研究者
J-GLOBAL ID:201701007285557068   更新日: 2022年04月25日

吉田 絵里

ヨシダ エリ | Yoshida Eri
所属機関・部署:
職名: 准教授
研究分野 (3件): グリーンサステイナブルケミストリー、環境化学 ,  ナノ材料科学 ,  高分子化学
研究キーワード (7件): 分子の自己組織化 ,  人工生体膜モデル ,  超分子化学 ,  高分子ジャイアントベシクル ,  ブロック共重合体 ,  超臨界二酸化炭素 ,  精密リビングラジカル重合
競争的資金等の研究課題 (8件):
  • 2013 - 2017 “不可逆的光反応”を自己組織化の推進力とする新規な機能性球状ミセルの創製
  • 2012 - 2012 新規“光精密ラジカル重合法”の開拓
  • 2008 - 2010 二酸化炭素を利用する新規“超溌水性”表面処理技術の創出
  • 2008 - 2008 第12回 World Multi-Conference on Systemics, Cybernetics and Informatics (米国、フロリダで開催) におけるセッション開催費
  • 2005 - 2006 新規“非両親媒性”界面活性剤を用いた材料設計
全件表示
論文 (138件):
  • Eri Yoshida. Polymer nanoarchitectonics for synthetic vesicles with human erythrocyte-like morphology transformation. Colloid and Polymer Science. 2022. 300. 5. 497-508
  • Eri Yoshida. CO2 capture-induced polymer complexes. Carbon Capture Science & Technology. 2022. 2. 100038-100038
  • Eri Yoshida. Mechanisms of Cup-Shaped Vesicle Formation Using Amphiphilic Diblock Copolymer. Open Journal of Polymer Chemistry. 2022. 12. 02. 43-54
  • Eri Yoshida. Neuron-like tubule extension of giant polymer vesicles. Chemical Reports. 2021. 3. 1. 195-202
  • Eri Yoshida. Giant vesicles of amphiphilic diblock copolymer with branched side chains. Colloid Surf. Sci. 2021. 6. 1. 1-7
もっと見る
MISC (9件):
特許 (22件):
書籍 (17件):
  • 防曇コーティングにおける最新技術動向と防曇メカニズム・評価・試験法および多機能性付与・応用展開
    株式会社AndTech 2021
  • 防汚・防曇技術の最新動向
    シーエムシー出版 2021
  • 自己修復材料、自己組織化、形状記憶材料の開発と応用事例
    技術情報協会 2020 ISBN:9784861047817
  • ラジカル重合を中心としたポリマー・微粒子・コーティング材の合成、応用、トラブル対策
    技術情報協会 2020 ISBN:9784861047763
  • 高分子材料のトライボロジー制御
    技術情報協会 2020
もっと見る
講演・口頭発表等 (37件):
  • 超臨界二酸化炭素を活用した高分子材料の開発
    (CMCリサーチウェビナー 2021)
  • Artificial Biomembrane Models Using Polymer Giant Vesicles Consisting of Amphiphilic Diblock Copolymers
    (Global Biopolymers & Polymer Chemistry Congress (Las Vegas, USA) 2019)
  • Artificial biomembrane models using giant vesicles prepared by photo NMP-induced self-assembly
    (2019)
  • Polymer giant vesicles as artificial models of biomembrane
    (Annual Congress on Smart Materials 2019 (Prague, Czech Republic) 2019)
  • Worm-like vesicles prepared by photo nitroxide-mediated controlled/living radical polymerization-induced self-assembly.
    (4th International Conference on Polymer Chemistry 2018)
もっと見る
学歴 (3件):
  • 1991 - 1994 東京工業大学大学院 電子化学専攻
  • 1989 - 1991 東京工業大学大学院 電子化学専攻
  • 1985 - 1989 東京学芸大学 初等科教育教員養成課程理科
学位 (1件):
  • 工学博士
経歴 (4件):
  • 2007/04 - 現在 豊橋技術科学大学大学院 工学研究科応用化学・生命工学系 准教授
  • 2004/05 - 2007/03 豊橋技術科学大学 工学部物質工学系 助教授
  • 1994/04 - 2004/04 京都工芸繊維大学 繊維学部高分子学科 助手
  • 1999/02 - 2000/01 ノースカロライナ大学 化学科 ポストドクトラルフェロー
委員歴 (32件):
  • 2019 - 現在 Sustainable Chemical Engineering Editorial Board
  • 2017 - 現在 SCIREA Journal of Chemistry Editorial Board
  • 2017 - 現在 ChemXpress Editorial Board
  • 2016 - 現在 Nanomedicine & Nanotechnology Open Access (NNOA) Editorial Board
  • 2016 - 現在 Colloid and Surface Science Editorial Board
全件表示
受賞 (5件):
  • 2011 - 日本塗装技術協会 塗装工学編集委員長賞 超臨界二酸化炭素中での高分子の自己組織化を利用した機能性高分子微粒子の開発
  • 2007 - 日本女性科学者の会 日本女性科学者の会奨励賞 精密ラジカル重合により合成した新規”非両親媒性高分子”のミセル形成法の開拓
  • 1999 - 高分子学会 Polymer Journal 論文賞 Synthesis of poly(ethylene adipate) with a stable nitroxyl radical at both chain ends, and applications to a counter radical for living radical polymerization
  • 1998 - 高分子学会 高分子研究奨励賞 安定ニトロキシルラジカルを用いたリビングラジカル重合をベースとする高分子設計
  • 1997 - 日本化学会 日本化学会第72春季年会 講演奨励賞 リビングラジカル重合によるテトラヒドロフランとスチレンのブロック共重合体の合成と生成ポリマーの性質
所属学会 (10件):
日本女性科学者の会 ,  光化学協会 ,  日本塗装技術協会 ,  化学工学会 ,  日本生化学会 ,  日本油化学会 ,  高分子学会 ,  日本化学会 ,  アメリカ化学会 ,  王立化学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る