研究者
J-GLOBAL ID:201901008599742391   更新日: 2020年08月27日

中嶋 秀満

ナカジマ ヒデミツ | Hidemitsu Nakajima
所属機関・部署:
職名: 准教授
研究分野 (2件): 薬理学 ,  神経機能学
研究キーワード (1件): 脳神経疾患、アミロイド沈着、蛋白質凝集、GAPDH、PARP
競争的資金等の研究課題 (14件):
  • 2017 - 2020 最新ゲノム編集法によるネコ型GAPDHノックイン新規アルツハイマー病モデルの開発
  • 2016 - 2020 GAPDHカスケードを基軸としたストレス性精神疾患の発症機序解明と治療戦略の構築
  • 2016 - 2019 神経系における活性イオウ分子種によるレドックスシグナル制御機構
  • 2015 - 2017 新規「細胞外」ポリADPリボースレセプターの同定と神経保護効果の解明
  • 2013 - 2016 癌指向性を有する難水溶性薬剤内包タンパク質ナノカプセルの開発とDDSへの応用
全件表示
論文 (7件):
  • Katsura Takano, Keisuke Koarashi, Kenji Kawabe, Masanori Itakura, Hidemitsu Nakajima, Mitsuaki Moriyama, Yoichi Nakamura. Insulin expression in cultured astrocytes and the decrease by amyloid β. Neurochemistry International. 2018. 119. 171-177
  • Masaki Kikugawa, Hiroyasu Tsutsuki, Tomoaki Ida, Hidemitsu Nakajima, Hideshi Ihara, Tatsuji Sakamoto. Water-soluble ferulic acid derivatives improve amyloid-β-induced neuronal cell death and dysmnesia through inhibition of amyloid-β aggregation. Bioscience, Biotechnology and Biochemistry. 2016. 80. 3. 547-53
  • Masanori Itakura, Hidemitsu Nakajima, Takeya Kubo, Yuko Semi, Satoshi Kume, Shusaku Higashida, Akihiro Kaneshige, Mitsuru Kuwamura, Naoki Harada, Akinori Kita, Yasu Taka Azuma, Ryoichi Yamaji, Takashi Inui, Tadayoshi Takeuchi. Glyceraldehyde-3-phosphate dehydrogenase aggregates accelerate amyloid-β amyloidogenesis in Alzheimer disease. Journal of Biological Chemistry. 2015. 290. 43. 26072-87
  • Masanori Itakura, Tomoko Kohda, Takeya Kubo, Yuko Semi, Kazuhiro Nishiyama, Yasu Taka Azuma, Hidemitsu Nakajima, Shunji Kozaki, Tadayoshi Takeuchi. Botulinum neurotoxin type A subtype 2 confers greater safety than subtype in a rat Parkinson’s disease model. Journal of Veterinary Medical Science. 2014. 76. 8. 1189-93
  • Yasu Taka Azuma, Kazuhiro Nishiyama, Yukiko Matsuo, Mitsuru Kuwamura, Ai Morioka, Hidemitsu Nakajima, Tadayoshi Takeuchi. PPARα contributes to colonic protection in mice with DSS-induced colitis. International Immunopharmacology. 2010. 10. 10. 1261-7
もっと見る
MISC (2件):
  • 中嶋 秀満, 東 泰孝, 竹内 正吉. 解糖系酵素glyceraldehyde-3-phosphate dehydrogenase(GAPDH)の多機能性と酸化ストレス性細胞死における役割. 放射線生物研究. 2010. 45. 2. 127-139
  • 中嶋 秀満. あるべき姿. 日本薬理学雑誌. 2008. 131. 6. 482-483
特許 (2件):
  • 非ペプチド性GAPDH凝集阻害剤
  • GAPDH凝集阻害剤
講演・口頭発表等 (4件):
  • 難治性脳神経疾患の革新的独自シーズ~GAPDH凝集阻害薬~
    (平成28年創薬シーズ事業化コンぺティション 2018)
  • 多機能性酵素GAPDHのレドックス制御と脳神経疾患-GAPDHを標的とした創薬研究と治療戦略
    (第14回レドックス・ライフイノベーションシンポジウム 2017)
  • 多機能性酵素GAPDHの活性中心チオール酸化修飾と脳神経疾患:創薬標的としての可能性
    (シンポジウム「チオールバイオロジーの新たな展開」第89回日本生化学会大会 2016)
  • 多機能性酵素GAPDHの神経細胞死における機能的役割と創薬標的としての可能性
    (創薬薬理フォーラム第18回シンポジウム「神経細胞保護」 2010)
学位 (1件):
  • 博士(獣医学) (大阪府立大学)
受賞 (3件):
  • 2019/07 - 国際アルツハイマー病認知症研究会 最優秀ポスター発表賞
  • 2019/05 - 大阪府獣医師会 中村賞(学術) GAPDHカスケードを基軸とした創薬研究
  • 2018/02 - 創薬シーズ事業化コンペティション(大阪府) 最優秀賞 難治性脳神経疾患の革新的独自シーズ〜GAPDH凝集阻害薬〜
所属学会 (6件):
日本生化学会 ,  米国生化学・分子生物学会 ,  日本神経化学会 ,  米国神経科学会 ,  日本薬理学会(評議員) ,  日本獣医学会(評議員)
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る