研究者
J-GLOBAL ID:201801016028646650   更新日: 2020年09月01日

越智 宣昭

越智 宣昭
所属機関・部署:
職名: 講師
ホームページURL (1件): http://kawasaki-gim4.main.jp/
競争的資金等の研究課題 (2件):
  • 2016 - 現在 肺癌におけるヌクレオチド逆転写酵素阻害剤のドラッグリポジショニングの検討
  • 2014 - 2015 EGFR変異陽性肺癌のペメトレキセド耐性獲得機構の解明と克服
論文 (69件):
  • Ichihara E, Harada D, Inoue K, Sato K, Hosokawa S, Kishino D, Watanabe K, Ochi N, Oda N, Hara N, et al. The impact of body mass index on the efficacy of anti-PD-1/PD-L1 antibodies in patients with non-small cell lung cancer. Lung Cancer. 2019. 135. 140-145
  • Watanabe H, Kubo T, Ninomiya K, Kudo K, Minami D, Murakami E, Ochi N, Ninomiya T, Harada D, Yasugi M, et al. The effect and safety of immune checkpoint inhibitor rechallenge in non-small cell lung cancer. Japanese Journal of Clinical Oncology. 2019. 49. 8. 762-765
  • Ninomiya T, Ishikawa N, Inoue K, Kubo T, Yasugi M, Shibayama T, Maeda T, Fujitaka K, Kodani M, Yokoyama T, et al. Phase 2 Study of Afatinib Alone or Combined With Bevacizumab in Chemonaive Patients With Advanced Non-Small-Cell Lung Cancer Harboring EGFR Mutations: AfaBev-CS Study Protocol. Clinical Lung Cancer. 2019. 20. 2. 134-138
  • Nobuaki Ochi, Tatsuyuki Kawahara, Yasunari Nagasaki, Nozomu Nakagawa, Tomoko Yamagishi, Shigeki Umemura, Yoshihiro Honda, Hidekazu Nakanishi, Hiromichi Yamane, Nagio Takigawa. Publication of lung cancer clinical trials in the Japanese Clinical Trial Registry. Japanese Journal of Clinical Oncology. 2018. 48. 11. 995-1000
  • Naohiro Oda, Kastuyuki Hotta, Kiichiro Ninomiya, Daisuke Minami, Eiki Ichihara, Toshi Murakami, Toshihide Yokoyama, Hirohisa Ichikawa, Kenichi Chikamori, Nagio Takigawa, et al. "A phase II trial of EGFR-TKI readministration with afatinib in advanced non-small-cell lung cancer harboring a sensitive non-T790M EGFR mutation: Okayama Lung Cancer Study Group trial 1403". Cancer Chemother Pharmacol. 2018. 82. 6. 1031-1038
もっと見る
書籍 (3件):
  • ≪第VIII章 高齢者のがん診療~実地医家の視点から~≫1.肺がん「臨床雑誌 内科」
    南江堂 2018
  • 「速習!肺がん免疫療法-基本理解と適切使用のために-」
    南江堂 2016 ISBN:9784524251476
  • 第9章 各疾患領域でのジェネリック医薬品の使用実態と切り替え判断基準 第5節 好中球減少症治療薬におけるジェネリック医薬品の使用実態と切り替え判断基準「ジェネリック医薬品・バイオ後続品の開発と販売・マーケティング戦略」
    技術情報協会 2015
講演・口頭発表等 (115件):
  • PD-L1陽性既治療非小細胞肺癌における免疫チェックポイント阻害薬の有効性に関する後方視的検討
    (第60回日本肺癌学会学術集会 2019)
  • PS不良NSCLCに対するICIの治療効果と安全性の評価
    (第60回日本肺癌学会学術集会 2019)
  • 非小細胞肺癌患者における胸部照射歴と免疫チェックポイント阻害剤の治療効果の関連性に関する後方視的検討
    (第60回日本肺癌学会学術集会 2019)
  • 間質性肺炎合併肺癌に対する免疫チェックポイント阻害薬の効果、安全性の検討
    (第60回日本肺癌学会学術集会 2019)
  • NSCLCに対するICIの治療効果とBMIの関連性
    (第60回日本肺癌学会学術集会 2019)
もっと見る
所属学会 (8件):
日本臨床腫瘍学会 ,  日本肺癌学会 ,  日本緩和医療学会 ,  日本癌治療学会 ,  日本感染症学会 ,  日本呼吸器学会 ,  日本呼吸器内視鏡学会 ,  日本内科学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る