 北農. 2017. 84. 2. 164-167
  • 藤野賢治, 斉藤浩二, 松葉修一, 黒木慎, 池ケ谷智仁, 佐藤毅, 岩田夏子. 気候変動に対応した循環型食料生産等の確立のためのプロジェクト-気候変動に適応したイネ科作物品種・系統の開発-第1編 環境変動に適応した水稲品種の開発 第3章 耐冷性品種の開発 1「ほしのゆめ」および「北海287号」を遺伝背景とする準同質遺伝子系統の作成と耐冷性評価. 農林水産省農林水産技術会議事務局研究成果. 2016. 554. 76-79
  • 加藤浩, 春原嘉弘, 田中淳一, 小林伸哉, 平林秀介, 佐藤宏之, 竹内善信, 常松浩史, 黒木慎, 後藤明俊, et al. 低コスト・省力化,軽労化技術等の開発-自給飼料を基盤とした国産畜産物の高付加価値化技術の開発(育種)-第1編 食用米との識別性を有する多収飼料用米,TDN収量が高い飼料作物品種の開発 第1章 水田をフル活用した周年飼料生産を可能とする飼料用米・稲発酵粗飼料・飼料用大麦品種の開発 4 有色米等を利用した機能性を有する飼料用米・稲発酵粗飼料用品種の育成(1)有色米等を利用した機能性を有する飼料用米・稲発酵粗飼料用品種の育成. 農林水産省農林水産技術会議事務局研究成果. 2016. 545. 28-31
もっと見る
講演・口頭発表等 (15件):
  • 4-3-10 低カドミウムコシヒカリの育成とその特性(4-3 植物の有害元素)
    (日本土壌肥料学会講演要旨集 2013)
  • いもち病抵抗性および穂ばらみ期耐冷性を集積したイネ多収系統の開発と特性評価(平成24年度年次講演会一般講演)
    (日本育種学会・日本作物学会北海道談話会会報 2012)
  • 米のアルカリ溶液処理により加工適性の高い米粉を製造できる(平成23年度年次講演会一般講演)
    (日本育種学会・日本作物学会北海道談話会会報 2011)
  • Wx-a遺伝背景におけるイネ低アミロース性遺伝子qLAC6hとqAC9.3の効果(平成22年度年次講演会一般講演)
    (日本育種学会・日本作物学会北海道談話会会報 2010)
  • イネの低アミロース性に関する第6及び第9染色体上の二つの遺伝子の相加効果
    (日本育種学会・日本作物学会北海道談話会会報 2008)
もっと見る
経歴 (1件):
  • 2021/04 - 現在 国立研究開発法人農業・食品産業技術総合研究機構 九州沖縄農業研究センター 作物育種グループ長
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る