{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201702257014632178   整理番号:17A0864487

作物残留モデルを用いた日本茶の残留農薬基準値超過確率の推定

Estimating the probability of exceeding the maximum residue limit for Japanese tea using a crop residue model
著者 (3件):
資料名:
巻: 42  号:ページ: 32-38(J-STAGE)  発行年: 2017年
JST資料番号: F0886B  ISSN: 1348-589X  CODEN: JPSTCF  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: 日本 (JPN)  言語: 英語 (EN)
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
現在,輸出先国の残留農薬基準(MRL)が日本茶輸出の障壁となっている.本研究では緑茶製品中残留農薬濃度の確率論的推定手法を構築し,実際適用により日本茶に使用される農薬のMRL超過確率を評価した.初めに,既存研究から緑茶製品中残留農薬濃度の推定モデルを構築した.その際,残留濃度推定において最も影響度の高いパラメータである作物中半減期を新たに回帰モデルから推定した.最後に作物中半減期に確率分布を設定し,モンテカルロ・シミュレーションと数値解析により残留濃度分布の経日変化を推定した.3種類の農薬(アセタミプリド,ジノテフラン及びチアメトキサム)に適用した結果,台湾への輸出にはチアメトキサムの収穫前使用日数(PHI)を現行より3週間延長する必要性が示唆された.またEUに対しては,アセタミプリドとジノテフランのMRL超過確率が,農薬散布28日後でさえそれぞれ99.6%および99.5%と算定された.(著者抄録)
シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

準シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

分類 (3件):
分類
JSTが定めた文献の分類名称とコードです
アルカロイドし好飲料  ,  食品の汚染  ,  農薬 

前のページに戻る