Rchr
J-GLOBAL ID:200901008882304883   Update date: Apr. 02, 2021

Ueyama Hitoe

ウエヤマ ヒトエ | Ueyama Hitoe
Affiliation and department:
Homepage URL  (1): https://www.ngu-kenkyu-db.jp/V02010_choord.php?PARAM=12CB69
Research field  (4): Economic policy ,  Economic policy ,  Money and finance ,  Public economics, labor economics
Research keywords  (12): ポートフォリオ ,  リバースモーゲージ ,  住宅の流動性 ,  住宅市場 ,  家計行動 ,  遺産動機 ,  事業承継 ,  金融リテラシー ,  住宅ローン ,  中古住宅市場 ,  実物資産 ,  資産選択
Research theme for competitive and other funds  (8):
  • 2019 - 2022 NISA(少額投資非課税制度)の政策効果の検証
  • 2018 - 2021 親族内承継か第三者によるM&Aか?:沖縄におけるファミリー企業の実地調査
  • 2018 - 2019 自治体による空家対策に関わる政策効果の検証ー愛知県日進市の事例ー
  • 2015 - 2017 インフォーマル・フォーマルな金融を通じた家族によるリスクシェアリング:沖縄の事例
  • 2015 - 2016 教育学習内容が消費・投資行動に与える影響について-ゆとり世代・非ゆとり世代の比較分析-
Show all
Papers (24):
  • 上山仁恵. 日本人はなぜリバース・モーゲージを知らないのか?-金融リテラシーがリバース・モーゲージの認知度や 理解力に与える影響分析-. 社会保障研究. 2020. 2. 225-236
  • わが国の高等学校における金融・証券教育の現状と課題-高等学校教員に対する調査結果に基づく考察-. 2020. 69. 71-144
  • 家森信善, 上山仁恵, 柳原光芳. 高齢者の望ましい金融行動と関連の深い金融リテラシーは何か?-Lusardi and Mitchellの3大質問の有効性の検討-. 生活経済学研究. 2020. 51. 1-17
  • Nobuyoshi Yamori, Hitoe Ueyama, Mitsuyoshi Yanagihara. The Current State of Financial Education in Japanese Senior High Schools -A Summary of the Results from a 2019 Survey Conducted Among Senior High School Teachers-. 2019. DP2019. 16
  • UEYAMA Hitoe. An analysis of residents' awareness of local authorities' housing vacancy policies: A case study of Nisshin City, Japan. 2019. 56. 1. 47-57
more...
MISC (21):
  • 上山仁恵. リバース・モーゲージと金融リテラシー. 季報 住宅金融(住宅金融支援機構広報誌). 2020. 秋. 15-19
  • Financial Literacy and Securities Investments: Based on the Results of “Survey on Wealth Building, Securities Investment and Financial Literacy”. Discussion Paper Series RIEB Kobe University DP2020-08. 2020. 1-23
  • 家森 信善, 上山 仁恵. 金融リテラシーと借り入れ行動ー「住宅ローン利用者の借入行動と金融リテラシーに関する調査」の結果の概要ー. 神戸大学経済経営研究所ディスカッションペーパー. 2020. 1-106
  • 家森 信善, 荒木 千秋, 上山 仁恵. 高齢者の金融リテラシーと資産運用-2019年「高齢者向けの金融サービスの利用状況に関する調査」の結果概要-. 神戸大学経済経営研究所ディスカッションペーパー. 2019. 1-87
  • Nobuyoshi Yamori, Hitoe Ueyama. Consumer's financial literacy and financial troubles: Based on the 2016 survey on financial literacy and financial troubles (Principal Investigator: Nobuyoshi Yamori, Professor of Kobe University). Discussion Paper Series RIEB Kobe University, DP2019(20). 2019. 1-25
more...
Lectures and oral presentations  (14):
  • 高齢者の金融リテラシーや金融行動の現状
    (神戸大学経済経営研究所創立100周年記念連続シンポジウム「高齢社会の金融のあり方を考える~人生100年時代のファイナンシャル・プランニング~」パネルディスカッション・パネリスト 2019)
  • 誰がリバースモーゲージを必要としているのか?-日本におけるリバースモーゲージ需給ニーズのミスマッチ-
    (Household Finance conference(一橋大学) 2017)
  • 誰がリバースモーゲージを必要としてるのか?-リバースモーゲージ普及の議論-
    (2016年度生活経済学会第32回研究大会 2016)
  • 既存住宅市場を考慮した遺産動機の分析
    (日本住宅総合センター主催住宅経済研究会 2014)
  • 住宅資産の流動性と遺産動機
    (日本経済学会2013年度秋季大会 2013)
more...
Education (4):
  • 2003 - 2006 Nagoya City University
  • 1996 - 1997 Nara Women's University
  • 1993 - 1996 Nara Women's University
  • 1989 - 1993 Nara Women's University
Professional career (2):
  • 博士(理学:奈良女子大学) (奈良女子大学)
  • 博士(経済学:名古屋市立大学) (名古屋市立大学)
Work history (9):
  • 2021/04 - 現在 Nagoya Gakuin University Faculty of Economics
  • 2017/04 - 現在 Kobe University Research Institute for Economics and Business Administration
  • 2014/04 - 現在 Aichi University Institute of Regional Industry Research of Chubu
  • 2011/04 - 2021/03 Nagoya Gakuin University Faculty of Economics
  • 2007/04 - 2011/03 Nihon Fukushi University Faculty of Economics
Show all
Committee career (6):
  • 2020/09 - 現在 愛知県 住生活基本計画有識者検討会議委員
  • 2018/04 - 現在 国土交通省 「住宅ストック維持・向上促進事業」評価委員
  • 2016/07 - 2020/07 日進市 日進市空家等対策協議会委員
  • 2018/11 - 2020/06 国土交通省 「長期優良住宅制度のあり方に関する検討会 」委員
  • 2019/09 - 2020/03 日進市 社会資本整備総合交付金評価委員
Show all
Awards (4):
  • 2017/02 - 大阪銀行協会 「大銀協フォーラム」研究支援論文優秀賞 金融をめぐるトラブルを減らすための金融経済教育と金融リテラシー
  • 2015/09 - 日本FP学会 日本FP学会賞最優秀論文賞 金融リテラシーと住宅ローンの比較行動
  • 2011/03 - 住宅金融普及協会 『住宅・金融フォーラム』第5回懸賞論文最優秀論文受賞 中古住宅市場と家計の資産選択
  • 2009/04 - 文部科学省認定社会通信教育 文部科学大臣奨励賞(多変量解析実務講座)
Association Membership(s) (7):
日本不動産学会 ,  ASSOCIATION OF URBAN HOUSING SCIENCES ,  Japan Academic Society For Financial Planning ,  THE JAPAN SOCIETY OF HOUSEHOLD ECONOMICS ,  日本FP協会 ,  日本金融学会 ,  日本経済学会
※ Researcher’s information displayed in J-GLOBAL is based on the information registered in researchmap. For details, see here.

Return to Previous Page