研究者
J-GLOBAL ID:201901010123315058   更新日: 2020年10月08日

丸尾 容子

Maruo Yamada Yasuko
所属機関・部署:
職名: 教授
ホームページURL (1件): http://www.env.tohtech.ac.jp/Laboratory/lab_hp/maruo/index.html
研究分野 (3件): 無機物質、無機材料化学 ,  分析化学 ,  環境負荷低減技術、保全修復技術
研究キーワード (4件): 多孔体 ,  環境分析 ,  分析化学 ,  ナノ材料化学
競争的資金等の研究課題 (14件):
  • 2020 - 2021 ナノ材料化学、化学センサ、生体ガス分析
  • 2017 - 2021 ナ​ノ​多​孔​材​料​を​用​い​た​高​感​度​気​体​簡​易​測​定​法​の​確​立​と​生​体​ガ​ス​測​定​へ​の​応​用​の​研​究
  • 2019 - 2020 ナノ多孔体を用いた呼気アセトン分析チップの研究開発
  • 2018 - 2019 高​感​度​可​搬​型​及​び​オ​ン​ラ​イ​ン​型​ト​リ​チ​ウ​ム​分​析​装​置​の​開​発
  • 2016 - 2017 仙​台​市​地​下​鉄​東​西​線​開​通​に​伴​う​都​市​交​通​手​段​変​化​に​よ​る​大​気​環​境​影​響​測​定​と​疫​学​評​価​の​研​究
全件表示
論文 (70件):
  • Kodai Ito, Naoto Kawamura, Yoshifumi Suzuki, Yasuko Yamada Maruo. Colorimetric detection of gaseous acetone based on a reaction between acetone and 4-nitrophenylhydrazine in porous glass. Microchemical Journal. 2020. 159. 105428-105428
  • Kohgo Asanuma, Keita Numata, Yasuko Y. Maruo. A colorimetric method for the measurement of ppb-level NO in exhaled air using porous glass analytical chips. Sensors and Actuators Reports. 2020. 2. 1. 100019-100019
  • 鈴木義史, 浅沼光吾, 橘謙太, 丸尾容子. 多孔質ガラス分析チップを用いた仙台市の一般住宅における室内二酸化窒素濃度の測定. 室内環境. 2019. 22. 3. 277-287
  • Kohgo Asanuma, Shinji Hino, Yasuko Y. Maruo. Development of an analytical chip for nitrogen monoxide detection using porous glass impregnated with 2-phenyl-4,4,5,5-tetramethylimidazoline-3-oxide-1-oxyl. Microchemical Journal. 2019. 151. 104251-104251
  • 岡澤宏樹, 鈴木明日也, 丸尾容子. Point of Careにて測定可能な尿中ホルムアルデヒド濃度測定法に関する基礎的検討. 安定同位体と生体ガス医学応用. 2019. 1. 43-50
もっと見る
MISC (17件):
  • 浅沼光吾, 沼田佳大, 丸尾容子. 二種類のNOx分析チップによる呼気中のNO測定法の検討. Chemical Sensors. 2020. 36. 31-33
  • 丸尾容子, 鈴木義史, 浅沼光吾. 室内環境における窒素酸化物の現状と多孔質ガラス分析チップを用いた測定法. Indoor Environment. 2018. 21. 121-128
  • S. Hino, Y. Suzuki, Y. Y. Maruo. Development of nitrogen monoxide sensing element using 2-Phenyl-4,4,5,5-tetramethylimidazoline-3-oxide-1-oxyl impregnated porous glass. 2016 IEEE 16TH INTERNATIONAL CONFERENCE ON NANOTECHNOLOGY (IEEE-NANO). 2016. 202-205
  • K. Tachibana, M. Yamamoto, Y. Y. Maruo. Development of an Acetone Detection Method Using 2,4-Dinitrophenylhydrazine Impregnated Porous Glass. 2016 IEEE 16TH INTERNATIONAL CONFERENCE ON NANOTECHNOLOGY (IEEE-NANO). 2016. 196-198
  • Y. Y. Maruo, M. Sasaki, S. Hino, A. Sato. Effect of TiO2 crystal structure on CO2 photoreduction using Au nanoparticles on TiO2 catalyst. 2016 IEEE 16TH INTERNATIONAL CONFERENCE ON NANOTECHNOLOGY (IEEE-NANO). 2016. 559-562
もっと見る
特許 (58件):
もっと見る
書籍 (7件):
  • 高感度ガスセンサの新展開
    シーエムシー 2020
  • CHEMICAL, GAS, and BIOSENSORS for INTERNET of THINGS and RELATED APPLICATIONS
    Elsevier com. 2019
  • Formaldehyde: Chemistry, Applications and Role in Polymerization
    Nova Science Publishers, Inc. 2012
  • Air quality
    In Tech. 2012
  • Ozone and Ozone Depletion: Sources, Environmental Impact and Health
    Nova Science Publishers, Inc. 2012
もっと見る
学歴 (2件):
  • - 1986 東北大学 化学専攻
  • - 1984 東北大学 化学科
学位 (1件):
  • 博士(工学) (東北大学)
経歴 (3件):
  • 2012/04 - 2013/03 城西大学 理学部 非常勤講師
  • 2012/04 - 2013/03 金沢大学 理工学域自然科学研究科 客員教授
  • 1986/04 - 2013/03 日本電信電話(株) 研究所 主任研究員
委員歴 (11件):
  • 2018 - 現在 大気環境学会北海道東北支部 幹事
  • 2018 - 現在 室内環境学会 出版委員
  • 2015 - 現在 仙台市環境影響評価審査会 委員
  • 2014 - 現在 仙台市廃棄物処理施設設置等調整委員会 委員
  • 2012 - 現在 化学センサ研究会 役員
全件表示
受賞 (13件):
  • 2013 - 日本環境化学会 環境化学技術賞
  • 2013 - 電気化学会 女性躍進賞
  • 2011 - NTT研究所 功績賞
  • 2011 - NTT研究所 研究成果賞
  • 2009 - 日本オゾン協会 論文奨励賞
全件表示
所属学会 (8件):
日本アイソトープ協会 ,  化学センサ研究会 ,  室内環境学会 ,  大気環境学会 ,  日本環境化学会 ,  電気化学会 ,  応用物理学会 ,  日本化学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る