研究者
J-GLOBAL ID:201601011882245468   更新日: 2021年07月20日

中村 顕

ナカムラ アキラ | Nakamura Akira
所属機関・部署:
職名: 助教
ホームページURL (1件): http://www.univ.gakushuin.ac.jp/sci/bio/laboratory/detail-kojima/
研究分野 (1件): 構造生物化学
研究キーワード (9件): タンパク質工学 ,  生化学 ,  生合成 ,  抗生物質 ,  酵素 ,  分子シャペロン ,  DNA結合タンパク質 ,  タンパク質結晶学 ,  構造生物学
競争的資金等の研究課題 (2件):
  • 2018 - 2021 新奇糖転移酵素によるS-結合型糖鎖修飾の構造基盤の解明
  • 2012 - 2014 小胞体ストレス応答センサータンパク質PERKの活性化機構の解明
論文 (28件):
  • Shohei Nosaki, Tohru Terada, Akira Nakamura, Kei Hirabayashi, Yuqun Xu, Thi Bao Chau Bui, Takeshi Nakano, Masaru Tanokura, Takuya Miyakawa. Highlighting the potential utility of MBP crystallization chaperone for Arabidopsis BIL1/BZR1 transcription factor-DNA complex. Scientific Reports. 2021. 11. 1. 3879
  • Kitamura Noriko, Shindo Mayumi, Ohtsuka Jun, Nakamura Akira, Tanokura Masaru, Hiroi Takachika, Kaminuma Osamu. Identification of novel interacting regions involving calcineurin and nuclear factor of activated T cells. The FASEB Journal. 2020. 34. 2. 3197-3208
  • Soeda Yoshiyuki, Saito Marino, Maeda Sumihiro, Ishida Kohki, Nakamura Akira, Kojima Shuichi, Takashima Akihiko. Methylene blue inhibits formation of tau fibrils but not of granular tau oligomers. Journal of Alzheimer's Disease. 2019. 68. 4. 1677-1686
  • Tomoki Shojima, Feng Hou, Yusuke Takahashi, Yoshitaka Matsumura, Masahiko Okai, Akira Nakamura, Katsutoshi Mizuno, Kazuo Inaba, Masaki Kojima, Takuya Miyakawa, et al. Crystal structure of a Ca2+-dependent regulator of flagellar motility reveals the open-closed structural transition. Scientific Reports. 2018. 8. 1. 204
  • Nosaki Shohei, Miyakawa Takuya, Xu Yuqun, Nakamura Akira, Hirabayashi Kei, Asami Tadao, Nakano Takeshi, Tanokura Masaru. Structural basis for brassinosteroid response by BIL1/BZR1. Nature Plants. 2018. 4. 771-776
もっと見る
MISC (14件):
特許 (7件):
書籍 (1件):
  • 超伝導現象と高温超伝導体
    株式会社エヌ・ティー・エス 2013
講演・口頭発表等 (51件):
  • ペプチド性抗生物質生合成に関わる糖転移酵素の構造解析
    (第94回日本生化学会大会 2021)
  • 特徴的な化学結合を形成するペプチド性抗生物質の生合成酵素の構造解析
    (第93回日本生化学会大会 2020)
  • リゾクチシン生合成酵素の結晶構造解析
    (日本結晶学会令和元年(2019年)度年会 2019)
  • X線結晶構造解析に基づくSubtilisinにおける成熟過程の分析
    (日本結晶学会令和元年(2019年)度年会 2019)
  • プロセッシング前の状態の結晶構造に基づくSubtilisinの成熟過程の解析
    (第92回日本生化学会大会 2019)
もっと見る
学歴 (3件):
  • 2003 - 2006 京都大学 化学専攻 博士後期課程
  • 2001 - 2003 京都大学 化学専攻 修士課程
  • 1997 - 2001 京都大学
学位 (1件):
  • 博士(理学) (京都大学)
経歴 (5件):
  • 2016/10 - 現在 学習院大学 理学部 助教
  • 2010/06 - 2016/09 東京大学 大学院農学生命科学研究科 特任助教
  • 2010/04 - 2010/05 東京大学 大学院農学生命科学研究科 特任研究員
  • 2007/04 - 2010/03 京都大学 大学院理学研究科 博士研究員
  • 2006/04 - 2007/03 京都大学 大学院理学研究科 産学官連携研究員
委員歴 (4件):
  • 2019/04 - 現在 学習院大学理学部 放射線障害予防委員会委員
  • 2021/04 - 2023/03 Photon Factory News 編集委員会 外部編集委員
  • 2020/04 - 2022/03 日本結晶学会 男女共同参画推進委員
  • 2014/04 - 2015/03 日本結晶学会 平成26年度日本結晶学会年会実行委員
受賞 (1件):
  • 2012/03 - 日本農芸化学会 トピックス賞 強磁場利用によるタンパク質結晶の高品質化
所属学会 (6件):
日本磁気科学会 ,  日本分子生物学会 ,  日本農芸化学会 ,  日本結晶学会 ,  日本蛋白質科学会 ,  日本生化学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る