研究者
J-GLOBAL ID:201901001712077435   更新日: 2020年10月21日

黒木 香澄

クロキ カスミ | Kasumi Kuroki-Ishida
所属機関・部署:
職名: 日本学術振興会特別研究員RPD
研究分野 (5件): 細菌学 ,  獣医学 ,  獣医学 ,  獣医学 ,  その他
競争的資金等の研究課題 (13件):
  • 2020 - 2023 豚レンサ球菌の発症機序と自然免疫回避に関与する分子の解明
  • 2019 - 2023 豚レンサ球菌細胞壁タンパク質の網羅的機能解析
  • 2018 - 2020 豚レンサ球菌と近縁菌種の比較ゲノム解析による病原因子の探索
  • 2019 - 2020 鶏肉フードチェーンにおけるカンピロバクターと共存する細菌の網羅的な挙動解析(III)
  • 2019 - 2020 市販肉から分離される新規汚染指標細菌・豚レンサ球菌の比較ゲノム解析
全件表示
論文 (19件):
  • Kasumi Ishida-Kuroki, Nachiko Takeshita, Yoshihiro Nitta, Takehisa Chuma, Ken Maeda, Hiroshi Shimoda, Ai Takano, Tsutomu Sekizaki. 16S rRNA Gene Amplicon Sequence Data from Feces of Wild Deer (Cervus nippon) in Japan. Microbiology resource announcements. 2020. 9. 22
  • Kasumi Ishida-Kuroki, Nachiko Takeshita, Yoshihiro Nitta, Takehisa Chuma, Ken Maeda, Hiroshi Shimoda, Ai Takano, Tsutomu Sekizaki. 16S rRNA Gene Amplicon Sequence Data from Feces of Five Species of Wild Animals in Japan. Microbiology resource announcements. 2020. 9. 22
  • Kazunori Murase, Takayasu Watanabe, Sakura Arai, Hyunjung Kim, Mari Tohya, Kasumi Ishida-Kuroki, Tấn Hùng Võ, Thị Phương Bình Nguyễn, Ichiro Nakagawa, Ro Osawa, et al. Characterization of pig saliva as the major natural habitat of Streptococcus suis by analyzing oral, fecal, vaginal, and environmental microbiota. PloS one. 2019. 14. 4. e0215983
  • Sakura Arai, Hyunjung Kim, Takayasu Watanabe, Mari Tohya, Eriko Suzuki, Kasumi Ishida-Kuroki, Fumito Maruyama, Kazunori Murase, Ichiro Nakagawa, Tsutomu Sekizaki. Assessment of pig saliva as a Streptococcus suis reservoir and potential source of infection on farms by use of a novel quantitative polymerase chain reaction assay. American journal of veterinary research. 2018. 79. 9. 941-948
  • Yamada R, Tien LHT, Arai S, Tohya M, Ishida-Kuroki K, Nomoto R, Kim H, Suzuki E, Osawa R, Watanabe T, et al. Development of PCR for identifying Streptococcus parasuis, a close relative of Streptococcus suis. The Journal of veterinary medical science. 2018. 80. 7. 1101-1107
もっと見る
MISC (18件):
  • 黒木 香澄, 仁田 義弘, 門屋 亨介, 関崎 勉. 新たな汚染指標細菌候補であるStreptococcus suisの豚肉フードチェーン内汚染状況調査. 日本細菌学雑誌. 2020. 75. 1. 126-126
  • 黒木 香澄, 仁田 義弘, 門屋 亨介, 関崎 勉. 豚肉フードチェーン内の網羅的な細菌汚染状況調査とStreptococcus suisの汚染指標細菌としての有用性の検証. 日本獣医学会学術集会講演要旨集. 2019. 162回. 374-374
  • 堂崎 真一, 遠矢 真理, 渡辺 孝康, 鈴木 詠律子, 黒木 香澄, 関崎 勉. 豚心内膜炎病変部由来Streptococcus suisの比較ゲノム解析による無莢膜菌出現理由の推測. 日本獣医学会学術集会講演要旨集. 2019. 162回. 374-374
  • 吾郷 良輔, 竹下 奈知子, 黒木 香澄, 門屋 亨介, 関崎 勉. 鶏肉のカンピロバクター汚染に関連する市販鶏肉表面の細菌叢についての調査(Investigation of microbiota on retail chicken meat in relation to Campylobacter contamination). 日本細菌学雑誌. 2019. 74. 1. 69-69
  • 竹下 奈知子, 渡辺 孝康, Kim Hyunjung, 黒木 香澄, 関崎 勉. 養鶏場におけるカンピロバクターの定着と腸内細菌叢の時系列的調査. 日本細菌学雑誌. 2018. 73. 1. 74-74
もっと見る
学歴 (1件):
  • 2012 - 2015 北海道大学大学院
学位 (1件):
  • 博士(保健科学) (北海道大学)
経歴 (4件):
  • 2018/04 - 現在 日本学術振興会 特別研究員RPD
  • 2016/07 - 2018/03 東京大学大学院農学生命科学研究科 食の安全研究センター 特任助教
  • 2015/04 - 2016/06 日本医科大学 微生物学・免疫学教室 助教
  • 2012/04 - 2015/03 日本学術振興会 特別研究員DC1
所属学会 (2件):
日本獣医学会 ,  日本細菌学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る