研究者
J-GLOBAL ID:201601014547680310   更新日: 2021年04月05日

大江 和一

Oe Kazuichi
所属機関・部署:
職名: 特任研究員
研究分野 (8件): 計算機システム ,  計算機システム ,  計算機システム ,  計算機システム ,  計算機システム ,  データベース ,  計算機システム ,  計算機システム
研究キーワード (5件): コンピュータネットワーク ,  ワークロード分析 ,  システムソフトウェア ,  ストレージシステム ,  オペレーティングシステム
論文 (30件):
もっと見る
MISC (1件):
  • 大江 和一. Parallel trace logs posted on SNIA web server. SNIA io trace. 2019
特許 (224件):
講演・口頭発表等 (24件):
  • DIMMスロット装着型不揮発性メモリ上の RDMAによるメッセージキューイングシステムの試作
    (AXIES2020 2020)
  • Analysis of Interference between RDMA and Local Access on Hybrid Memory System
    (arXiv preprint arXiv:2008.12501, 2020 2020)
  • Consideration for effectively handling parallel workloads on public cloud system
    (arXiv preprint arXiv:2008.06152, 2020 2020)
  • ハイブリットメモリシステムをリモートPCからアクセスした場合の評価と考察
    (2020年2月研究会(第148回 システムソフトウェアとオペレーティング・システム研究会) 2020)
  • データベースシステムにおける不揮発メモリ管理方法の提案
    (第18回情報科学技術フォーラム (FIT 2019) 2019)
もっと見る
学歴 (2件):
  • 2014 - 2016 九州大学
  • 1984 - 1988 九州大学 情報工学科
学位 (1件):
  • 博士(情報科学) (九州大学)
経歴 (5件):
  • 2020/07 - 現在 国立情報学研究所 クラウド基盤研究開発センター
  • 2000/04 - 2020/06 株式会社富士通研究所 研究員
  • 1996/04 - 2000/03 富士通株式会社 RDMA付きコンピュータネットワークを前提にしたTCP/IP通信機能開発(Solaris OS)
  • 1992/04 - 1996/03 株式会社富士通研究所 研究員
  • 1988/04 - 1992/03 富士通株式会社 メインフレーム開発
委員歴 (9件):
  • 2018/04 - 現在 IPSJ OS研究会 運営委員
  • 2017/06 - 現在 電子情報通信学会 CPSY研究会 専門委員
  • 2020/11 - 2020/11 IPSJ ComSys 2020 Program Committee Members
  • 2020/08 - 2020/11 CANDAR/CSA 2020 Program Committee Members
  • 2019/10 - 2019/12 IPSJ ComSys 2019 Program Committee Members
全件表示
受賞 (2件):
  • 2021/03 - 大学ICT推進協議会 2020年度年次大会 優秀論文賞 DIMMスロット装着型不揮発性メモリ上のRDMAによるメッセージキューイングシステムの試作
  • 2014/12 - CANDAR/CSA 2014 best paper award A hybrid storage system composed of on-the-fly automated storage tiering (OTF-AST) and caching
所属学会 (2件):
ACM ,  電子情報通信学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る