研究者
J-GLOBAL ID:201901010859514708   更新日: 2021年09月09日

藤原 大悟

Daigo Fujiwara
所属機関・部署:
競争的資金等の研究課題 (4件):
  • 2017 - 2020 自律ヘリのための吹き下ろしと低速に強いADSの開発と脱GNSSロバスト航法の実現
  • 2017 - 2018 無人ヘリの自律アグレッシブ飛行のためのハイブリッドモデルによる非線形状態推定技術の開発
  • 2014 - 2016 GAとハイブリッド機体モデルによるヘリの軌道創発システムの開発と高機動飛行の実現
  • 2004 - 2005 小型無人ヘリコプタのロバスト制御による完全自律誘導制御に関する研究
論文 (19件):
  • 藤原 大悟. 垂直荷重の軌道と閾値に基づく推力選択/目標姿勢算出を用いたヘリコプタのハンマーヘッドターン飛行制御. 日本機械学会論文集. 2021. 87. 900
  • 冨田 拓海, 藤原 大悟. 小型無人ヘリコプタによる自動オートローテーション着陸制御システムの開発. 日本機械学会論文集. 2021. 87. 898
  • 磯村 直道, 藤原 大悟. 飛行体のあらゆる姿勢に対する位置補償手法の考案と小型無人ヘリのフリップ飛行制御への適用. 日本機械学会論文集. 2017. 83. 854
  • 藤原 大悟, 塩川 貴之. バックステッピング法と最適サーボ系の組み合わせによるシングルロータヘリの高速旋回飛行制御系の設計とその実験的検証. 日本機械学会論文集. 2017. 83. 854
  • 磯村 直道, 塩川 貴之, 藤原 大悟. シングルロータヘリの最適状態フィードバックによる5軸集中ホバリング制御とその安定性に関する考察. 日本機械学会論文集. 2016. 82. 837
もっと見る
MISC (7件):
もっと見る
特許 (7件):
講演・口頭発表等 (76件):
  • 無人ヘリのインメルマンターン飛行の軌道・制御系の設計及び実機実証
    (日本機械学会2021年度年次大会 予稿集, 講演No. J181-05 2021)
  • 飛行体制御の基礎と制御系設計・モデル化および実装技術
    (株式会社日本テクノセンター セミナー 2021)
  • 小型無人ヘリによる自動オートローテーション着陸制御実験
    (計測自動制御学会 第8回 制御部門マルチシンポジウム, 第38回 誘導制御シンポジウム 講演会予稿集, No.2B1-1 2021)
  • 小型無人ヘリの自動オートローテーション制御の設計と実験による検証
    (第63回自動制御連合講演会 論文集, No.2E4-6 2020)
  • 飛行体制御技術の基礎と制御系設計および実装技術
    (株式会社日本テクノセンター セミナー 2020)
もっと見る
受賞 (5件):
  • 2019/04 - 一般社団法人 日本機械学会 日本機械学会賞(論文) 飛行体のあらゆる姿勢に対する位置補償手法の考案と小型無人ヘリのフリップ飛行制御への適用
  • 2017/03 - 一般社団法人 日本機械学会 交通・物流部門 2016年度(94期)部門大会賞表彰 バックステッピング法を用いたシングルロータヘリの高速旋回制御系設計および飛行実証
  • 2015/03 - 一般社団法人 日本機械学会 交通・物流部門 2014年度(92期)優秀論文講演表彰 ヘリコプタのテールロータ耐損傷制御のための制御入力不感帯と外乱の同時推定
  • 2010 - 公益社団法人 計測自動制御学会 中部支部 第40期支部賞(技術賞) 小型飛行実験機によるオンライン空力微係数推定アルゴリズムの検討
  • 2000/03 - 日本機械学会 畠山賞
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る