研究者
J-GLOBAL ID:201801013654551904   更新日: 2020年10月10日

安部 武志

アベ タケシ | Abe Takeshi
所属機関・部署:
職名: 助教
研究分野 (5件): 生理学 ,  生体医工学 ,  数学基礎 ,  計算科学 ,  ソフトウェア
研究キーワード (5件): システム生物学 ,  数理モデル ,  フィジオーム ,  時系列解析 ,  シミュレーション
論文 (18件):
  • Takeshi Abe, Yoshiyuki Asai. Flint: a simulator for biological and physiological models in ordinary and stochastic differential equations. Journal of Open Source Software. 2020. 5. 23
  • Uchida S, Asai Y, Kariya Y, Tsumoto K, Hibino H, Honma M, Abe T, Nin F, Kurata Y, Furutani K, et al. Integrative and theoretical research on the architecture of a biological system and its disorder. The journal of physiological sciences : JPS. 2019. 69. 3. 433-451
  • Alessandra Lintas, Takeshi Abe, Alessandro E, P. Villa, Yoshiyuki Asai. Granger Causality to Reveal Functional Connectivity in the Mouse Basal Ganglia-Thalamocortical Circuit. Artificial Neural Networks and Machine Learning - ICANN 2018 - 27th International Conference on Artificial Neural Networks, Rhodes, Greece, October 4-7, 2018, Proceedings, Part II. 2018. 11140 LNCS. 393-402
  • Asai Y, Abe T, Hayano T. [Medicine in New Era with Artificial Intelligence and Systems Biology]. Nihon Hoshasen Gijutsu Gakkai zasshi. 2018. 74. 11. 1343-1351
  • 浅井義之, 安部武志, 北野宏明, 北野宏明. 生理機能の多階層ハイブリッドモデリングを実現するモデリングプラットフォーム. 生物物理(Web). 2016. 56. 2. 120-124(J-STAGE)-124
もっと見る
MISC (11件):
  • 吉川禎, 中村亜希, 置田真生, 安部武志, 浅井義之, 北野宏明, 野村泰伸, 萩原兼一. 汎用生体モデルの高速な並列シミュレーションのための階層的依存グラフの自動分割. 情報処理学会研究報告(Web). 2014. 2014. HPC-143. VOL.2014-HPC-143,NO.17 (WEB ONLY)-7
  • 吉川禎, 奥山倫弘, 置田真生, 浅井義之, 安部武志, 野村泰伸, 八木哲也, 萩原兼一. 生体モデルにおける数式の類似性に着目したOpenMPによる並列シミュレーションの検討. 先進的計算基盤システムシンポジウム論文集. 2012. 2012. 75-76
  • 福井伸弥, 奥山倫弘, 置田真生, 安部武志, 浅井義之, 野村泰伸, 萩原兼一. 並列生体シミュレータinsilicoSimにおけるエージェント割当手法. 電子情報通信学会大会講演論文集. 2012. 2012. 67
  • 置田真生, 奥山倫弘, 福井伸弥, 松井龍, 安部武志, HEIEN Eric, 浅井義之, 野村泰伸, 萩原兼一. 異種混合生体シミュレータinsilicoSimの自動並列化. バイオエンジニアリング講演会講演論文集. 2012. 24th (CD-ROM). ROMBUNNO.SY1-4
  • ASAI Yoshiyuki, ABE Takeshi, OKAMOTO Tatsuhide, OKA Hideki, NOMURA Taishin, KURACHI Yoshihisa, KITANO Hiroaki. Multilevel modeling on PhysioDesigner. 日本生体医工学会大会プログラム・論文集(CD-ROM). 2012. 51st. ROMBUNNO.OS2-05-1
もっと見る
特許 (1件):
  • ソーシャルネットワークインターフェイスを使用した汎用シミュレーションシステム
講演・口頭発表等 (14件):
  • Causal Interactions Among Cortical Regions During Sleep Based On fNIRS Recordings.
    (The 7th International Congress on Cognitive Neurodynamics (ICCN 2019) 2019)
  • A branch-and-bound method of grid search to estimate parameters of biological models.
    (40th Annual International Conference of the IEEE Engineering in Medicine and Biology Society (EMBC'18) 2018)
  • システムバイオロジーと機械学習に基づく多階層システム医学の樹立を目指して
    (電子情報通信学会大会講演論文集(CD-ROM) 2018)
  • 数式の依存グラフを仕様とするOpenMPプログラムのメモリ参照効率向上
    (情報処理学会研究報告(Web) 2016)
  • 生体シミュレーションサービスFlint K3における高性能計算に向けて
    (情報処理学会全国大会講演論文集 2015)
もっと見る
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る