Rchr
J-GLOBAL ID:200901004490274140   Update date: Jul. 12, 2021

Kumamoto Fumio

クマモト フミオ | Kumamoto Fumio
Affiliation and department:
Homepage URL  (1): https://gyoseki-komazawa-u.jp/kzuhp/KgApp?kyoinId=ymdggegyggk
Research field  (1): History - Japan
Research keywords  (9): アーカイブズ ,  外交史 ,  日中関係史 ,  史料学 ,  文化外交 ,  対中国外交 ,  アジア外交 ,  戦間期 ,  日本近代史
Research theme for competitive and other funds  (2):
  • 2016 - 2019 「近代史料学」構築のための基礎的研究-地方行政機関の公文書管理規程の収集と分析-
  • Japanese-Asian Diplomacy at the Inter-war Period
Papers (30):
  • Kumamoto Fumio. Seeking for "National Diplomacy" and the making public the documents of the Japanese Ministry of Foreign Affairs. 2020. 94. 471-533
  • 熊本 史雄. 近代日本の「国益」の変質と多様化 : 一九〇五~一九二〇年における日本外務省の対応を通じて. 近代史料研究. 2019. 19. 32-47
  • 石井 仁, イシイ ヒトシ, 熊本 史雄, クマモト フミオ, Ishii Hitoshi, Kumamoto Fumio. 汪兆銘から東條英機に贈られた出師表の拓本. 駒澤史学. 2018. 91. 141-172
  • 熊本, 史雄. 公文書-外務省記録にみる「協調主義」のゆくえ-. 中野目徹編『近代日本の思想をさぐる-研究のための15の視角-』(吉川弘文館). 2018. 143-164
  • 熊本 史雄. 文書館問題 国立公文書館「アーキビストの職務基準書」の意義と課題. 地方史研究. 2018. 68. 4. 83-88
more...
MISC (36):
  • 熊本 史雄. 書評 矢嶋光著『芦田均と日本外交 : 連盟外交から日米同盟へ』. 歴史評論 = Historical journal. 2021. 849. 90-94
  • 熊本 史雄. 書評 張碧惠著『中華民国と文物 : 国家建設に果たした近代文物事業の役割』. 東アジア近代史. 2020. 24. 189-194
  • 熊本 史雄. 歴史手帖 公文書を読む"愉しみ". 日本歴史. 2018. 847. 35-38
  • 熊本 史雄. 舞鶴への生還 (新年特集 魅惑の世界遺産!) -- (世界遺産のできるまで). 日本歴史. 2017. 824. 62-68
  • Book Reviews : NARAOKA Souchi, What were the Twenty-One Demands to China?. 2016. 641. 74-81
more...
Books (12):
  • 幣原喜重郎 : 国際協調の外政家から占領期の首相へ
    中央公論新社 2021 ISBN:9784121026385
  • 国益と外務官僚-北京関税特別会議と「地域主義」の台頭-(中野目徹編『官僚制の思想史 : 近現代日本社会の断面』
    吉川弘文館 2020 ISBN:9784642038935
  • 近代日本の外交史料を読む
    ミネルヴァ書房 2020 ISBN:9784623087891
  • 第7講 公文書-外務省記録にみる「協調主義」のゆくえ-(中野目徹編『近代日本の思想をさぐる -研究のための15の視角-』)
    吉川弘文館 2018 ISBN:9784642008327
  • 日中文化関係-協調と離反-(波多野, 澄雄;中村, 元哉編『日中戦争はなぜ起きたのか : 近代化をめぐる共鳴と衝突』
    中央公論新社 2018 ISBN:9784120051227
more...
Lectures and oral presentations  (10):
  • デジタルアーカイブと歴史研究-公文書利用のあり方をめぐって-
    (中央史学会第42回大会シンポジウム「アジア歴史資料センターと歴史研究」 2017)
  • 外交文書からみる満州事変と日中戦争-文書の処理と管理をめぐって-
    (町田市教育委員会・町田史考会 2011)
  • 外務省記録と外交史研究
    (中央史学会第35回大会シンポジウム「アーカイブズの進展と歴史研究」 2010)
  • 日本外交史研究と「外務省記録」-「史料学的アプローチの」の提唱-
    (日本国際政治学会2009年度研究大会 2009)
  • 戦争と人々のくらし
    (茨城県つくばみらい市「講座:ふるさとの歩みを語る-近代-」 2007)
more...
Education (4):
  • - 2012 博士(文学)
  • 1993 - 1995 University of Tsukuba
  • 1989 - 1993 University of Tsukuba
  • 1986 - 1989 山口県立山口高等学校
Professional career (1):
  • Ph.D (University of TSUKUBA)
Work history (5):
  • 2014/04 - 現在 Komazawa University Faculty of Letters, Department of History Japanese History Program
  • 2013/04 - 2014/03 ロンドン大学LSE(ロンドンスクール・オブ・エコノミクス・アンド・ポリティカル・サイエンス) 国際政治史学部 客員研究員
  • 2008/04 - 2014/03 Komazawa University Faculty of Letters
  • 2004/04 - 2008/03 Komazawa University Faculty of Letters
  • 1995/04 - 2004/03 外務省外交史料館 『日本外交文書』編纂室 外務事務官
Committee career (3):
  • 2015/09 - 現在 日本歴史学協会 常任委員会委員/国立公文書館特別委員会委員長
  • 2014/06 - 現在 東アジア近代史学会 常任委員
  • 2015/10 - 2017/10 日本国際政治学会 日本外交史分科会責任者
Association Membership(s) (11):
THE JAPANESE HISTORICAL COUNCIL ,  日本歴史学会 ,  社会文化史学会 ,  地方史研究協議会 ,  駒沢史学会 ,  大阪歴史学会 ,  近現代東北アジア地域史研究会 ,  JAPAN SOCIETY FOR ARCHIVAL SCIENCE ,  JAPANESE ASSOCIATIN OF MODERN EAST ASIAN HISTORY ,  JAPAN ASSOCIATION OF INTERNATIONAL RELATIONS ,  SOCIETE D'ANTHROPOLOGIE HISTORIQUE
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page