{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}2021年06月
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
文献
J-GLOBAL ID:201802264988474701   整理番号:18A0990203

非溶媒中での撹拌操作にともなうカリミョウバン結晶の摩耗微結晶生成量と母結晶摩滅量の定量化法の検討

Generation Rate Measurement Method for Attrition Crystal Fragments and Abraded Volume of Potassium Alum in a Stirred Vessel Filled with Anti-Solvent
著者 (6件):
資料名:
巻: 44  号:ページ: 147-152(J-STAGE)  発行年: 2018年
JST資料番号: S0110B  ISSN: 0386-216X  CODEN: KKRBAW  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: 日本 (JPN)  言語: 日本語 (JA)
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
撹拌槽型晶析装置では,母結晶が撹拌羽根に衝突することにより母結晶の角が削れ,大量の摩耗微結晶が生成される.本研究では,カリミョウバンの単結晶をモデル結晶として,シリコーンオイル中で撹拌した際に生成される摩耗微結晶の個数と粒径分布を,SEM画像にもとづいて定量化する手法について検討した.あわせて,母結晶の角が削られた程度を,正八面体形状のカリミョウバン母結晶の稜の長さの経時変化にもとづいて算出し,摩耗微結晶の累積生成体積と母結晶の摩滅体積の収支を確認した.撹拌翼回転数ごとに摩耗微結晶生成速度ならびに母結晶の摩滅体積比率の経時変化をそれぞれ測定し,いずれも撹拌開始直後に急増し,約40 h後には傾きが緩やかになる傾向を示した.また,母結晶の角の摩滅が進行し摩滅体積比率が1%になると,摩耗微結晶生成速度は数十分の一に大幅に減少することを明らかにした.(著者抄録)
シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

分類 (2件):
分類
JSTが定めた文献の分類名称とコードです
晶析  ,  セラミック・陶磁器の製造 
引用文献 (8件):
もっと見る

前のページに戻る