{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}2021年06月
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
文献
J-GLOBAL ID:201702283235684587   整理番号:17A0236252

結晶粒子群製造の連続化と撹拌・固液分離・モニタリングの工夫 撹拌槽の中の流動・混合の計測方法

著者 (2件):
資料名:
巻: 47  号:ページ: 14-18  発行年: 2017年01月31日
JST資料番号: L2100A  ISSN: 1343-7860  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 解説  発行国: 日本 (JPN)  言語: 日本語 (JA)
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
撹拌操作の基本となる均相系撹拌の混合達成時間の測定法ならびに均相系の流動場計測の既往研究,特に今後重要となるCFDデータの整理法や検証法,装置設計に活用できる情報整理法について紹介した。撹拌装置の性能は,混合達成時間,もしくは吐出流量数を用いて評価できた。撹拌装置の混合達成時間と流れの関係を検討する場合,撹拌羽根から吐出流速とそのフローパターンならびに乱流特性を正確に把握することが重要であった。また,撹拌羽根の回転周期に伴う規則的な変動を抽出するためには,撹拌翼の回転に同期した回転座標系でのデータ整理が有効であった。乱流のスペクトル解析にはLDVが必要であり,面上の多点同時測定にはPIVが有効であった。槽内を大きく循環する流れや,液表面から下方に伸びる渦柱に起因する大規模な変動も重要であった。また撹拌プロセスの場合は液粘度の影響も無視することができなかった。
シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

準シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

分類 (1件):
分類
JSTが定めた文献の分類名称とコードです
撹はん,混合 
引用文献 (52件):
もっと見る

前のページに戻る